八戸市の歯医者 中村歯科医院 訪問診療 一般歯科 入れ歯 歯周病内科治療 ホワ イトニング フッ素   

logo

itakunai


ROUJIN義歯に は、いろいろな種類があり、それぞれに利点、欠点があります。

また、 全ての人に適してるわけではなく、条件がつくものもあります。

自分の要望をしっかりと、歯科医に伝えて相談しましょう。
保険適用義歯 ノンクランプ義歯 コンフォート義歯  金属床義

   保険適用義歯(プラスチック義歯)

基本的には、全てレジン(プラスチック)で、歯が残っている場合は、金属のバネ で、義歯をささえます。

調製が容易な分、精度を高 く作るのが難しい。

プラスチックの為、割れたり変形しやすく、耐久性がひくい

HOKEN
表側
HOKEN
裏側からみると金属の金具で止めてます

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯特徴 同一素材で維持部、床部を製作(つまり、金属のバ ネが無い)するので、食べ物が歯に挟まりにくく、義歯と気がつきにくい。
(ただし、金属は補強や安定の為に、見えない部分に使用することがあります。)

とても薄くて、軽く(従来の義歯の1/2の重さ)、コンパクトな設計が可能な為、違和感が少なく、装着感がよい。
無味無臭でアレルギー反応がない。

短所 総義歯、多数歯欠損 義歯には、安定性、強度面で弱く不向き。
定期的に作り変える必要がある。

汚れがつきやすいので、お手入れに気をつける。
ノンクラスプ義歯のおいても材質により、いろいろあります。
 お餅やガムがくっつかない材質使用の
ノンクラスプ義歯


保 険適用義歯は金属の金具がみえます。NON1
ノンクラスプ義歯は見た 目も自然で美しいNON2

ここをクリックするとコンフォート義歯  金属床義