七 騎 落 (しちきおち)

あらすじ
 源頼朝は石橋山の合戦に敗れ、主従八騎となって船で遁れようとしましたが、源家に於いては祖父爲義や父義朝の敗走の時がいずれも八騎であったことから、不吉の人数ゆえ一人を船から下ろすよう土肥実平に命じました。船中で最年長であり、艫板にも近い岡崎義実を下ろそうとしましたが、岡崎は昨日自分は一子を失って命はいまは一つ、実平は子息の遠平と命を二つ持っているから、親子いずれかが下りよと言います。あまりの道理に実平は、なかなか承服しない遠平を泣く泣く下船させました。こうそて一同の哀れな思いを抱いて船は遠ざかって行きました。 ようやく頼朝の船が海上遙かに出ると、後ろから和田義盛の舟が追いかけてきました義盛はかねてから頼朝方に意を通じていたので、遠平を生捕る風を装って船底に隠していたのです。一同は喜びの酒盛りをし、実平は一さし舞い、源氏の前途を祝福しました。      
(「宝生の能」平成11年3月号より)

●宝生流謡本      外十二巻の二   二番目四番目    (太鼓なし)
    季節=秋   場所=伊豆海上の船中   作者=
    素謡稽古順稽古順=初伝序之分   素謡時間=27分 
    素謡座席順   立衆=田代以下四人
            ツレ=岡崎
            シテ=土肥次郎実平
            ワキ=和田小太郎 
             ツレ=源 朝頼
            子方=実平の子遠平

●演能記        
宝生流 能「七騎落」出演 (平15・1高橋春雄記)
師匠渡邊三郎先生の渡雲会60周年記念全国大会が、平成9年8月30、31の両日、宝生能楽堂において開催され、能が7番も出された。 私は第二日目、8月31日の出演で、能「七騎落」のシテを仰せつかった。これまでに「紅葉狩」「草紙洗」「蝉丸」「土蜘」「「夜討曽我」「絃上」「田村」と何回か能に出演させていただいたが、シテ役を勤めるのは「田村」に次いで二度目である。 この能で特筆したいのは素人で出演した11名のうち、9名までが私の出身母体である「KDD宝生会」から渡雲会に入門したメンバーだということである。次に示す役割表のように括弧で囲んだ方以外は全部プロの方である。そしてお役の方はワキの野口敦弘、子方の東川周史のプロの方を除くと全員がKDD宝生会出身の連中である。 このような仲間と一緒に能を舞わせていただいたことは、私の50年にも近い謡曲人生の中で最高、最良の出来事であったと思っている。

     能「七騎落」の役割表   平成9年8月31日 宝生能楽堂
        岡崎 長島 経治(KDD)
        立衆 山田 清重(KDD)・立衆 米永 和人(KDD)・立衆 柳川 英夫(KDD)
         立衆 太田 延男(KDD)  子方 東川 周史  頼朝 石川 恭久(KDD)
         シテ 高橋 春雄(KDD)  ワキ 野口 敦弘  間  善竹 十郎
     笛 一噌 幸政   小鼓 幸 清次郎   大鼓 上条 芳暉
        後見 渡邊 三郎     朝倉 俊樹
          佐藤 良夫(KDD)  中村孝太郎
          白石 邦彦(渡雲会)  亀井 保雄
        地 八角 菊栄(渡雲会)  今井 泰男
           児玉栄太郎(KDD)  近藤乾之助
           東川 光夫      當山 孝道
●源頼朝概説         
頼朝を登場させる曲として「七騎落」「大仏供養」「調伏曽我」があるがいずれもツレ役である。しかし頼朝の名は多くの曲に謡われているので、他の曲にふさわしいものを除き、頼朝および頼朝周辺に登場する人物に関係する古蹟をここで取り上げてみようと思う。 参考までに系図を掲げる。

 為義 ┬ 義朝  ┬ 義平
    │    ├ 頼朝 ───┬ 頼家 ┬ 一幡
    │    ├ 範頼    ├ 実朝 ├ 公暁
    │    ├ 全成(今若)└ 大姫 └ 竹御所
    │    └ 義経(牛若)   ‖
    └ 義賢 ─ 義仲 ──── 義高

●頼朝生誕から伊豆配流まで      (平8・4高橋春雄記)
     頼朝生誕地、頼朝産湯の池、頼朝生誕地の碑 名古屋市熱田区白鳥 誓願寺
頼朝は熱田神宮の大宮司藤原季範の娘由良御前を母とし、義朝の第三子として久安3年(1147)出生した。熱田神宮から大きな道を一つ隔てた白鳥町に誓願寺があるが、ここは宮司藤原氏の別邸跡といわれる。由良御前は義朝の正室となり、身ごもって熱田の実家に帰り、この別邸で頼朝を生んだといわれる。寺の門に左側には「右大将頼朝公誕生旧地」の碑、寺の境内には頼朝産湯の池、頼朝誕生地の碑が残されている。

●池の禅尼の塚  愛知県野間町 野間大坊
頼朝13歳の時平治の乱が勃発、父義朝に従って出陣するが敗れて敗走する。途中伊吹山の吹雪で一行に遅れ、平家の手に捕らえられた。危うく死罪になるところを清盛の継母池の禅尼の口添えで助命され伊豆に流された。ここで父の一行に遅れなければ、兄の朝長や、父の義朝と同じ運命を辿ることになったかも知れない。 池の禅尼の塚が頼朝の父義朝と同じく野間大坊の一隅にささやかに祀られている。頼朝が父を弔った時、池の禅尼(平 清盛の義母)を供養して立てたものと言われる。

●八重姫と千鶴丸の悲話(伝説)   
頼朝が伊豆に流されたとき、最初にこれを預かったのが、伊東祐親であるとも言われている(伊東祐親については「小袖曽我」参照)。韮山の蛭が小島へ移るのは後のことで、伊東祐親は自分の舘から程遠くない所に、頼朝を住まわせたと見られる。祐親の舘は現在の伊東市の物見塚公園から東林寺のある一帯が中心的な場所と考えられているので、頼朝も先ずは伊東の地に住んだこととなる。
このような状況のもとで伊東祐親の三の姫である八重姫と、流人の頼朝が結ばれることとなった。

●私の能楽メモ(二〇〇三年)
 北陸地方は今が桜の盛りです。きょうは石川県立能楽堂へ金沢定例能を見に行きましたが、ちょうど演目に「嵐山」がありました。吉野から移植された京の嵐山の桜を、吉野の神々が守護し、あわせて衆生・国土を守ると誓いつつ舞を舞うという物語で、雲に見まがう満開の桜の嵐山を背景に、木守・勝手の男女二神が華やかな相舞を見せた後、蔵王権現が現れてダイナミックな所作を見せます。本日のもうひとつの演目「加茂物狂」における怨恨昇華の玄妙な舞のような深みはありませんが、まことに見て楽しい舞台でした。嵐山の満開の桜の幻影が消えやらぬままに通りに出ると、兼六園と金沢城の間のお堀通りや白鳥路も桜のアーチで覆われ、小生は引き続き能舞台の夢の中にいるような心持ちでした。   満開の桜の幻影    
平成一五(二〇〇三)年四月一三日

(平成22年5月21日 あさかのユーユークラブ 謡曲研究会)


            七騎落             

          七騎落(しちきおち)  外十二巻の二  (太鼓なし)
         季 秋      所 伊豆海上の船中  素謡時間 40分
  【分類】四番目二番目 (    )
  【作者】         典拠:
  【登場人物】 シテ:土肥次郎実平  ツレ:源頼朝  ツレ:岡崎義実
           ワキ:和田義盛  子方:土肥遠平  立衆:田代以下四人

          詞 章                     (胡山文庫)
    次第
シテツレ立衆上 身は捨小舟恨みても。/\。かひなきや憂き世なるらん。
頼朝    詞「これは兵衛佐頼朝とは我が事なり。偖も昨日土肥の杉山の合戦に或いは討たれ。
         又はちりじりになりて候。余りに無勢に候ふ程に。
         一先西国の方へ開かばやと存じ候。如何に土肥の次郎実平やある。。
シテ    詞「御前に候。
頼朝    詞「余りに味方無勢なれば。一先西国方へ開かうずるにてあるぞ。
         舟を申しつけ候へ。
シテ    詞「畏つて候。早とくより御船を用意致させて候。軈て召されうずるにて候。
頼朝    詞「いかに実平。
シテ    詞「御前に候。
頼朝    詞「この度船中に供したる人敷はいか程あるぞ。
シテ    詞「さん候唯七騎御座候。
頼朝    詞「さては頼朝までは八騎よな。
シテ    詞「さん候
頼朝    詞「思ひいだしたる事あり。祖父為義奥州へ開きし時も主従八騎。
         父義朝江州へ落ち給ひしも主従八騎。思へば不吉の例なり。
         実平計らひて舟より一人おろし候へ。
シテ    詞「畏つて候。
   カカル上 実平仰承り。船のせがひに立ち上り。御供の人数を見渡せば。まづ一番には。
立衆    上 田代殿。
シテ    上 さて二番には
立衆    上 新開の次郎。
シテ    上 また三番は
立衆    上 土屋の三郎。
シテ    上 四番は
立衆    上 土佐坊五番には。
シテ    上 実平候六番には。
遠平    上 同じき遠平。
シテ    上 艫板には。
岡崎    上 義実あり。
地     上 此人々は君のため。/\。龍門原上の土に屍をば晒すとも。
         惜しかるまじき命かな。いづれを選び出さんと。さしもの実平思ひかね。
         赤面したるばかりなり/\。
頼朝    詞「いかに実平。
シテ    詞「御前に候。 
頼朝    詞「何とて遅きぞ急いでおろし候へ。
シテ    詞「畏つて候。いかに岡崎殿に申し候。  
岡崎    詞「何事にて候ぞ   
シテ    詞「君よりの御錠にて候御船より御下り候へ。
岡崎    詞「何と某に御船より下りよと候ふや。
シテ    詞「なか/\の事。
岡崎    詞「某船中一の老体なれば。かひがひしき御用にも立つまじき者と。
         思し召し限つて御申し候か
シテ    詞「いやさやうにては無く候。艫板に御座候へば。陸の近さに申し候ふ。
岡崎    詞「げに面白くものべらたり。所詮此船中に。
         命二つ持ちたらんずる者を御船より下され候へ。
シテ    詞「これは珍しき事を承り候ふ物かな。それ人は生ずるより死するまで。
         命をば一つこそ持ちて候へ。二つ持ちたる例は未だ聞かず候。
岡崎    詞「さん候我等きのふまでは命を二つ持ちて候ふを。
         はや一つの命をば我が君に参らせ上げて候。
シテ    詞「其いはれは候。
岡崎    詞「子にして候ふ真田の余一義忠は。君より副将軍を賜はり。
         きのふ石橋山の合戦に俣野と組んで討たれぬ。
         されば親子は一所。一所は二つの命ならずや。見申せば土肥殿こそ。
         親子一処に御座候へ。御分残つて遠平をおろすか。
         遠平をおろして御分残るゝか。親子に一人おりられ候へ。
シテ    詞「余りの道理に物なのたまひそ。いかに遠平。
         君よりの御諚にてあるぞ御舟より下り候へ。
子方    詞「某幼く候へども。君の御大事に立たん事。御船よりは下りまじく候。
シテ    詞「これはこざかしき事を申す者かな。君の御為父が命にては無きか。
         御船より下り候へ。
子方    詞「いや君の御為父の命をば背くとも。御船よりは下りまじく候。
シテ    詞「日本一の大胆者。それならば人手には掛けまじいぞ。
岡崎    詞「ああ暫く。これは君のおん門出なるに。誤りたるか実平。
シテ    詞「いづくまでも某が誤りて候。所詮おりまじきと申す者をおろさんより。
         某おりて君を代に立て申そう。
子方    詞「なうなう某御船より下りやうずるにて候。
シテ    詞「何と下りようずると申すか。
子方    詞「さん候。
シテ    詞「今こそ某が子にてあれ。あれを見よ敵大勢追つかけたり。
         あの中にわつて入り。尋常に討死し。名を後代に揚げ候。
         父も名残りは惜しいぞとよ。
   カカル上 かくて遠平下し置き。実平御船に参りければ。
立衆    上 ゆゝしく見ゆる実平かなと。互の心を思ひやり。親子の別いたはしや。
子方    上 父の別れは申すにおよばず。君を始め参らせて。皆人々に御名残こそ惜う候へ。
地      上 かの松浦佐代姫が。/\。唐船を慕ひ侘びて。渚にひれ伏しゝありさまも。
         今遠平が親と子の。別にかはらじと。みな涙をぞ流しける。
子方    上 契ほどなき早船を。暫しとだにも云ひあへず。跡を見おくりたゝずめば。
地      上 はや遠ざかる浦の波。立ち別れゆく有様を。
子方    上 余の人々は心して。
地      上 あはれみあへる。
シテ    上 船の内に。
地      下 実平はひたすらに。弱気を見えじとて。なか/\かへりみおきもせで。
         心強くも行く跡に。敵大勢見えたりすはや遠平は討たるゝかと。
         頼朝もあはれみ陸を見給へばさすがげに。恩愛の。
         契も唯今を限ぞと思ひ実平は。磯辺にむかひ人知れず。
         こゝろのままならばあはれ遠平と一処に。討死せばやとあこがれて。
         飛び立つばかりに思ひ子の別れぞあはれなりける/\。
ワキ 一セイ上 弓張月の西の空。行くへ定めぬ。船路かな。
ワキ    詞 「あれに見れば大船一艘浮かめり。いそぎあの舟におしつけ候へ。
シテ    詞 「あれを見れば小船一艘浮かめり。そも誰人の船やらん。
ワキ    詞 「われもそなたの舟影を。怪しく重ひ休らふなり。そも誰人の舟やらん。
シテ    詞 「これは土肥の次郎実平が乗りたる舟にて候。
ワキ    詞 「さては心安う候。是こそ和田の小太郎義盛が乗りたる船候よ。
シテ    詞 「偖何とてこれまでは御出でにて候ぞ。
ワキ    詞 「内々申し通ぜし如く。御味方のために参りて候。  
シテ    詞 「これは内々申し合はせたる事の候ふ間。まずたばかつて心を見ばやと存じ候。
         いかに和田殿へ申し候。面目もなき事の候。
ワキ    詞「そも何事にて候ぞ
シテ    詞「きのふの暮ほどより我が君を見失ひ申し。斯様にうかれ船となりて候。
ワキ    詞「何と君は其御船に御座なきと候ふや。
シテ    詞「中々の事。
ワキ    詞「言語道断不運の次第かな。われ味方をば忍びいで。
         月日とも頼み奉る頼朝にさへ離れ申す。命ありてもなにかせん。
         自害をせんと思いつつ。腰の刀に手をかくる。
シテ  カケ詞「あゝ暫く。君は此船に御座候。
ワキ    詞 「さては某が心を御覧ぜん為候な。
シテ    詞 「いやその儀にてはなく候。幸陸近う候ふ程に。其船を陸に寄せられ候へ。
         あれにて御対面候へ。
ワキ    詞「心得申し候。
シテ    詞「いかに和田殿御前にて候。
ワキ    詞「今は我が君を拝み奉り安堵仕りて候。いかに土肥殿に申し候。
         何とて御子息遠平は御入り候はぬぞ。
シテ    詞 「さん候さる仔細候ひて。遙かの陸に残し置きて候。
ワキ    詞 「始めよりかくと申したくは候ひつれども。
         余りに某に心を尽させられ候ふ其返報に。今迄はかくとも申さぬなり。
         いで土肥殿に引出物申さんと。隠し置きたる船底より。
         遠平を引立て見せければ。
シテ カカル上 其時実平あきれつゝ。
地     上 夢か現かこはいかにとて。覚えず抱き付き泣き居たり。
シテ    詞「偖彼の者をば何として召し連れられて候ふぞ。
ワキ    詞 「さん候。これまで伴ひ申し上げうずるひた候。
         さても昨日石橋山の合戦に破れしかば。大庭が手勢君を討ち奉らんと。
         大勢渚に追いかけたり。某も一処に討つて出でしに汀を見れば。
         引きかねたる若者一騎ひかへたり。某駒かけよせて。
         見れば御子息遠平なり。急ぎ馬より飛んで下り。
         生捕る体にもてなし船底に取っていれ。味方の腎を忍び出で。
         これまで伴ひ参りたり。なんぼう土肥殿に義盛は忠の者にて候はぬか。
シテ    詞「御芳志とも中々愚かなり。又唯今涙の流れ候を。
         さぞ人々のをかしう思し召すらん。さりながら。
       下 嬉し泣の涙は
地     下 嬉し泣の涙は。何か包まん唐衣。日も夕暮になりぬれば。月の盃とり%\に。
シテ    上 主従ともに悦の。
地     上 心うれしき酒宴かな。
ワキ    詞 「いかに実平。余りにめでたきをりなれば一さし御舞ひ候へ。
シテ    上 心うれし。き酒宴かな。
               男舞
地   キリ上 かくて時日を廻らさず。/\。西国の兵馳せ参ずれば。
         ほどなく御勢二十万騎になり給ひつゝ。
         たなごころにて納め給へる此君の御代の。
         めでたきはじめも実平正しき忠勤の道に入ル/\。弓矢の家こそ久しけれ。


あさかのユーユークラブindexページに戻る

郡山の宝生流謡会のページに戻る

このページのトップに戻る

謡曲名寄せに戻る