郡山の宝生流謡会のページ 零和2年

 目  次                                   2020/2/14 更新



土謡会の例会
R02年  H31年  H30年  H29年  H28年  H27年  H26年  H25年  H24年  H23年

謡曲研究と能(DVD)観賞の記録
  H31年  H30年  H29年  H28年  H27年  H26年  H25年  H24年  H23年

  小原隆夫の謡経歴
  小原隆夫の所属謠会

  福島県に関係のある謡曲
  能という言葉の意味
  能楽   能と謡  能楽十五徳
   宝生能楽堂
  宝生流謡曲名寄せ
  謡曲180番関係参考資料

 


土謡会月例会の記録
 
 
土謡会は、最初職分の先生や湯浅広平先生にお習いしてる有志が鸚鵡返し等で謡をお習いするが、謠の始めから終わりまで、一番を通して謡う、練習をしてみたいと言うやり方で、有志宅を会場に、毎月一回、日時と曲目を決めて練習会を昭和54年11月から開いたのが始まりです。 その後、会場を久留米公民館に移したが、当時は久留米公民館前の道路は舗装されてなく数分ごとに通る大型トラックの騒音に悩まされ十分な練習が出来ないので,昭和57年5月新築された薫地域公民館に会場を変更し、原則として、毎月一回第一土曜日を例会日と定めて素謡を始めから終わりまで練習しています。
 現在の会員数は6名で年々高齢化が進み参加者が少なくなって行くのが悩みです。 
謡の曲目は年間計画によって定め、謡の役割は毎回抽選で,出席者から決めております。今年で37年間続いております。
謡曲研究会の能(DVD)観賞会は、平成27年秋の頃より、謡曲本の詞章内容を調べることや、能の画像をを鑑賞したいと考ええておりましたが、平成27年12月から会員有志が所持している能のDVDか郡山市図書館が保有している能のDVDをお借りして公民館のプロッジェクターを利用して画面に投影し鑑賞して謡曲研究等を楽しんで参りました。平成30年4月1日土謡会と謡曲研究会・能(DVD)観賞会は組織を統合して現在にいてっております。

令和2年度




土謡会と謡曲研究会(DVD)観賞会の例会は
4月と5月は、新型ロコモウイルスの流行による休会




H31年&令和元年度
土謡会と謡曲研究会DVD観賞会

土謡会と謡曲研究会(DVD)観賞会の3月例会は
新型ロコモウイルスの流行による休会


謡曲研究会(DVD)観賞会)の2月例会記録
日 時  令和2年2月14日(金)    晴       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市麓山一丁目8−4 中央公民館 3F第8講義室
  能DVD 唐 船   宝生流   佐野  萌   国立能楽堂    約90分
          演者 シテ 佐野  萌  ワキ 高井 松男
               唐子:金井 賢郎 佐野 大輔   日本子:藤井 秋雄 佐野  幹
               アイ 太刀持ち: 佐藤  融   船頭:佐藤 友彦
          囃子 笛 藤田 次郎  小鼓 住駒 幸英 大鼓 柿原 崇志 太鼓 金春 國和
               後見  寺井 良雄、朝倉 俊樹、佐野  登
               地謡  三川 淳雄、田崎 隆三、水上 輝和、金井 雄資
                    金森 秀祥、波吉 雅之、東川 光夫、高崎  亘 
  素謡 鞍馬天狗 時間の都合で出席全員  (謡本7頁から21頁終まで)本日の出席者4名 。


土謡会の例会記録
日 時  令和2年2月1日(土)      晴       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市麓山2-9-1  薫地域公民館  2F 会議室     出席者  7名
素 謡   「八 島」シテ大塚和吉・ツレ湯浅朝子・ワキ森川 r・地小原隆夫外    (全曲55分)
        「巻 絹」 シテ須永多賀子・ワキ目黒タカ子・ツレ小原隆夫・地森川 r外  (全曲39分)
今日は7名全員参加で上記の役割で謡いました。令和2年1月の番組実績表を配付しました。


謡曲研究会(DVD)観賞会)の1月例会記録
日 時  令和2年1月17日(金)   曇
場 所  郡山市麓山一丁目8−4 中央公民館 2F第5講義室
番 組  能 竹生島   宝生流   高橋 章   宝生能楽堂    約60分
   演者 シテ 高橋 章 ツレ 大坪 喜美雄
      ワキ 宝生 閑 ワキツレ従者:殿田 兼吉、大日方 寛
   囃子 笛 一噌 之  小鼓 鵜澤洋太郎 大鼓柿原 弘和 太鼓 金春 國和
      後見  武田 孝史 朝倉 俊樹
      地謡  前田 晴啓 野月 聡 田崎 隆三 大友 順
          小倉 敏克、小倉 健太郎 佐野 由於、水上 優
    素  謡 「巻 絹」シテ湯浅朝子・ツレ森川 r・ワキ八幡和夫・地小原隆夫外 (全曲39分)
     
    「五 雲」全員
今日の出席は7名が鑑賞してくれた。謡は「巻 絹」を6名でうたう。


土謡会の例会記録
日 時  令和2年1月9日(土)      晴       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市麓山2-9-1  さんかくプラザ  2F 会議室     出席者  7名
謡   「嵐 山」シテ須永多賀子・ワキ湯浅朝子・ワキヅレ森川 r・地小原隆夫外  (全曲30分)
     「西行桜」 シテ大塚和吉・八幡和夫・ワキヅレ小原隆夫・地湯浅朝子外    (全曲47分)
今日は7名全員参加で上記の役割で謡いました。終了後新年会を実施した。


謡曲研究会(DVD観賞会)の12月例会記録
日 時  令和1年12月13日(金)   曇&晴
場 所  郡山市麓山一丁目8−4 中央公民館 2F第5講義室
番 組  遊行柳 宝生流  於 宝生流能楽堂 2007―NHK    120分
  演者 シテ 今井 泰男  ワキ 宝生  閑 ワキヅレ梅村 昌功・宝生 欣也  アイ 野村 萬
  囃子  笛 藤田大五郎  小鼓 幸 清次郎  大鼓 亀井 忠雄  太鼓 金春惣右衛門
  後見  近藤乾之助  今井 泰行
  地謡  三川  泉  高橋  章  亀井 保雄  當山 孝道
       高橋  亘  野月  聡  大友 順  小倉健太郎
今日は森川さんの機器操作により郡山市中央公民館第8講義室にて実施した。出席者は森川・八幡・須永・小原の4名が出席。


土謡会の例会記録
日 時  令和年12月7日(土)      曇       Am10:00〜12:15
場 所  郡山市麓山2-9-1  さんかくプラザ  2F 会議室     出席者  6名
素 謡   「藤 戸」シテ森川 r・ワキ八幡 和夫・地須永多賀子外           (全曲57分)
        「昭 君」シテ大塚和吉・ツレ須永多賀子・ワキ小原隆夫・子方湯浅朝子・地八幡和夫外(全曲45分)
今日は6名参加で上記の役割で謡いました。令和2年度の希望曲目を集めた。


謡曲研究会(DVD)観賞会)の11月例会記録
日 時  令和元年11月8日(金)  晴         Am10:00〜12:20  出席者 4名
場 所  郡山市さんかくプラザ  2F 会議室
能(DVD鑑賞  能「葛 城」宝生流と狂言「二人大名」大倉流      
     「葛 城」 シテ 當三川  泉  ワキ宝生  閑  ワキヅレ殿田 謙吉・大日向 寛
           アイ 野村 万作   後見田崎 隆三  佐野 由於
           囃子 笛 藤田朝太郎  小鼓 幸 清次郎  大鼓 亀井 忠雄  太鼓 観世 元伸
           地謡  今井 泰男  三川 淳雄  渡辺淳之介  武田 孝史
               高橋  亘  小倉健太郎  大友 順  水上  優
     「二人大名」 シテ(大名)善竹 十郎  シテ(大名)大倉吉次郎  アド(道通人)善竹忠一郎
本日は時間の都合で、謡曲内容を研究する素謡は全部中止致しました。


土謡会の例会記録
日 時  令和年11月2日(土)      晴       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市麓山2-9-1  さんかくプラザ  2F 会議室     出席者   7名
素 謡   「七 寶」全員
        「紅葉狩」シテ須永多賀子・ツレ大塚和吉・
             ワキ湯浅朝子・ワキヅレ森川 r・地小原隆夫外        (全曲37分)
        「葵 上」 シテ八幡 和夫・ワキ小原隆夫・ツレ大塚和吉・地森川 r外   (全曲40分)
       「五 雲」全員
今日は全員参加で上記の役割で謡いました。令和2年度の日程と希望曲目を次回まで申し出をして貰う事を話した。


謡曲研究会の能(DVD)観賞会記録
日 時  令和元年10月18日(金)     曇     Am10:00〜12:00    
場 所  郡山市麓山一丁目8−4 中央公民館 1F 工作室   出席 4名
能曲目  「楊貴妃」 宝生流 大坪十喜雄師
      シテ 大坪十喜雄  ワキ宝生 閑 アイ石田 幸雄
      後見 寺井 良雄  水上  優
      笛  一曽 庸二  小鼓 大倉源治郎  大鼓 亀井 広二
      地  金井  章  近藤乾之助  水上 輝和  大友  順
         小倉健太郎  小林 晋也  高橋 憲正
今日の出席者は、森川 r・湯浅朝子・須永多賀子・小原隆夫の4名で、コンピューターとプロジェクターの操作は森川さんが担当した。 


謡曲研究会(DVD観賞会)の9月例会記録
日時=令和元年9月13日(金)午前10時始    出席者   6名
場所=郡山市さんかくプラザ  2F 会議室
  能鑑賞「葵 上」宝生流      
       「葵 上」 シテ 當山 孝道  ツレ 當山 淳司 ワキ 宝生 欣哉・ワキヅレ 野口 能久
           アイ 山本 則俊   後見 宝生 英照 寺井 良雄 水上  優
       囃子 笛 藤田朝太郎  小鼓 国井  優  大鼓 国井 純志  太鼓 金春
    地  金井  章  近藤健之助  小林与四カ  大友  順
          水上 輝和  小倉健太郎  小林 晋也  高橋 憲正
  謡曲研究会
      「七 宝」=全員
素 謡  「玉 葛」=シテ須永多賀子・ワキ目黒タカ子・地森川  r外 P1〜9
       「胡 蝶」=シテ小原隆夫・ワキ八幡 和夫・地全員      P1〜20
      「五 雲」=全員


土謡会の例会記録
日 時  令和年9月7日(土)      晴       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市鶴見壇 薫地域公民館  2F 会議室   出席者   4名
素 謡   「采 女」シテ須永多賀子・ワキ湯浅 朝子・地全員  (全曲53分)
        「岩 船」 シテ大塚 和吉・ワキ森川  r ・ 地全員  (全曲25分)
今日は4名の参加で上記の役割で謡いました。小原は敬老会のため欠席する。


謡曲研究会(DVD観賞会)の8月例会記録
日時=令和元年8月23日(金)午前10時始    出席者 4名
場所=郡山市中央公民館  1F 工作室
能鑑賞「邯 鄲」(傘之出) 宝生流   第13回NHK能楽鑑賞会    
「邯 鄲」 シテ近藤乾之助・
       ワキ和泉昭太郎・ワキヅレ藤野藤作 國分日出夫 子方 辰巳 和摩
       立衆 米田 保 依田喜一郎 アイ山本泰太郎  後見 當山興道 辰巳万次郎 金井雄資
        囃子 笛 藤田 大五  小鼓 鵜澤 建雄  大鼓 柿原 嵩志  太鼓 観世 元信
       地  三川 淳雄  當山 孝道  中村孝太郎  今井 泰行
            波吉 雅之  佐野 由於  金井 雄資   山内 崇生


謡曲研究会(DVD観賞会)の7月例会記録
     能鑑賞と謡曲研究会   出席者   5名
日時=令和元年7月19日(金)午前10時始  場所=郡山市中央公民館  3F第10講義室
能鑑賞  「 鷺 」  於 宝生能楽堂のDVD
           
シテ近藤乾之助 ・ワキ宝生 閑 ・ワキヅレ則久英志 ・子方山内昌生 ・アイ石田幸雄
          笛  一曽 仙幸
          小鼓 大倉源治郎
          大鼓 亀井 忠雄
          地 高橋  章  大坪喜美雄  武田 孝史  金井 雄資
             山内 隆朗  大友  順  小倉健太郎  辰巳 孝弥
謡曲研究会
      「七 宝」=全員
素 謡  「玉 葛」=シテ須永多賀子・ワキ目黒タカ子・地森川 r外  (P1〜9 )
       「胡 蝶」=シテ小原隆夫・ワキ八幡和夫・地全員          (P1〜20)
      「五 雲」=全員


土謡会の7月例会記録
日 時  令和年7月13(金)      晴       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市鶴見壇 薫地域公民館  2F 会議室   出席者   6名
素 謡     「羽 衣」シテ大塚 和吉・ワキ森川  r・ワキヅレ目黒タカ子・地小原隆夫外   (全曲40分)
        「三 山」 シテ須永多賀子・ワキ湯浅 朝子・ツレ目黒タカ子・地八幡 和夫外   (全曲45分)
今日は全員参加で上記の役割で謡いました。

     

謡曲研究会(DVD観賞会)の6月例会記録
日 時  令和年6月21(金)      晴       Am10:00〜15:00
場 所  郡山市麓山 郡山市中央域公民館  3F 第10講義室   出席者   6名
能(DVD)の鑑賞 「隅田川」     
演能場所 宝生能楽堂 東京都文京区本郷1丁目5番9号
      シテ 金井 雄資  ワキ 宝生 欣哉  ワキヅレ 大日向 寛
        子方 水上  嘉
         後見 宝生 和英 水上  優
       笛 松田 弘之
      小鼓 成田 達志
      大鼓 亀井 忠雄
           地 小倉 敏克  大友  順  佐野 由於  小倉健太郎
             今井 泰行  小倉伸二郎 朝倉 俊樹   高橋 憲正
  ◎時間の関係で能鑑賞後「三 山」の一部音声のみ鑑賞して散会


土謡会の例会記録
日 時  令和元年6月1(金)      晴       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市鶴見壇 薫地域公民館  2F 会義室   出席者   6名
素 謡  「千 手」=シテ湯浅朝子・ワキ須永多賀子・ツレ目黒タカ子・地森川 r外 (全曲58分)
       「放下僧」=シテ大塚和吉・ツレ八幡和夫・ワキ森川 r・地小原隆夫外   (全曲35分)
今日は薫公民館2F会義室において例会を開きました。 日程の打合せをしてから抽選で薬を決めてから「千 手」「放下僧」の順で謡う。



謡曲研究会(DVD観賞会)の5月例会記録
日 時  令和元年5月24(金)      晴       Am10:00〜15:00
場 所  郡山市鶴見壇 薫地域公民館  1F 研修室   出席者   6名
今日は、大塚さんを除き、皆様10時においでくださいました。
午後も時間が取れるとのことで、さんかくプラザのロビーで雑談し、昼食をとって、午後通常例会を持つことになりました。八幡さんの奥様が12時に迎えに来られるので、昼食をご一緒し、午後の例会にも同席され、能楽「敦盛」を皆で(八幡ご夫妻、目黒さん、須永さん、森川)鑑賞しました。15時までの鑑賞でしたので、謡曲の番組は出来ませんでした。
皆さん小原さんが居られたら、良かったのにと残念がられました。二時間程度の、予期せぬお話し合いでしたが、今後このような時間を取れればとも思いました。  (森川代表幹事メールより)
私,小原は午后所用のため欠席しました。


謡曲研究会の4月例会記録
日 時  平成31年4月19日(金)     曇一時雨       Am10:00〜12:00
場 所  郡山市麓山二丁目9−1 さんかくプラザ 2F 会議室   出席者   5名
      「七 宝」=全員
素 謡  「鞍馬天狗」=シテ小原隆夫・ワキ須永多賀子・子方湯浅朝子・地湯浅朝子外 P1〜21
       「斑 女」=シテ須永多賀子・ワキ湯浅朝子・ワキヅレ湯浅朝子・地小原隆夫外 P1〜13
      「石 橋」=シテ(ツレ) 湯浅朝子・ワキ小原隆夫・地全員           P1〜14 
       「五 雲」=全員
今日はさんかくプラザにおいて例会を開きました。平成鑑賞を同じ日に行う事にしたが今日は31年4月から謡曲研究会と能DVD中止した。 


土謡会の総会並びに月例会記録
日 時  平成30年4月5日(土)       晴    Am10:00〜12:30    
場 所  郡山市鶴見壇 薫地域公民館 2F 会議室   出席者 7名
第38回総会
  第1号議案  平成30年度行事と収支決算の報告について
  第2号議案  平成31年(2019)度行事計画と収支予算について
  第3号議案  任期満了につき役員改選について
代表幹事森川 rが議長となり 第1号議案・第2号議案は原案のとおり承認決定した。第号議案は代表幹事以下全員再選3を承認決定された。
月例会
素 謡 「百 万」=シテ須永多賀子・ワキ森川 r・地小原隆夫外           (P11〜22)
     「西王母」=シテ湯浅朝子・ワキ目黒タカ子・ワキツレ大塚和吉・地八幡和夫外     (全曲25分)
今日の土謡会は、第回総会を開き、森川 r代表幹事を議長に三議案は原案通り承認決定した。次に、月例会を順序によ38り実施した。お茶と弁当などは湯浅朝子さんと須永多賀子さんが用意してくれた。






     このページのトップに戻る

     あさかのユーユークラブ index ページに戻る

     宝生流謠の曲目は謡曲名寄せご覧下さい

     Email : obara.takao@opal,plala.or.jp