受験を希望されている方々へのお願い
- ARRL/VEC Michinoku VE TEAM -

この試験の受験を希望される方々には既に御存知のことと思いますが、無線局免許
を発行するために必要な費用は全て米国連邦の予算で賄われています。つまり、米
国 Citizen が連邦政府へ納付した税金で、米国人以外の人々への免許のための費
用もすべて支払われているのです。

従前通り私たちでは、以下に示す要件を満たさない方々の受験をお断りさせていた
だいていますので、予め了承をお願いします;

  1. 過去に米国のアマチュア無線局の免許を持っていた(又は今も持っている)、
  2. 過去の米国への渡航履歴が確認でき、次回の米国への渡航で米国免許で
    の具体的な運用計画を持っている、
  3. 概ね1年以内に米国への渡航を予定しており、米国内から米国免許が必要
    な理由での具体的な運用計画を持っている(日米の相互認証では十分な運
    用成果が見込めない理由がある)。
また、身体や病状、それから私たちが想定できない理由でこの試験を受験できないと
考えている方々もいるかもしれません。でも、私たちは受験者の要望に沿えるように、
様々な受験方法の検討や受験体制について検討していきます。
私たちのメンバーの居住地は、主に東北地方ですが、関東方面にも多数います。
もしお悩みがあれば是非、ご相談をお願いいたします。