---
見て楽しめるDVDレーベル印刷レイアウト
オーディオノート
ゲームノート
ホームページに戻る

ビクター ワンダーメガ2  

 Victor WONDERMEGA RG-M2
(メガドライブ&メガCD一体型互換機)
 

ビクター ワンダーメガ RG-M2です。(通称:ワンダーメガ2)
8月(2007年)に”SEGA SUPER 32X(セガ スーパー32X)”発売当時(1994年)は見送った32bit 改造(SEGA SUPER 32X対応)を行いましたので、改造後の状態(形態)等を紹介します。

ビクターが未だに32bit改造を受け付けているとのWeb情報に、半信半疑でビクターの
サービス窓口に確認したところ、次のような返事がありました。(※1)
  • 32bit改造キットが残っているので32bit改造が可能。
    (改造費用5,000円(税抜き))
  • CPU基盤修理は出来ない。
  • CDドライブ交換は可能。
  • コードレスコントロールパッドの在庫有り。(4,400円)

三段重ねになるメガドライブよりメガCD一体型のワンダーメガ2の方が扱いやすく、改造出来る最後のチャンスと思えるので、直ぐに32bit改造を依頼しました。
部品が残っているとは云え発売から13年経た今でも改造が可能とは、サポートの長さに驚きましたがユーザーにとっては嬉しい対応です。

(※1)
ビクターサービスエンジニアリング(株)首都圏テクニカルセンター
※ビクター修理窓口:ビクターサービスエンジニアリング(株)横浜テクニカルセンターと住所・電話番号は同じです。(2007年8月時点) (2007/11掲載)

ワンダーメガ2(1993年7月発売)は、初代ワンダーメガからMIDI機能等を省略してゲーム専用機に近い形にした廉価版だが、ゲームに便利なコードレスコントロールパッドを標準装備して、ゲーム機としてはより扱い易くなった。
ワンダーメガ2の良さは、ステレオ音声出力端子とS端子を本体に装備して、音と映像が本家セガ製品より優れている所にある。ヘッドホン端子も音にノイズが無く音質が良い。

ワンダーメガ2は廉価版になってなお高価格だが、S端子と音の良さは高価格を帳消しにする程の大きなアドバンテージになっている。
値段的に高い印象を受けるが機能や扱いやすさを考えると非常にお得な製品と云える。
通常のコントロール端子が背面にあり、有線タイプのコントロールパッドも使える。
マルチメディア対応にカラオケ機能が残されており本体にマイク端子がある。
(2011/01 記)

(2012/11 NO.58 更新)
(2019/06 NO.95 更新)
(2020/04 NO.98 更新)


ワンダーメガ RG-M2
写真:オリジナルのワンダーメガ2(改造前)

■オリジナルのワンダーメガ2(改造前)

CDドライブの蓋(ドア)は丸く盛り上がった形状をしています。

物理的にはSEGA SUPER 32X(セガ スーパー32X)をスロットに装着できますが、改造対応が前提のため動作しない。
又、32X本体がCDドライブの蓋部分に出っ張るため蓋が引っかかって開けることができず、メガCDのゲームディスクをセットできない不都合が出る。


写真:32bit改造ワンダーメガ2 ■32bit改造ワンダーメガ2
  (SEGA SUPER 32X対応)

32ビット改造後のワンダーメガ RG-M2。
CDドライブの蓋(ドア)が取り替えられて、全体として前よりすっきりしたデザインになった。
改造と云っても外観上はCDドライブの蓋の交換と接続ケーブル添付のようです。

元の蓋(ドア)は本体と一緒に返却されてきました。


写真:オリジナル(改造前)ワンダーメガ2 CDドライブ部 ■オリジナルのCDドライブ部

蓋(ドア)は本体ドライブ部の形状と同じ形。
内側は補強のリブが目立ちます。

CDドライブは等速タイプ。
ゲームディスクをチャッキング部品で挟み込み回転させる方式。

写真:32bit改造後のCDドライブ部 ■32bit改造後のCDドライブ部

蓋(ドア)の左側の平らな部分が本体に固定されて残りの部分が開くようになっている。
オリジナルの場合、この固定された蓋部分がSUPER 32X本体に引っ掛かって開けられない。

蓋に付いているチャッキング部品は、前の蓋から付け替えられた物。


写真:32bit改造後のワンダーメガ2と付属コード、コードレスゲームパッド ■32bit改造後の本体と付属コード

付属コードは本体のA/V OUT(FOR RF UNIT)とSUPER 32XのA/V INを繋ぐ物で、この部分が外から見えない改造ポイントと思われる。

コードレスコントロールパッドは改造と同時に購入した物。(本体付属品が電池の液漏れで壊れたため)単三形乾電池二本使用。
保守品なので定価販売と思われる。


本体前面中央、色が違う凸部分が赤外線受光部。
コードレスコントロールパッドは、ワンダーメガ2本体の電源ON/OFFとゲームリセットの他、当時の各社テレビの電源ON/OFFとボリューム調整が出来るリモコン機能付。
この辺は音響・家電メーカーならではの発想でユニーク。
又、二人プレイ時に別売りの有線式コントロールパッドRG-CP3を接続して、コードレスで操作できる機能もある。


写真:Super32X装着(CD蓋を開けた状態) ■SEGA SUPER 32X装着
  (CDドライブの蓋を開けた状態)

SUPER 32X本体に蓋が引っ掛からないので装着したままメガCDソフトがプレイ出来る。

ワンダーメガ2本体へのコード接続は、改造で添付された付属コード一本で済む。


写真:Super32X装着(背面) ■(背面)
  (CDドライブの蓋を開けた状態)

写真はケーブルを全て接続した状態。
AVコード類は通常使用する物を接続。

SUPER 32Xを外す時は、ワンダーメガ2本体のA/V OUT(FOR RF UNIT)に接続した付属コードを取り外せば良いので、簡単にワンダーメガ2単体に戻せる。


ワンダーメガ2にはS端子があるので通常はビデオ出力にS端子を使いますが、SUPER 32XソフトはSUPER 32X本体のビデオ出力に繋ぎ替える。
SUPER 32Xの音声出力はワンダーメガ2本体からも出ているので、SUPER 32X側と繋ぎ替える必要はない。 (SUPER 32X側の音声出力はモノラル、ワンダーメガ2側はステレオ音声)
後部右側の四角い穴は有線式コントロールパッド用のコントロール端子(2個分ある)。

写真:SEGA Super32X装着したワンダーメガ2 ■ワンダーメガ2+SEGA SUPER 32X

これでメガドライブメガCDSUPER 32X互換機の完成。

[利点]  
 ・コンパクトな本体でメガドライブ全対応。
 ・ACアダプタが2個で済む。
 ・S端子が使える。(SUPER 32Xは不可)
 ・音質の良いステレオ出力。
 ・コードレスコントロールパッドが使える。

 [欠点]
SUPER 32Xを装着するとメガドライブやメガCDソフトでもSUPER 32Xの電源を入れないと動作しない。
※SUPER 32Xはワンダーメガ2とケーブル一本で”RF UNIT”端子に繋がっているため、メガドライブより取付・取り外しが簡単です。 ※メガドライブソフト「ファンタシースター復刻版」はSUPER 32X未装着でも起動しません。又、セーブデータが飛んでしまうので要注意です。
■SEGA SUPER 32X (セガ スーパー32X)
元々、販売が好調なジェネシスの延命を図りたい米国セガの意向を受けて、ジェネシスを32bit化するアップグレードブースターとして開発された物。
日本国内向けのセガ スーパー32Xは、ジェネシス向け投入のついでに発売された様なもので、ジェネシス向け発表当初は発売アナウンスが無かった。
32bit化に伴い色数の増強も図られている。

対応ソフトは最初からカートリッジとCDが予定されており、ラインナップからCDが本命と見ていたが、肝心の米国での販売不振から日本ではCDは一つも発売されずに終わり、その実力を確かめる事は出来なかった。
国内発売分の対応ソフトはカートリッジのみで、このためかゲームジャンルがシューティング系とアクション系に偏っている。
国内同時期発売のセガサターンとの3DCG性能の違いは、「バーチャファイター」を見れば大体察しが付く。

発売ソフト数は少ないながら意外に良作が多くセガサターンに移植されたタイトルもある。
16bitベースの機能拡張版と捉えれば割と良く出来ていたが、基本設計が32bitのセガサターンと比較された所が不運だった。
実際、対応ソフトの3DCGは、元のジェネシス(北米版メガドライブ)では実現不可能なレベルになっており、機能拡張版として不足無い性能を見せていた。

余談ながら、商品名に”X(エックス)”は鬼門で、Xを付けた物は何故か販売不振で失敗する事例が目に付く。

写真:SUPER 32Xソフトの例 ■SUPER 32X対応ソフト

[写真]
 SUPER 32Xソフト(カートリッジタイプ)の例。

当初はSUPER 32X CD発売の案内があったものの、結局国内では未発売に終わる。
ソフトはセガ・エンタープライゼスの発売。

パッケージは紙箱でカートリッジは紙のトレーに入っていた。


 コントロール画面などの操作

ワンダーメガ2の画面操作は基本的にセガと同じで、画面(表示画像)やデザインが異なる。
正式なメガドライブ互換機のため、カートリッジとメガCDの両方でライセンス表示がある。
(2012/11 記)

スロットにメガドライブのゲームカートリッジをセットした場合は、カートリッジが優先されるため起動画面やコントロール画面は表示されず、ライセンス表示後にゲームが起動する。

1.「起動画面関係」
写真:ワンダーメガ2の起動画面

[ワンダーメガ2の起動画面]
半円球部分の色がオレンジ、青、水色などに変化する。
バージョンはVer2.00 (1993)


写真:デモ画面(例)
[デモ画面(例)]
起動後にパッドの操作をしないと二軸回転・拡大縮小のデモが始まり、”W”のロゴが動き回るデモを繰り返し再生する。
起動画面から流れる音楽はセガの初代メガCDの起動画面と同じ音楽。

写真:コントロール画面

[コントロール画面]
ゲームディスクセット時のコントロール画面
トップローディング(手動)のためドアの開閉コマンドは無い。
”OPTION”からバックアップメモリの操作画面にアクセスできる。


 
2.「バックアップメモリ関係」
写真:バックアップメモリアクセス画面

[バックアップメモリの操作画面]
バックアップメモリの操作方法はセガと同じ。
異なるのはアイコン画像と文字が色分けされている部分。
  ※Ver2.00から色分けされたかは不明。


写真:バックアップRAMのセーブ内容

[コピー操作画面]
 バックアップRAMのセーブ内容が表示される。


写真:空き容量不足の警告
[空き容量不足の警告]
バックアップRAMの空き容量が不足している時に表示される。
  (内容はゲームソフトに依存)
ゲームタイトルによっては空き容量を確保しないとゲームが起動しない。


3.「ライセンス表示」
写真:ライセンス表示(メガCD)

[メガCDのライセンス表示]
ゲーム起動前にに画面表示される。
セガの初代メガCDと同じ物でジングルと共にバックが白黒反転する。


写真:ライセンス表示(カートリッジ)

[カートリッジのライセンス表示]
 文字画面の一枚表示。


 コントロールパッド
写真:コントロールパッドRG-CP3(有線式)

ビクター純正のワンダーメガ用コントロールパッド RG-CP3(有線式)。

見た目の通りコードレスタイプと同じ形状で成形型を流用した物と思われる。
必要の無い元のコントロール端子や電池ケース部分等は樹脂で塞いである。

本品は、二人プレイの時にコードレスコントロールパッドのコントロール端子に接続して、コードレスで操作できる。
取扱説明書によると、コードレスコントロールパッドには、本品とRG-CP1(3ボタン)、セガのSJ-6000、SJ-3500(3ボタン)が接続可能。


他のコントロールパッド等は、ワンダーメガ2本体のコントロール端子に接続するように指定されている。
コードレスコントロールパッド(赤外線式)には僅かにタイムラグがあるため、操作タイミングがシビアなアクションゲーム等には有線式の方が良い。 (2008/11記)

 ACアダプタ
写真:ACアダプタ(ワンダーメガ2)

ワンダーメガ2のACアダプタ AA-S95。
メガCD一体型のためか定格電圧値は特殊。

[定格]  
・定格電圧:9.5V
・定格電流:1.5A

代替品はシリーズレギュレータ方式直流安定化電源しかないと思われる。




 SUPER 32XのS-Video出力対応 (2009/9 掲載)
写真:サンタ製MD2専用S端子ユニット ■SANTA MD2専用S端子ユニット

写真はサンタ製メガドライブ2専用S端子ユニットMEGA S-02。

これをSUPER 32XのAV出力端子に接続してS端子ユニットのS-Video出力からテレビのS端子に繋ぐと、S-Video映像でゲームが出来る。
(サンタのS端子ユニットについては”MEGADRIVE & MEGA-CD”のページを参照)


現在、中古品がゲーム通販ショップで入手出来るようだが、価格が元の約2倍の値付けになっている。
(参考)サンタ製メガドライブ2専用S端子ユニットの標準価格(販売当時):\4,900(税別)

写真:SUPER 32Xに接続したS端子ユニット ■SUPER 32Xに接続したS端子ユニット

SUPER 32XのAV出力はモノラル音声の為、S端子ユニットの音声出力端子にはモノラル音声しか出ない。

S端子ユニットはS-Video出力のみ使用し、音声は従来通りワンダーメガ2本体のステレオ出力端子から出す。
ヘッドホンを使用する場合は、ワンダーメガ2本体のヘッドホン端子に接続する。



 HDMI出力対応 (2019/06 記)
写真フレームマイスター(FRAMEMEISTER)

[写真]
マイコンソフトの多機能アップスケーラ-・ユニット「フレームマイスター(FRAMEMEISTER)」

フレームマイスター(FRAMEMEISTER)を使いHDMI出力の有効性を確認したところ、ワンダーメガ2の ”ビデオ端子” と ”S端子”は共にHDMI出力は有効だが、映像の状態に違いが出る。


「ビデオ端子」
ビデオ映像がそのままの形でHDMI信号に変換されていて特に問題無し。

「S端子」
半透明処理が機能せず、使われている部分が市松模様の様に表示される。
RPG系では建物等の陰が市松模様になってしまう。

S端子からのHDMI変換で半透明処理が機能しない原因を調べたところ、元のS端子出力の段階で映像の半透明処理が機能していなかった。
フレームマイスターはS端子映像をそのままHDMI変換しているだけで動作は正常。

「SUPER 32X」
SUPER 32X対応ソフトの場合は映像が特殊な合成出力のためかHDMI変換すると副作用が目立ちメリットが無い。 元のビデオ出力でプレイした方が良い。

「半透明処理」
メガドライブの半透明処理は、コンポジット信号出力が前提の様でRGBから出力するS端子やHDMI端子では機能しないと推測される。  当時のテレビの外部入力端子はコンポジット(いわゆるAV端子)で時代に合う仕様ながら、その後に出た新規格の端子では不適合な所が映像に出ていると思われる。  因みに、サンタ製メガドライブ専用S端子ユニットMEGA S-01とS-02も半透明処理が機能しない。
(※S-01とS-02はメガドライブのRGB信号からエンコーダICを通してS出力している。)

HDMI端子で半透明処理を有効にするにはコンポジット信号をHDMI変換すれば良いと思われるが、映像の鮮明度はやや劣る欠点がある。
ただ、コンポジット端子が普通の時代のレトロゲームは、鮮明度を上げ過ぎると反って映像に違和感がでるため、コンポジット信号のHDMI変換映像は大した欠点では無い。
この場合、色にじみの無いきれいなコンポジット信号が必要になると思われる。


 ACアダプタのアルミ電解コンデンサ交換

ワンダーメガ2は購入から27年目になりACアダプタのアルミ電解コンデンサ劣化が気になることからコンデンサの予防取り替えを行ったので参考に記載する。
作業をメガドライブ専用ACアダプタと一緒に行った事から、交換手順や使用した工具、材料等は「MEGA DRIVE & MEGA-CD」の「MD専用ACアダプタのアルミ電解コンデンサ交換」に記載している。

ACアダプタ(AA-S95)のケースにはラインヘッドネジという特殊ネジが使われており、これを外すにはネジサイズに適合した専用ドライバーが必要になる。
幸いな事にゲームギア修理で使用した特殊ドライバー”DTC-27”が適合した。

ラインヘッド(LH)用ドライバー DTC-27 ■ DTC-27

ラインヘッド(LH)ネジ用ドライバー。

手持ちに無い場合の入手先としては、専門通販の他にヨドバシ・ドット・コムがある。


アルミ電解コンデンサ KMG
■ 交換用アルミ電解コンデンサ

写真は日本ケミコンのKMGタイプ。

元のコンデンサがKMGの16V、6800μF、105℃品のため交換用も同じ物にした。(入手先:マルツオンライン)

KMGは日本ケミコンの標準形で電源用では無い。
AA-S95のケースは通気孔が無い密閉形のため105℃品になっていると思われる。


AA-S95の内部
■ AA-S95の内部

写真はAA-S95の内部。
(ACアダプタの上側を外した状態)

前がトランスで後に整流回路基板が付いている。
基板の取付け方はトランス式ACアダプタに共通する。
ケースさえ開けられればアルミ電解コンデンサ交換は比較的容易な作業。


AA-S95の整流回路基板
■ 整流回路基板

整流回路はセンタータップ型で基板には2個のダイオードが付いている。

共用基板なのかダイオードの取付け穴は4個分ある。


アルミ電解コンデンサを交換した整流回路基板
■ コンデンサ交換

交換用の新しいKMGを半田付けした整流回路基板。

これを元通りにケースにセットしネジ止めして交換作業は終了。

交換時にアルミ電解コンデンサを逆さの状態で半田付けする事になるので、基板から浮かないように注意する。
外した元のアルミ電解コンデンサに液漏れは無かった。


更新履歴
  • ※「2007年掲載時のページ番号:sub8.html(番号変更 2015年)」
  • ・2016年7月5日  ページの体裁を変更。
  • 「コントロール画面などの操作」の画像を縦配置に変更。
  • SEGA SUPER 32Xの説明追加。
  • ・2016年11月3日  ページの体裁を統一。
  • ・2019年6月5日  「HDMI出力対応」の項目を追加。
  • ・2020年3月15日  「ACアダプタのアルミ電解コンデンサ交換」の項目を追加。
  • ・2020年8月10日 「HDMI出力対応」の項目に「半透明処理」を追記。
(2018/07)HTML-refine

ページの先頭へ戻る---