首都圏一のローカル線・武蔵野電鉄の小部屋

 Back


奥多摩街道と並走するJR青梅線の風景。
このようなレイアウトをいつか作りたい・・・。


昭和の匂いがなつかしい。こんな雰囲気のレイアウト。
車両はグリーンマックスの京阪電車のキットを改造しました。

キットの箱を開けてみると、何種類かバリエーションを作れそうです。
昭和40年代の塗装も地方電鉄っぽくオレンジとクリーム色の2色・・・。


完成したのがこの車両。冷房付きですがこれはこれで良いかも。

 

 武蔵野電鉄制作開始〜♪

多摩センター 〜 八王子 〜 青梅 〜 飯能 と、武蔵野の
面影を多く残す地域をのんびり走る、たったの2両編成! 
それが、首都圏一のローカル線とうわさの・・「武蔵野電鉄」です。


武蔵野電鉄の終着駅、飯能。

 沿線には住宅、学校などが多く、また多摩の観光地も点在し、
乗降客は結構多く、経営はなんとか黒字なんです。(笑顔) 
しかし、近年モノレールが開通、今後の経営が心配されている。

当電鉄 一の難所、満地峠(秋川市)
を行く貨物列車。DE10が牽引する。

 武蔵野電鉄の車両・・・

 
電鉄の主力、モハ300系。  2連×7編成在籍。お客さんの要望により
徐々に冷房改造化が進みつつある。(今時、扇風機はつらいです〜。)

 


武蔵野電鉄の最古参、モハ250系。 現在2連×2編成。つり掛けモーター
の唸り声もなつかしい。女子学生の間では「ジジ電」と呼ばれ親しまれている。

 


期待の新型車輌、モハ400系。 アルミドアの冷房車で乗客の評判も上々。
早く増備したいのだが、なにせ小さい会社なので・・・。現在2連×1編成のみ。

 動態保存の蒸気機関車・・・

大井川鉄道、真岡鉄道のように、蒸気機関車を動態保存しています。
日曜・祝日は、元気に客車を牽いて走っています。 人気も上々〜!


NHK連続TV小説「すずらん」でおなじみのC11型。

 


9600型。峠越えの際、他の機関車の補機として活躍します。

 なんとなく、ありそうな鉄道だと思うんですけど、いかがでしょう。

 

 Home