ちび丸艦隊で特撮しよ〜♪ の小部屋 

Home

2017年2月 箱絵がカッコイイ&可愛くて思わず買ってきてしまいました・・・。


空母「龍驤」。ちび丸艦隊シリーズのなかでも新しいキットなので作りやすそうです。


各部品のパーティングラインを消して、サクサクっと組立て終了。ディテールも
良く制作していてワクワクします。本塗装の前に飛行甲板だけ塗装しました。

 続けて空母「飛龍」「瑞鶴」も購入しました。 どちらも箱絵がイイですね〜!

 


 制作中の正規空母「翔鶴」「瑞鶴」。 艦首艦尾に機銃座が無い開戦時の姿にプチ改造
しています。 この2隻は大好きな航空母艦なのでモチベーションが上がります(^-^)

 飛行甲板をどのように仕上げるか・・・一番の難関ですので最初に取り組みましょう。

タミヤアクリル木甲板色(XF−78)を筆塗り2回で仕上げ。その後に
エナメル塗料でスミ入れをして、キットの白いラインのデカールを貼ります。


一度にきれいに貼るのは難しいので、分割して貼ることにしました。デカールが乾く前
にデザインナイフでライン以外の透明部分を切り取って仕上げます。まあまあかな〜。

 


貼るのに失敗しそうなので「龍驤」のデカールを部品請求で用意しておきましたが・・・

 ・・・やっぱり失敗してしまい、請求したデカールを切り取って対応。

 

「龍驤」で慣れたので、「瑞鶴」「翔鶴」も甲板の塗装とデカール貼りまでいきましょう。

スミ入れなどしているうちに、木甲板色が暗い色になってしまいました。ちょっと残念。

 


初めて飛行甲板の制動策を極細テグスで張ってみました。 う〜ん、イマイチかな。
 
正規空母「瑞鶴」「翔鶴」および軽空母「龍驤」、完成が近づきました。

 


軍艦色はタミヤアクリル呉海軍工廠色(XF−75)を筆塗りで仕上げています。

 


ちび丸艦隊は可愛くデフォルメされていますが、威風堂々とした航空母艦になります。

 

「翔鶴」型航空母艦は2隻。

 

「瑞鶴」「翔鶴」の外観上の
違いはほとんどありません。

 

信号マストに拡声器が設置

されているのが「瑞鶴」と
言われています。

キットの信号マストは三脚が
一体成型でしたので、伸ば
しランナーで自作しました。
拡声器も付けました

なかなかイイ感じです(^^)

 艦底部品を外して洋上模型に変身〜!!

 


とりあえず、色画用紙の上で撮影をしてみました。 こちらは姉妹艦の「翔鶴」。
信号マストに拡声器がありません。あとは艦載機と内火艇を作れば完成ですね。

 

 さっそく野外に持ち出してどんな感じになるか特撮をしてみましょう〜!

 


軽空母「龍驤」の勇姿。 セロハンをクチャクチャにして海面としましたが、波が大きくて
なんか小さなボートにしか見えませんね〜。海面のストラクチャーが必要でしょうか・・・。

 

撮影中に思わぬ風が〜! 「龍驤」は転覆、損傷、すぐにドック入りとなりました(トホホ・・・)

 母艦飛行機隊を作りましょう〜〜!

 


空母3隻分、零戦9、九九艦爆6、九七艦攻11、合計26機をチマチマと塗装します。
九七艦攻の魚雷は胴体と一体成型でイマイチだったので、ピットロードの部品に交換。

 


一週間かけて母艦飛行機隊完成です。 いやぁ〜、細かくて目が疲れました。

 

 


「龍驤」飛行機隊は胴体に黄色帯1本です。キットのプロペラは付けていません。

 

 飛行機隊も完成したので特撮の本番です♪


「発艦始め!」 最初の零戦が飛び立ちます。デフォルメでもなかなか良いのでは・・・。

 


アングルを少し変えてパチリ! 信号マストの軍艦旗は撮影時に取れてしまい残念。



撮影はこんな感じでやっています。手軽に出来る特撮です。海面のセロファンは
思いっきりクシャクシャにしました。白波は焼き塩を撒いています。かんたん〜!

 続いて空母「翔鶴」も特撮しましょう。

 

有名な写真と同じアングルでパチリ!

 


ちび丸艦隊とは思えないリアルな特撮になりました。 いいな〜、ちび丸艦隊シリーズ!

 

 「翔鶴」「瑞鶴」の2隻で、第五航空戦隊の勇姿を特撮しましょう〜。

薄曇の天気の午前中は、いちばん撮影に良いコンディションです。


「発艦準備完了!」 何十枚と撮影した中の奇跡の1枚です。

 

 2017.05.14 静岡ホビーショーの帰り、静岡の海岸へ行って空をバックに特撮しました。

 


駆逐艦「陽炎」と大海原のストラクチャーは、静岡在住の友人 とのさん 作。

 

第五航空戦隊の出撃。このアングルだと「ちび丸艦隊」と思えません。 リアルです♪

 

 続いて、第二航空戦隊「飛龍」「蒼龍」を作りましょう。

 

中型正規空母「飛龍」(左)と「蒼龍」(右)。2隻は姉妹艦ですが、「飛龍」は「蒼龍」の
2年後に起工され艦首の乾舷を高めて凌波性の向上を図る等、改良されています。

 

左が「蒼龍」、右「飛龍」です。艦尾は良く似ていますね。

 

「飛龍」のプチ改造(^^)

 

前方のエレベーターが
下がった状態を再現し
たくてやってみました。

エレベーターの写真が
無かったので、映画や
艦船模型の作例を参考
にしてプラ板で制作。

こんな感じですかねぇ〜。

 

 


飛行甲板はエレベーター部分を切り取ってしまって使えないので、部品請求で
甲板を取り寄せました。 仮組みをしてみましたがイイ感じです。楽しみです。

 

2017.06.12 UP

 

Back