千葉県原爆被爆者友愛会Website(ホームページ)

千葉県原爆被爆者友愛会ホームページTOPタイトル

本文へスキップ
千葉県原爆被爆者友愛会サイトのトップ画面にようこそ 千葉県原爆被爆者友愛会の役員構成等を紹介する画面に移動します 千葉県原爆被爆者友愛会の活動を紹介する画面に移動します 千葉県原爆被爆者友愛会サイトの新着情報画面に移動します 千葉県原爆被爆者友愛会事務局への問い合わせ方法を案内するページに移動します 千葉県原爆被爆者友愛会に入会する方法を案内する画面に移動します 千葉県原爆被爆者友愛会の活動に関連深い他の団体のサイトへのご案内画面に移動します
千葉県原爆被爆者友愛会サイトのトップ画面にようこそ
広島・原爆ドーム  長崎(原爆)平和祈念像    (原爆とは何かを概説しています)


千葉県原爆被爆者友愛会のWebsite(ホームページ)にようこそ
10月23日・新着情報があります

 
 
お知らせ 最終更新日 2022年10月23日
 世界で初めて人類に対して使われた悪魔の核兵器「原子爆弾」が広島市および長崎市に落とされました。1945年8月6日(広島市)、3日後の9日(長崎市)のことでした。その年末までに広島市ではおよそ14万人、長崎市ではおよそ7万人の尊い命が奪われました。被災者の圧倒的多数は一般市民、幼い赤ん坊や老人たちでした。
 投下した米国政府による統制に基づく当時の日本政府の政策で「原爆投下」の事実は闇に隠され、その間辛うじて生存した被爆者は11年間もの長い期間、十分な手当ても受けられず、世間での卑劣な風評を浴びながらの毎日でした。巨大な爆圧、爆心地では地表温度が4000℃(鉄が熔解する温度は2000℃程度です)そして放射線被害は子々孫々に遺伝子を破壊し続ける、そのような過酷な生活を強いられた生存原爆被爆者に国は何の医療手当もせずの放置状態が続いたのでした。 
 千葉県内にも広島被爆者、長崎原爆被爆者が現在1800人ほど生活しています。この県内被爆者および志を同じくす
 る仲間で核兵器の無い平和な世界を築こうと行動し、また被爆者相互に今なお癒えない被爆後の後遺症を助け合い
 ながら生活しようと集まった団体です。

友愛会関連URL(QRコード)

aboutabpage.htmlへのリンク

news.htmlへのリンク