本文へジャンプ
白 鳥 秀 樹
旭川市議会議員
のホームページ


2016美瑛センチュリーライド初日66㎞完走
 秀麗な大雪の峰々に石狩の清流、豊かな自然に育まれたまち旭川。

 恵まれた大地には無限の可能性が息吹き、大空には全てに等しくチャンスが広がる。 

 そして、その空を見上げる人々の目は夢と希望で輝いている。 

 心豊かに安心して暮らせるまち旭川。 

 子どもたちが元気に未来へ羽ばたくまち旭川。そんな『ふるさと旭川』を 
私は創りたい、あなたと共に。

日曜の一言 

        2017年3月19日(日)

 予算等審査特別委員会民生・公営企業分科会が9日から17日まで行われました。
 
 民生所管の質疑が長くなったため、私の質疑が16日、17日と連続の質疑になりました。議員になって10年経ちますが連日の質疑は初めてです。

 民生所管では①健康マイレージについて質疑し、旭川市は昨年10月から北海道が行っている健康マイレージに参加して行っています。しかし、参加者は少ないようです。今後は独自で実施することを考えています。

 ②へき地・季節保育所の通年開所について、29年度は桜岡へき地保育所など3保育所が通年化し、他については30年度以降に合併も含め進めるとの事です。
③アイスアリーナの長寿命化については、他の議員が類似の質疑をしましたので質疑を止めました。


 後半の建設公営所管については17日質疑しました。①下水道汚泥の堆肥化については佐賀市の先進事例を基に水道局の考えを質しました。汚泥の焼却炉が30年度と35年度に2基更新を予定しています。更新費が1基25憶円から30億円かかります。堆肥化施設はその半分ぐらいで建設可能でランニングコストも安い。

 ②市立病院の財政赤字については、人間ドックや地域包括ケア病棟、さらに薬品費の削減を進めることで赤字解消していきたいとの事です。
③除雪業務については、GPS機能を除雪車に登載して今後進めますが、29年度はモデル的に20台に搭載して検証します。

 

 

  旭川市議会議員  白鳥 秀樹
              



白鳥君はまあまあの質問だったわ。
そうかい、そうかい良かったなー。


白鳥秀樹市政相談室
 住      所  北海道旭川市東旭川北3条6丁目7-5
 電話・ファックス  0166-36-3372
 メールアドレス  swan130657forest@beige.plala.or.jp