離婚による慰謝料請求、財産分与、子供の養育監護など、離婚に伴う様々な問題や手続きをサポートし、悩みを解決するよういたします。
◇離婚手続き
◆財産分与
夫婦の協議で決まらない場合には、家庭裁判所に「財産分与請求の調停申立」をします。それが不成立であれば、審判となります。

婚姻中の財産とは

結婚中の財産は、一般的に以下の3つに分類されています。財産分与の対象となる財産は、「共有財産」と「実質的共有財産」です。「特有財産」は財産分与の対象にはなりません。

1. 特有財産
結婚前から各自が所有していたもの。結婚中に一方が相続したり贈与をうけたもの。各自の装身具等社会通念上、各自の専用品と見られるもの。
2. 共有財産
夫婦の合意で共有とし、共有名義で取得した財産、共同生活に必要な家財・家具等。
3. 実質的共有財産
結婚中に夫婦が協力して取得した財産で、夫婦の一方の名義になっているもの。


財産分与の法律的な性質

◎ 清算的財産分与(婚姻中の共有財産、実質的共有財産の清算)

◎ 扶養的財産分与(離婚後の弱者に対する扶養)

◎ 慰謝料的財産分与(離婚による慰謝料)

◎ 過去の婚姻費用の清算
多くは婚姻中に「婚姻費用分担請求」というかたちで処理されます。


財産分与の対象となる財産

◎ 現金・預金 ◎ 不動産(土地、建物)◎ 動産(家財道具、車など)
◎ ゴルフ会員権◎ 営業用の財産◎ 第三者名義、法人名義
◎ 退職金、年金◎ 婚姻費用 ◎ 債務(借金)


離婚の財産分与請求権の時効

財産分与を決めずに離婚するのは危険です。離婚後はなかなか交渉に応じてくれなかったり2年経つと請求できなくなったりします。また、財産分与が決まるまでに時間がたってしまうと、相手が勝手に処分したり、売却する恐れもあります。この場合、権利としては請求できても 実際問題として実現できなくなることがあります。
財産分与の手続き、実行、その他、分からないことは、何でも、私どもにご相談ください。