2016美瑛センチュリーライド初日66㎞完走
 秀麗な大雪の峰々に石狩の清流、豊かな自然に育まれたまち旭川。

 恵まれた大地には無限の可能性が息吹き、大空には全てに等しくチャンスが広がる。 

 そして、その空を見上げる人々の目は夢と希望で輝いている。 

 心豊かに安心して暮らせるまち旭川。 

 子どもたちが元気に未来へ羽ばたくまち旭川。そんな『ふるさと旭川』を 
私は創りたい、あなたと共に。

日曜の一言 

        2017年9月24日(日)

 先週は台風が接近し、「北の恵み食べマルシェ」が1日短縮。残念でしたが2日間に来場者が集中して85万人ほど訪れました。初日に行きましたが人が多くて人気の食べ物は断念しました。

 市議会は20日から22日まで一般質問が行われました。私は21日に質問に立ちました。

 江丹別の最終処分場が12年間延長使用することになりましたが、次の処分場の選定準備が始まり、6月に「最終処分場整備基本構想」が発表され、来年度には候補地を選定することとしています。

 この構想では次期処分場は屋根をかける覆蓋型とすることが示されています。全国的にも覆蓋型が多くなっていますので一般的な形式だと思います。

 覆蓋型にするためには埋設するゴミの量を少なくする必要があります。そのためには清掃工場には破砕機の導入が必要となります。また、建設地は平坦地が適地になりますし、埋設終了後は跡地利用も考える必要があります。いろいろな視点で質問しました。

その他街路樹について質問しました。

  旭川市議会議員  白鳥 秀樹
              


白鳥秀樹市政相談室
 住      所  北海道旭川市東旭川北3条6丁目7-5
 電話・ファックス  0166-36-3372
 メールアドレス  swan130657forest@beige.plala.or.jp
 
本文へジャンプ
白 鳥 秀 樹
旭川市議会議員
のホームページ