ミニミニ英陸軍部隊の小部屋

Back

 学生の頃、夢中で作ったミニ戦車群。実家の天袋にあったのを
  何年かぶりに引っ張り出してみました。しかし、よく作ったなあ・・。

1/721/76戦車で、ウオーゲームをやろうぜ〜。」 

それは・・、漫画クラブでのことでした。模型好きの有志で、それぞれ ドイツ、
ソ連、アメリカ、イギリスなどに分かれ、ウオーゲームをすることになりました。

模型の戦車をコマにして、サイコロを振って・・・命中!・・・撃破!・・ってやつです。
私は、もちろん!連合軍(イギリス)担当になりました。だって、英軍好きですもん♪

その頃に作ったものです。どうか見てやってください。

 

·         装甲部隊  ・・・ 1/72のドイツ軍戦車キットはいっぱいあったけど、

イギリス戦車は数えるほどしかなかった。(今もだけど)

巡航戦車 クルセーダーMk.III (ハセガワ)


とかく人気のない英国戦車の中で、ハセガワさんが製品化していました。
その時は、うれしかったなぁ。なんだかんだ8箱ぐらい作りました。(^o^)
ちょっと砲塔の高さが足りない感じがしたけど・・・、関係ない、関係ない。

 

巡航戦車 A13Mk.II (スクラッチ)


クルセーダーの足回りを利用してのスクラッチです。 車体、砲塔はプ
ラバンで組み上げました。砲塔は、なんと二重式の装甲になっています。
(しかし、14ミリ+14ミリの装甲じゃ、どうみても薄すぎるよなあ・・・。)
実車の資料があまりなかったんで、けっこうテキトウなところがあります。

1944年の連合軍大陸反攻作戦時、クルセーダー、A13巡航戦車は、とうに
引退してましたが、大〜好きな戦車だったので、作ってしまいました。 (^_^)

巡航戦車 クロムウェルMk.IV (スクラッチ)


これも、クルセーダーの足回りを使っています。細かいところは、それら
しく・・・。ウオーゲームのコマなので、少々乱暴に扱っても壊れないよう
作りました。(・・・と言うか、このくらいの工作力しかないのね。トホホ・・)

 


第7装甲師団のクロムウェル戦車隊。 ゲームでは出撃はいつも、ドイツ
軍防衛線が崩れるその時に、快速を利して戦線を突破するのが役目です。

でも、こっそりと待ち伏せしているタイガー戦車の
反撃に遭い、よく全滅してたなあ・・。(う〜弱い!)

ある時など、橋の上で頑張るたった一台のタイガー戦車を撃破
 できず、逆に英機甲部隊が大損害を受けたこともありました・・・。

 

M4シャーマン・ファイアフライ (マッチボックス)


さ〜すが英国の模型メーカー。自国戦車のためか、よくできています。
優秀な独軍タイガー重戦車を撃破できる、唯一の連合軍戦車なため、
ゲームでも真っ先に、集中砲火をあびました。ファイアフライがやられ
ると、そのあとの戦いがひじょうに辛かった記憶があります・・・・。(涙)

 


第11装甲師団のシャーマン戦車隊。真中の2両がファイアフライ。
左はM4A1(エッシィ)、右はM4(AIRFIX)。我軍の主力部隊です。

 

歩兵戦車 チャーチルAVRE (エッシィ)


小枝の束をたくさん積んだチャーチル工兵戦車(AVRE)。これを独軍
の塹壕や堀にドッサドッサとぶち込んで、戦車隊の突破口を開きます。
実戦でもなかなかの作戦だったようです。・・・これは面白いとゲームで
もやってみると、独軍プレーヤーからブーブー文句が出ました。(笑)

 


歩兵部隊の強い味方、チャーチル歩兵戦車。 鈍足だけど、重装甲で
頑丈。機械的信頼性も高く、あらゆる戦場で活躍しました。ゲームでも
他の戦車があっさり全滅したあとも、この戦車だけはよく頑張りました。

エッシィ社のチャーチルMk.III の砲塔にパテをもり、75ミリ砲装備の
Mk.VIに改造。(それらしく・・ね) マーキングは、第79装甲師団です。

 

部隊の目、偵察機甲連隊の主力。ダイムラー装甲車(左)とハンバー装甲車。ともにハセガワ
のキット。 偵察部隊は、最初に敵に遭遇するため、実戦での損害はけっして少なくなかった。

ゲームでは、もっぱらやられ役でしたね。(泣)

 


 

·         支援部隊  ・・・ 1/721/76スケールでは意外とそろっていた。 

 

強力な独軍戦車隊と、まともに戦ったら連合軍に勝ち目はありません。
そこで実戦同様、ウオーゲームでも砲兵隊を充実させることにしました。

まず、砲兵隊の一斉射撃で、独軍陣地と戦車を叩いてから進撃する・・。
とても、いい作戦だと思いません?? 

これも独軍プレーヤーから、「堂々と戦車で勝負しろ〜」 と文句が出た。

幸い、英国AIRFIX社から野砲のキットがいろいろ出ていました。


5.5インチ野砲とマタドールトラック。マーキングは歩兵第50師団です。

 


モーリストラック(AIRFIX)と、25ポンド野砲(エッシィ)。
25ポンド砲は、対戦車砲としても使える優秀な大砲でした。

 


ブレンガンキャリアー(AIRFIX)と6ポンド対戦車砲(エッシィ)。
後方は、105ミリ野砲のM7プリースト自走砲(マッチボックス)。

 


師団本部のウイリスジープとモーリストラック。(ハセガワ&マッチ)
とは言っても、ゲームではほとんど戦力にならなかった・・・・。

ソ連担当の友人は、T34を20両以上製作し、怒涛のように
突進する作戦をとっていました。    ・・おそろしい・・・

 

いかがでしたか? 自分でも、よくこんなに作ったもんだと思います。

そして・・・。

学生時代、みんなで徹夜してわいわいとウオーゲームに興じていた頃
のことを、このページを作りながら、いろいろ思い出してしまいました。

 2002.06.02 UP

Home