製品情報

SG箱庭鉄道は、マップ上に線路や駅、建物、列車を配置すると、列車が線路上を走るソフトです。

特に何ができるというソフトではありません。自分が設置した線路の上を列車が走る様子を、ただ眺めるためのソフトです。

モバゲーのトレインたうんの表示がやたらと重くて列車が走る様子をなかなか楽しめなかったのが、SG箱庭鉄道を開発した動機です。のんびり開発しているうちに本家のトレインたうんのサービスは終了してしまったのですが、独自に開発を続けています。

プラレールのような感覚で、線路を敷いたり列車を走らせたりして楽しんでください。


SG箱庭鉄道ベーシック(無料版)

SG箱庭鉄道ベーシックでは、アプリ終了時に保存される列車の情報は2編成分だけです。

アイテムメニュー上で網掛け表示になっているアイテムは追加アイテムです。追加アイテムのご使用には、別途ライセンスキーが必要です。

SG箱庭鉄道デラックス

デラックス版は有料のソフトですので、無料のベーシック版とは下記の違いがあります。

1)列車の保存数の制限がない。

2)基本アイテムである住宅と、学校と、ビルが回転します。

3)SG箱庭鉄道追加アイテム001/002/003の使用権が含まれています。

SG箱庭鉄道スクリーンセーバー(無料)

SG箱庭鉄道スクリーンセーバー(無料)をインストールすると、SG箱庭鉄道ベーシック、または箱庭鉄道デラックスで作成したマップをスクリーンセーバーとして表示することができます。

SG箱庭鉄道スクリーンセーバーをお使いいただくには、SG箱庭鉄道スクリーンセーバーをインストールする前に、SG箱庭鉄道ベーシック、またはSG箱庭鉄道デラックスのインストールが必要です。

マルチモニターには対応していません。

グラフィックデータの読み込みが必要なため、スクリーンセーバーの動作には、SG箱庭鉄道を起動するのと同程度の時間がかかります。


SG箱庭鉄道追加アイテム001

SG箱庭鉄道追加アイテム001は、駅舎や追加の道路をセットにした有償の追加アイテムです。追加アイテムは4方向に向きを変えて設置することができます。

内容 - 道路(カーブ、T字路、片側歩道つき直線)、駅舎(小)、レトロな集合住宅、駅舎連結用ホーム、屋根つきホーム(駅名標有り/無し)、片側ホーム(駅名標有り/無し、屋根つき/屋根なし)、商業ビル(改札あり/なし)

SG箱庭鉄道追加アイテム002

SG箱庭鉄道追加アイテム002は、高架橋や鉄橋、ポイント、踏切をセットにした有償の追加アイテムです。

ポイントと踏切は、向きを変えて設置することができます。

内容 - 高架橋(直線、カーブ)、鉄橋(茶色1方向)、鉄橋(緑色2方向)、ポイント(左開き、右開き)、踏切(遮断機つき)、橋脚(直線、カーブ)、信号機(2灯式)

SG箱庭鉄道追加アイテム003

SG箱庭鉄道追加アイテム003は、列車の有償追加アイテムです。

内容 - 石油輸送貨物列車(3~9両編成)、コンテナ輸送貨物列車(3~9両編成)、蒸気機関車と客車(3~9両編成)、湘南電車(2両編成)、気動車(ツートンカラー/オレンジ色)

アイテム一覧
SG箱庭鉄道ベーシックで利用できるアイテム
列車(4種)
線路(直線、カーブ)
踏切線路(2方向)
高架橋 鉄橋(茶)(各1方向)
ポイント(左開き)(方向固定)
駅ホーム(駅名標有り/無し)
住宅(方向固定)
オフィスビル(小)(方向固定)
学校(方向固定)
食堂(方向固定)


SG箱庭鉄道デラックスで方向を選択できる基本アイテム
住宅(4方向設置可)
オフィスビル(小)(4方向設置可)
学校(4方向設置可)
ポイント(左開き)(4方向設置可)
食堂(4方向設置可)


SG箱庭鉄道追加アイテム001(SG箱庭鉄道デラックスに含まれます。)
道路(カーブ)
道路(T字路)
道路(歩道つき)
駅舎(小)
レトロな集合住宅
駅舎連結用駅ホーム
屋根つき駅ホーム
片側駅ホーム(屋根なし)
片側駅ホーム(屋根つき)
商業ビル(改札あり/なし)


SG箱庭鉄道追加アイテム002(SG箱庭鉄道デラックスに含まれます。)
高架橋と橋脚
鉄橋(茶色/緑色)
ポイント
踏切(遮断機つき)
信号機(2灯式)


SG箱庭鉄道追加アイテム003(SG箱庭鉄道デラックスに含まれます。)
石油輸送貨物列車
コンテナ輸送貨物列車
蒸気機関車と客車
湘南電車
気動車


ベーシック版/デラックス版比較表
使い方

画面下部のアイテムメニューから、線路、列車、駅、建物をマウスでドラッグしてマップ上に配置してください。

マップ上で線路、列車、駅、建物を選択するとそのアイテムを撤去することができます。

列車は、配置した線路の上を走行します。線路の端に到達した列車は、折り返して走行します。

駅を線路上に配置した場合、列車は、駅で一時停止します。


2D/3D表示

2D表示モード

3D表示モード


画面右上の2D/3Dモード切替を使うと、2Dモード表示、3Dモード表示の切り替えを行うことができます。

3Dモード表示で線路やアイテムが重なって設置や削除が行ないにくい場合は、2Dモードに切り替えて、真上から見た状態で操作してみてください。

拡大縮小

画面左上のプラスマイナスを使うと、マップを3段階に拡大、縮小することができます。



3D視点回転

画面右下の回転矢印を使うと、マップを回転して視点を変化させることができます。

45度刻みでマップを回転させることができます。デラックス版では360度の回転が可能です。ベーシック版では、正面から左右に1段階(45度)の回転までという制限がかかります。

MAP

作成したマップは、SG箱庭鉄道終了時に保存され、次回の起動時に読み込まれます。

画面左下のMAP(FILE)を使うと、複数のマップを保存したり読み込むことができます。

保存できるマップの数は、ベーシック版で2件、デラックス版で100件です。

画面左下のMAP(NET)を使うと、SG箱庭鉄道のサイトに登録されているサンプルマップを読み込むことができます。

有償版のアイテムが含まれているサンプルについても、有償版のライセンスを含まないSG箱庭鉄道ベーシックでご利用頂くことができますが、新たに有償のアイテムをマップに配置することはできません。マップ上の任意の位置に有償アイテムを配置される場合は、SG箱庭鉄道追加アイテム、もしくは、SG箱庭鉄道デラックスのライセンスをご購入ください。


全面マップモード

右上隅の全面マップアイコンをクリックすると、操作アイコンやアイテムメニューが非表示になり、マップのみの表示になります。

画面をクリックすると、元の表示に戻ります。





フルスクリーンモード

タイトルバーの最大化ボタンで、画面いっぱいに表示されるようになります。ウィンドウサイズを自由に変更することはできません。

マルチモニターには対応していません。プライマリモニターのサイズで内部パラメーターを初期化しているので、プライマリモニターよりもサイズの大きなモニター上では最大化の表示がおかしくなります。




長編成列車

基本構成が3両編成の列車は、2両目の車両を増やすことにより、最大9両編成まで延長することができます。列車をマップに設置する前に、アイテムメニューの列車のアイコンの右隅に表示してある車両数を調整してください。






踏切(警報ランプと遮断機つき・複線協調動作対応)

列車が踏切に進入してくると、警報機ランプが点滅し、遮断機が下ります

列車が通過すると、警報機ランプが消灯し、遮断機が上がります。

複線の線路で踏切の横断道が隣接するように踏切アイテムを設置した場合、複線のいずれかの線路を列車が通過する場合に、警報ランプと遮断機が動作します。

踏切(遮断機つき)は有償アイテムです。無料のSG箱庭鉄道ベーシックをお使いの場合は、踏切(遮断機つき)が含まれるサンプルマップをダウンロードしてお試しください。

列車信号制御

信号アイテム(有償)を設置すると、列車の走行位置によって、信号が切り替わります。

信号機の先に列車が存在しない場合は青信号、列車が存在する場合は赤信号です。

位置を判断する基準となる閉塞区間の区切りは、信号機、またはポイントの線路です。

信号機アイテムは有償ですが、SG箱庭鉄道ベーシックをお使いの方も、サンプルマップダウンロードで信号機アイテムをお試しいただくことができます。

駅での列車待機

平行に設置された複数の線路に隣接して設置された駅では、ホームに停車した列車が、対向のホームに列車が到着するまで待機することができます。

駅の両端に線路が存在する場合、列車到着後、双方の列車が発車しますので、単線区間の中間駅での上下線のすれ違い運用が可能です。

ホームの端が線路に接続していない場合、到着した列車は、次に新しい列車が到着するまで待機します。終端駅での列車待機を伴う折り返し運用が可能です。



動作環境
変更履歴
Q and A