日本最長の日本刺繍欄間額           
日蓮大聖人御入滅の霊跡 池上本門寺別院
TEL 0947−44−4302   FAX 0947−44−8977






















来訪者数
  
..........



◆ 四季折々の写真を展示しております ◆
日時   毎月18日 午後1時
行事  月例御施餓鬼法要
内容  施餓鬼とは誰にも供養されず餓鬼界で
苦しんでいる霊を回向供養する法要です。 それと共に己の心に巣くう餓鬼の心を消滅する法要でもあります。
 娑婆の垢に染まった心を時々クリーニング致しましょう。
日時  8月18日 午後1時 
行事
 御盆施餓鬼・先祖供養
内容  御先祖の御供養と、どなたにも供養され無い諸霊を御供養致しましょう。
 その功徳は貴方にまいります。
                 

6月7日更新   平成28年 No 5
 初夏を迎え、山寺は滴るような緑に包まれ、下を見るとサツキ・アジサイが咲き乱れ
麓の小川にはホタルが乱舞しています。平和そのものです。
 しかし隣の熊本県・大分県ではダブル地震で大変です。
一般の方々はもちろんお寺も数多く被災しました。現地に赴くと山門・本堂・庫裡・墓地と
どこから手を着けたら良いのか戸惑うばかりで呆然としてしまいました。
 住職家族は近くの公園で車中生活でした。とりあえず本堂が使えるよう屋根にブルーシートを
張り雨漏りを止めました。堂内の仏像・仏具は砕け散って使えません。使えそうな仏具を並べ
何とか勤行が出来るようにしました。破損した仏像を修理しようにも県内の仏具屋は手一杯で
新規の注文は受けられないとのこと、そこで天愼寺専属の仏具屋さんに連絡し修理を依頼しました。
 仏具屋は翌日に現地に赴き壊れた物を総て預かり、修理の見積もりをしてくれました。
しかし大修理を要する物以外はほとんど無償にてやってくれました。
感謝すると共に日頃のお付き合いが如何に大切か再認識しました。
 とりあえず避難するのみで、生活の安定は未だ先です。ましてや復興は先の先。
梅雨も目前更なる被害が発生しないよう祈るのみです。
                                              南  無
 過去の和尚の一言