デジタルカメラ購入記念(笑) 

 銀塩一眼レフとデジカメの小部屋

Home

 

銀塩カメラの絞り優先モードで絞り込んで(F22)撮りました。
銀塩カメラの画像は、約1500万画素あるそうです。

 
銀塩カメラでの特撮。実機の写真のようにいい雰囲気で撮れます。

 


こちらはコンパクトデジカメの
ショット、現代の映像のようになります。

  2010.09.25  某模型メーカーの写真コンテストでなんと上位入賞。
その賞金で、念願のデジタル一眼レフカメラ「SONY α330」を買いました。
1020万画素の入門機ですが、ミノルタのマクロレンズが使えるのがうれしい。
後日、新たに単焦点レンズも購入。特撮の楽しみが広がりました。(^-^)

それで撮影したのが下の画像。コンパクトデジタルカメラとはやっぱり違います。


なんという画像の美しさ!  感激です。デジタル一眼万歳〜!

  2013.09.08  ふらっと立ち寄ったカメラ店で、コンパクトデジカメながら
  絞り優先モードがあり、1600万画素の高性能なのにアルカリ乾電池仕様!
 価格COMなどの情報サイトでじっくり検討の末・・・、購入しました。(^-^)


キャノンPowerShot SX160 IS 初めてのCANONです。
光学16倍ズームレンズで旅行でも活躍しそうです。わくわく

 さっそく野外で撮影してみましょう。


河口湖からの富士山。今までのコンパクトデジカメより格段に美しい!


1/35
陸自M24軽戦車。なかなか良いではないでしょうか。

2018.01.15  UP



お・ま・けです・・・。

デジタルカメラはすぐに撮れて、その場で確認できるのがいいですね〜。

楽しい、たまごヒコーキ「フォッケウルフ」の制作日記(デジカメ版)〜♪


3機目の独逸機です。「フォッケウルフ Fw190A−5」・・らしいです。
「−8」かな?  ・・・う〜ん、独逸機はよくわかりません。(^o^);
胴体機銃を伸ばしランナーで自作しただけで、あとは素組みです。

 

2004.06.16 迷彩塗装まで出来ました。


独特の迷彩塗装も、エアブラシのおかげで楽しくできます。スケール機
じゃないので、迷彩色もこんなんかなぁ〜と、かなりテキトーです。(汗)
搭乗員は、ハセガワ1/48「パイロットフィギュアセット」のドイツ人です。

 

2004.06.19 サクサクッ〜と完成ですよん。


国籍マークなどのデカールは痛んでいたので、在庫キットからそれらしいのを
選びました。  しかし・・・独逸機の国籍マークって何種類もあるんですねえ。

さぁ〜! いつものように飛ばしてみましょう。 ぶ〜ん♪


ぷっ!・・・ これ、おもしろい。パイロットが妙に真面目な顔をしています。

 


「左20度、敵機発見。全機突撃セヨ!」 って感じでしょうか。

 

フォッケウルフ Fw190A−5 (ハセガワ/たまご)


欧州機としては、珍しい星型エンジンを装備した戦闘機。頑丈な機体と
高い運動性を持つ万能戦闘機として活躍しました。1942年登場するや、
英空軍のスピットファイアMk.5を完全に圧倒。あわてた英軍首脳部は、
大急ぎでスピットファイアの性能向上策を取らねばなりませんでした・・・。

2004.06.19 UP