学校法人山形キリスト教学園 さゆり幼稚園
トップページ
メッセージ
教育方針
さゆり幼稚園のあゆみ
年間行事
幼稚園の1日
手作り給食とおやつ
ホームクラス
保護者会サークル活動
さゆり幼稚園への思い
施設案内・アクセス
入園児募集要項
キッズワールド

さゆり幼稚園への思い

花のように すくすくと
石 澤 美 樹
保護者会長 年長児 年少児・母


 さゆり幼稚園には、駐車場から玄関までの間に小さな花壇があります。春にはかわいらしいつぼみが芽吹き、夏に向けて色とりどりの花が咲き始めます。秋には茜色の葉がカサカサと音を立て、やがて静かに雪に覆われていくのです。笑顔で送り出したい理想とは裏腹に、「早く」「急いで」と口にしてしまう朝。曇った気持ちを抱えたまま花壇を抜けて玄関に向かうと、「おはようございます」と園長先生たちが迎え入れてくださいます。その瞬間、子どもたちは教室へと一目散に駆け出していくのです。  ある日、花壇に1本の添え木を見つけました。子どもに聞いてみると、石が落ちて傷ついた花を助けているとのこと。きっと花を抜いて、新しい苗を植えることもできたはずです。でも、そうではなく、1本の花の命を助け成長を見続ける。それこそが、さゆり幼稚園が設立から大切にしている大きな愛ではないかと感じました。改めて花壇を見渡すと、様々な種類の花が咲き誇っています。そして幼稚園では、花壇に咲く花に負けないくらい、1人ひとりの子どもたちが大輪の笑顔を咲かせ、伸び伸びと遊ぶ声が響き渡ります。そこで過ごす日々は、わが子の「できない」に目がいきがちな私たちに、いまの姿を大事にすること、成長を信じて待つことを教えてくれるのです。喜びも涙も全て受け入れ、時にはそっと背中を支えてくださる先生方の深い愛情に、親子共々かけがえのない思い出を胸いっぱい咲かせてもらっています。  愛情という光を全身に受け、すくすくと自分らしい花を咲かせられる場所こそが、さゆり幼稚園なのです。

ありのままを受け入れ育てる幼稚園

鈴 木 雄 介
年中児・父

 息子が2歳の時に転勤で地元山形に来ました。当時の息子は頑固でこだわりが強く、親である私たちも正直接し方に困ることが多々ありました。幼稚園の友達や先生方に迷惑をかけるのではないかと心配しながら、手を焼くことが多い息子がなじめるような幼稚園を探していました。
 入園前、さゆり幼稚園のイベントに参加させていただいた際、驚いたことが2つあります。1つは、その日は2回目の参加でしたが、先生方が息子の名前を覚えてくれていたことです。そして、もう1つは、ホールや園庭で遊んでいる園児たちがキラキラと輝いていたことです。先生方はどの園児にもひとりの「人」として接しており、かけがえのない幼少期に、その子が興味をもっていることを大切に育ててくれていました。
 さゆり幼稚園に入園して1年数か月が経ちました。入園前に私たち親が心配していたことは、今では息子の長所だと思えるようになりました。さゆり幼稚園が、私たち親子を優しく受け入れてくれたおかげだと心から感謝しています。私自身も父親として、以前より心の余裕がもてるようになりました。
 仕事柄午後から出勤することが多いので、朝、園まで送っていくのは私の担当です。車に乗っている10分ちょっとの時間ですが、息子と2人きりで過ごす貴重な時間です。入園して間もない頃は会話も少なく、音楽をかけて誤魔化していました。しかし今は、息子の好きな音楽(同じ曲を何度もリピート)をかけながら、幼稚園での出来事や今日1日何をするのかを話しながら、息子も私も毎日楽しく登園しています。

ページトップへ
その子らしく輝ける場所
窪 木 麻 奈
年少児・母


 沢山の花がほほ笑む玄関までの道、木でいっぱいのあたたかな教室、吹き抜けが開放的なホール、水が流れる気持ちの良い園庭。賑やかな中心街にありながらも自然豊かなこの園に、きっと誰もが居心地の良さを感じるのではないでしょうか。
 「気の弱い長男・負けん気の強い次男・おませな長女」3人の子育てに悩み余裕のない日々の中、支えてくれたのはさゆり幼稚園でした。この園では「その子らしく」輝ける時間を過ごすことができます。一人一人に目の届く人数だからこそ、大切に大切に育てて下さるのです。私たちと同じ目線で子供たちを優しく眺め、背中を押して下さいます。『大丈夫』この言葉に何度救われたか分かりません。
 この大きな愛を受けた子供たちは、お友達と思いっきり遊び、美味しく温かい給食をいただき、心も身体ものびのびと成長してゆきます。預かり保育「ホームクラス」では年齢の枠を越えた触れ合いがあり「助け合う」という大切な学びも経験しています。『自分を認め周りも認める』、沢山の人と関わってゆく未来を前に、何よりも心に留めて欲しいことだと感じています。そして時折持ち帰るスナップ写真には、私たちの知らないキラキラした表情をした子供たち。仲間と過ごす時間がこうも人を大きく優しくするのかと胸が一杯になります。少し大変な毎日の送迎や週一回のお弁当の日も、朝に白熱した親子関係を冷まし空っぽのお弁当箱を笑顔で見せてくれる瞬間を思うと、これも園からのGiftです。
 清々しい晴れの日、しっとりした雨の日、眩しい夏の日、一面銀世界の冬の日。景色が移ろいゆく中でいつも安心できる変わらない場所−それこそがこの『大きな家』さゆり幼稚園です。大切な幼児期をこの場所で過ごせること、園を通した全ての出会い、そして何気ない幸せな毎日に心から感謝しています。


ページトップへ


さゆり幼稚園 学校法人山形キリスト教学園
認定こども園
さゆり幼稚園
〒990-0043 山形市本町二丁目1-24
TEL.023-642-5042 FAX.023-642-5044

Copyright (C) SAYURI KINDERGARTEN. All Rights Reserved.