本文へスキップ

北の奔流は北国の爺様が実釣に基づいてお届けする岩手・秋田の河川釣り情報です。



2022 鮎小屋情報


オトリ販売「鮎小屋」
北秋田市小又小又1
店主  太田 松寿
電話:0186-75-2139
 
 
 
今シーズンを通しての阿仁川は、天然遡上の不振に加えて何度も繰り返した降雨増水で釣り最適水位で楽しんで頂けた日数はあまりに少なく、釣況は過去に記憶のない不調に見舞われました。
9月に入りやっと平水に戻りましたが、小又川合流カミの本川ではもう野アユの姿を見ることのできない完璧な白ッ川となっております。
「鮎小屋」としましては、この状況でのオトリ販売は困難と考え、残念ながら9/11を以て早めの閉店とすることに致しました。
自然を相手のアユ釣りとは言えども関係者としましては誠に心苦しい限りではございます。
尚、店主自身は野アユの少なさに起因する産卵不振と来シーズンへの不安などは、過去の教訓からも全く持ち合わせておりません。
今期の不調を払拭する阿仁川の素晴らしい再生力を信じつつ、来年もまた皆様のご愛顧を賜りますよう楽しみにしております。

 


<22-08-29>

※ 青森のH様   9匹   16〜23センチ

<22-08-28>

小又合流カミは清澄、シモは薄濁りで平水+20センチの高水。

※ 青森のH様   8匹   16〜23センチ
 
 

<22-08-24>

高水平水+30センチ、合流上は清澄、ほぼ全面白ッ川の中残り垢を探しての釣果。

※ 青森の2人様   7・0匹   16〜21センチ
 
 

<22-08-13>

水位は正午で平水+1.60 m。

<22-08-12>

水位は最大で平水+3.5m、濁流が癒えるには長い時間が必要。
 
<22-08-11>

水位は日中最大で平水+1.5m、再開はまだまだ先。
 
<22-08-10>

最大時平水+2.1mの濁流、さらに大雨に関する警報継続中。


<22-08-09>

※ 群馬のS様   21匹   16〜22センチ

<22-08-08>

※ 青森の2人様   7・1匹   16〜23センチ

<22-08-07>

小又合流シモは濁りあり25センチ高水、本川側カミは清澄若干の高水なるも残り垢を探して僅かながら釣れ始めている模様。

<22-08-06>

※ 秋田の2人様   5・0匹   16〜18センチ
    
<22-08-05>

小又川合流よりカミの本川は濁り取れるも全面白ッ川、水位は阿仁前田で+35センチまで低下。
 
<22-08-04>

水位は平水+50センチ、薄濁りもかなり回復、しかし垢飛びは激しいものと思われる。

<22-08-03>

北秋田市は線状降水帯直下にあり強い雨、日中最大値で平水+3.5mまで上昇。
釣り再開までかなりの日数が必要と思われる。
 
<22-08-02>

朝から強い雨、昼前には釣り不能になり、夕方には1mほど水位が上がる。
明日も雨の予報・・・。

<22-08-01>

※ 新潟の2人様   6・1匹   17〜22センチ

<22-07-31>

※ 岩手の3人様   11・7・0匹   17〜22センチ

<22-07-30>

※ 秋田の3人様   6・5・4匹   17〜23センチ

<22-07-29>

※ 岩手の3人様   10・6・5匹   17〜22センチ

     


<22-07-28>

※ 岩手の3人様   11・6・3匹   17〜22センチ

     

<22-07-27>

※ 秋田の2人様    11・7匹   17〜22センチ

     
 
<22-07-26>

※ 秋田の3人様    8・2・0匹   16〜21センチ

平水復帰、されど釣況は上向かず。

<22-07-25>

※ 福島の3人様    10・8・3匹   17〜21センチ

ほぼ平水まで復帰、濁りなし。

<22-07-24>

※ 岩手の3人様   11・8・4匹   16〜21センチ   

昨晩の雷雨により本川が増水濁り、明日までには平水近くまで減水見込み。

<22-07-23>

※ 秋田の3人様   16・7・3匹   16〜21センチ


<22-07-22>

終日小雨模様、気温上がらず釣り人も僅かで寒々とした阿仁川の光景。

<22-07-21>

※ 岩手の2人様  8・3匹   16〜21センチ

目標のツ抜け、なかなか達成できず。

     
 
<22-07-20>

未明の雷雨により25センチの増水と濁りにより釣り不可。
このまま降らなければ明日は可能。

<22-07-19>

午後から降雨増水と濁り、夜はさらに雨の予報あり明日の釣りは無理かも。

<22-07-18>

※ 秋田の2人様   9・2匹   17〜20センチ

ヘチや浅トロに小アユの群れが多数見えるポイントもあり、あと半月すれば状況は一変する。
今は我慢の時期、先ずはツ抜けを目標にしたい。
 
<22-07-17>

※ 秋田の3人様    10・8・5匹   14〜20センチ

平水、垢着きなど条件は改善されつつあるも釣況上向かず。
根小屋堰堤を遡上中の小アユの群れはまだあるようだが。

     

<22-07-16>

※ 秋田の2人様  8・5匹   16〜20センチ

<22-07-15>

※ 秋田のSさん  4匹   16〜20センチ

<22-07-14>

※ 秋田の3人様  9・5・1匹   16〜20センチ

平水に戻った阿仁川は明日雨の予報。
 
<22-07-13>

※ 岩手の2人様   4・2匹   16〜20センチ

最上流部からも釣果が聞こえているも、全域としては渋さが気になるシーズンである。

<22-07-12>

※ 秋田の3人様  6・5・1匹   16〜20センチ

高水治まりほぼ平水、釣況厳しくツ抜けが難しい現状。

<22-07-11>

※ 秋田の3人様  11・7・2匹  16〜19センチ

水位があと15センチ低下すれば・・・
 
<22-07-10>

※ 岩手の3人様  17・11・4匹  16〜20センチ

水位低下垢着き順調、平水まであと15センチ。

<22-07-09>

※ 秋田の3人様  11・7・5匹  16〜20センチ

強い風に苦戦、平水まであと20センチ。

<22-07-08>

※ 秋田の3人様  8・5・1匹  15〜17センチ

渋さが目立った一日。
引き水、遅々として進まず。

<22-07-07>

※ 秋田の4人様  16・9・8・3匹  15〜19センチ

平水まであと25センチ、引き水遅し、週末はいい状況になることを期待。

<22-07-06>

当店ツ抜け数人、だんだんよくなる傾向、週末は好コンディションか。
合流カミは濁りなし垢着き始め、平水まであと25センチ(阿仁前田)。 

<22-07-05>

平水+30センチ、下流部から垢着き始まる。
場所ムラ多し、サカナは今のところ遡上の移動進行中であることが実感できる。
当店顧客未だツ抜けならず。

<22-07-04>

平水+40センチ、本日も何人かが挑戦するもツ抜けならず。
新垢が着き始めるのは週末過ぎになるのか。

<22-07-03>

平水+60センチ、流域の保水力が飽和状態にあるのか低下速度が遅い。
今日からポツポツと釣り人の姿を見かけます。
まだまだ水量は多く垢飛びも激しく入川場所が限られますが、16〜18センチが1〜5匹。
当分の間は苦戦が続きそうです。

<22-07-02>

午後平水+70センチまで低下、釣り人が入り竿の届く範囲を攻めて白いアユ数匹を獲った。
高水と濁りの中、人知れず遡上していることに安堵。

<22-07-01>

増水最大は平水+1.6m、朝までに+80センチとなるも赤濁りで釣りは不可能。

 
 
「オトリ販売鮎小屋」は皆様に支えられながら今年も解禁日を迎えようとしています。
好調に推移した昨シーズンに引き続き宜しくご愛顧のほどお願い申し上げます。
アユ師の皆様にとって良いシーズンになりますことを念じながら、営業開始のご挨拶とさせていただきます。(店主)












***2022-06-27***


6/25の増水が治まる暇もなく今朝方の雷雨で再び赤濁り大増水です。
解禁日まであと4日、高水の中で人知れず遡上は続いていたのか、果たして堰カミにハミ跡は観られるのか、今のところ確認する術がない状態です。
北秋田市は雨雲の通り道、このあとも暫くは雨マークが残ります。
今年の阿仁川、どうやら厳しいスタートになりそうです。



***2022-06-22***

季節は巡り2022年6月22日、解禁日9日前の阿仁川の状況をお知らせします。
遡上の速度が随分遅く思えた阿仁川中流部、ここに来て本城・根小屋の両堰堤魚道での遡上量は日により時間帯により爆発的に多くなったり全く途絶えてみたり、釣り人の期待に抗うような動向を見せています。
本日午前中は本城堰堤で1時間当たり推定4000尾の遡上量。
このまま暫く続いてくれることを願っていたのも束の間、午後には激減です。
現在の水位は平水、中上流部の各ポイントではまだ魚影もハミ跡も殆ど見られず、川床が黒光りしている状況にはありません。
それでも人知れず魚道をすり抜けていつものエリアに達している個体もありそうです。
解禁まで残り9日となっていますが、この状況は比較的好調だった昨シーズンと殆ど同じではないかと思われます。

コロナ禍で迎える3シーズン目、今年も様々な不安や困惑を抱えながら「鮎小屋」は6/30の営業開始となります。
今年もまた新鮮なオトリと日々変化するポイント選びなどの情報を準備してお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。





北の奔流TOP

河川コンディション

ヤマメ釣り
  2022
  2021
  2020
  2019
  2018
  2017

アユ釣り
  2022-9
  2022-8
  2022-7 
  鮎小屋情報
  解禁前・遡上情報

  2021-9
  2021-8
  2021-7
  鮎小屋情報
  解禁前・遡上情報

  2020-9 
  2020-8
  2020-7
  鮎小屋情報
  解禁前・遡上情報
 
  
2019-9 
  2019-8 
  2019-7
  鮎小屋情報
  解禁前・遡上情報

  2018-9
  2018-8
  2018-7

  2017-9
  2017-8
  2017-7

ヘラブナ釣り


ワカサギ釣り  
  2021-2022
  2020-2021
  2019-2020
  2018-2019
  2017-2018
  2016-2017

コラム
  
  魚道の話
  爺様釣法ヤマメ釣り編
  爺様釣法アユ釣り編
  爺様の山歩き

リンク集

管理者 プロフィール   
  • 1944年宮城県生・岩手県盛岡市在住・古き良き時代の電気設備技術者。
  • 趣味:釣り・山歩き ・自然観察・山野草