宝生流謡曲  竹生島

●あらすじ
延喜の聖代に仕える臣下が竹生島参詣に出かけて琵琶湖畔に着くと、老人と若い女が乗った舟があったので、同乗させてもらう。湖上の春景色を眺めている内に、舟は竹生島に着く。女が降りるを見て、臣下はこの島は女人禁制と聞いていると不審顔をするが、老人は、島に祭られている弁才天は女体の神であり、それは知らない人が言ったことであろうと教え、島の由来を語った後、自分たちは実は人間でないことを明かし、女は社檀の中に着え、老人は波間に姿を消す。(中入)
臣下が待っていると、社檀がゆるぎ、光り輝く姿の女体の弁才天が姿を表して舞を舞います。やがて湖上の波が荒れたかと思うと龍神が現れ、光り輝く金銀珠玉を臣下に捧げて、衆生済度の誓いを表して水中の龍宮に飛んで消え失せる。

●宝生流謡本    内六卷の二    脇能(太鼓あり)
    季節=春   場所=近江国竹生島  稽古順=平物  素謡時間=30分
    素謡座席順    ツレ=前・女 後・弁財天
                シテ=前・漁翁 後・龍神
                ワキ=臣下
  
●解 説 竹生島
延喜帝(第60代醍醐天皇)の臣下が、竹生島の弁才天の社に詣でようと、琵琶湖にやって来ます。臣下は、湖畔で出会った老いた漁師と若い女の釣り舟に便乗し、湖に浮かぶ竹生島を目指します。湖春のうららかな景色を眺めるうちに竹生島へ着き、老人は臣下を社に案内します。連れの女も一緒に来たので、臣下は老人に、竹生島は女人禁制ではないのか、と問いかけます。するとふたりは、竹生島は女体の弁才天を祀り、女性をお隔てにならないと返し、島の由来を臣下に語り聞かせます。その後女は、自分は人間ではないと明かして社の御殿に入り、老人は湖の主であると告げ、波間へ消えていきました。
 臣下が社人に宝物を見せてもらい、時を過ごしていると、御殿が鳴動し、光輝く弁才天が現れます。壮麗な天女の姿で、弁才天が夜の舞楽を奏するうちに、やがて月が湖上に澄み輝く頃を迎え、湖中より龍神が現れました。龍神は金銀珠玉を臣下に捧げ、祝福の姿を表します。そして、ある時は天女となって衆生の願いをかなえ、ある時は下界の龍神となって国土を鎮めるのだ、と衆生済度の誓いを現した後、天女は社殿に入り、龍神は湖水の波を蹴立て、龍宮のなかへ飛び入りました。
 竹生島は、琵琶湖の北に浮かぶ小さな島です。緑豊かなこの島は、古代から神域とされ、5世紀頃にはすでに神社がありました。その後、水に縁の深い弁才天が祀られ、人々の篤い信仰を集めるようになります。この竹生島を点景とする湖水の、風光明媚なさまは、山を隔てた都人からも讃えられ、親しまれてきました。能では、そんな竹生島と琵琶湖の醸す、ゆったりと穏やかな春の景色のなかで、清々しい神の物語が展開されます。
 前半からテンポ良く軽やかに一曲が運ぶなか、後半に天女の舞、龍神の舞働などの見どころも配されています。あっさりとした爽やかさに包まれ、うららかな春の雰囲気を感じて、気持ちの明るくなる能のひとつです。         
竹生島www.the-noh.com/jp/plays/data/program_027.htmlヨリ

●参考 竹生島
竹生島の位置  座標 北緯35度25分24秒 東経136度08分37秒  面積 0.15km2
海岸線長 2km   最高標高 197m  所在海域 琵琶湖 所属国・地域 日本・滋賀県
地理的概要は、葛籠尾崎の南約2キロメートルに位置し、滋賀県長浜市(旧・東浅井郡びわ町)に属する。全島が針葉樹で覆われており、琵琶湖八景(深緑)のひとつにも数えられる。島の周辺は深く、西側付近は琵琶湖最深部 (104.1m) である。 竹生島には定期船が発着する港が島の南側に一箇所あり、数店の土産物店と寺社はそこからすぐの所にある。寺社関係者ならびに店舗従業員はいずれも島外から通っているため、無人島となっている。
(湖底遺跡)北の葛籠尾崎との間には湖底遺跡があり、水深70メートルほどの湖底から多数の土器が引き揚げられている。この土器は非常に古く、且つ時代の幅も大きいもので、縄文時代早期から弥生時代、果ては中世にまで及ぶと考えられている。このような遺跡は世界でも類がなく、沈積原因は今なお大きな謎に包まれている。 歴史としては 古来、信仰の対象となった島で、神の棲む島とも言われる。南部には都久夫須麻神社(竹生島神社)、宝厳寺(西国三十三箇所三十番)がある。竹生島神社は、明治の神仏分離令に際して弁才天社から改称した。竹生島は神仏一体の聖地であったことから、分離の際には少なからず混乱があったようである。竹生島弁才天は相模の江島神社、安芸の厳島神社と並んで日本三大弁天のひとつに数えられる。 戦国期には、近江国小谷城主であった浅井久政(浅井長政の父)が、長政への家督委譲を目論む家臣団によって一時的にこの島に幽閉され、隠居生活を強要された。 近代には宗教家の大石凝真素美が琵琶湖の竹生島は人類発祥の地であると主張した。 (『大石凝真素美全集』1923年、国華社)。

●竹生島成因の伝承
多多美比古命(伊吹山の神)が、姪で浅井岳(現在の金糞岳)の神である浅井姫命と高さを競い、負けた多多美比古命が怒って浅井姫命の首を切り落とした。その首が琵琶湖に落ちて竹生島が生まれたという。金糞岳(標高1317m)は滋賀県2位の高峰で、最高峰の伊吹山(標高1377m)は、竹生島の高さを差し引くと本当は2番目だったというわけである。竹生島神社には浅井姫命も祀られている。 竹生島は古くから信仰の対象とされた事から、能の演目や平曲や近世邦楽の楽曲でも取り上げられている。
竹生島の歌曲
能 『竹生島』(脇能物の荒神物)      平家琵琶(平曲) 『竹生島詣』
地歌・箏曲   1.『竹生島』(菊岡検校作曲、八重崎検校箏手付)
2.『竹生島』(山田流箏曲・千代田検校作曲)
一中節 『竹生島』(二世宇治倭文作曲)  長唄 『竹生島』(11代杵屋六左衛門作曲)
常磐津節 『竹生島』(五世岸沢古式部作曲)

●カワウによる糞害
人が往来する場所は島の南の一部に限られており、それも定期船が発着する港と、そこからすぐの所にある数店の土産物店と寺社に集中している。終日無人の北部にはカワウの大規模なコロニーが形成されている。その数は約2万羽にも達し、糞害[1]により木々のほとんどを枯死させるという景観被害を及ぼしている。今日では「緑樹陰沈んで」と観世流謡曲で謡われた在りし日の竹生島の姿を見ることはできない。水質の汚染も北側で特に顕著。近年では南側にも糞害の影響は及び始めている。 このような深刻な状況に滋賀県も対策に乗り出し、営巣妨害のために樹木にロープを張ったり、爆音機や目玉風船による威嚇といったことがなされ始めた。また、2004年度からは有害鳥獣駆除が実施され、もうひとつの滋賀県内での主要なカワウ営巣地である近江八幡市の伊崎半島地区と合わせて年間1万羽以上が駆除されている。 2007年6月2日には、安倍晋三総理大臣が嘉田由紀子県知事らとともに長浜港より竹生島へ向かい、カワウの被害を視察している。 2008年度、滋賀県は銃器による駆除を見合わせたが、その結果、生息数が約6万羽に激増。2009年には駆除の再開を余儀なくされた。

(平成22年6月18日 あさかのユーユークラブ 謡曲研究会)


                   竹生島        脇能 (太鼓あり)  

        ツレ 前=女 後=弁才天        
        シテ 前=漁翁 後=龍神          季 春
        ワキ 臣 下                   所 近江国竹生島


ワキ    「竹に生るる鶯の。竹に生るる鶯の竹生島詣で急がん
ワキ詞  「抑も是は延喜の聖代に仕えたてまつる臣下なり。
      さても江州竹生島の弁才天は。霊神にて御座候間。この度君に御暇を申し。
      唯今竹生島に参詣仕り候。
      「四の宮や河原の宮井末はやき。河原の宮井末はやき。
      曇らぬ御代に逢坂の関の宮井を伏し拝み。山越え近き志賀の里。
      島の浦にも着きにけり島の浦にも着きにけり。
シテ   「面白や頃は弥生の半なれば。波も浦等に海の面。
ツレ   「霞み渡れる朝ぼらけ
シテツレ 「長閑に通う船の道。うき業となき。心かな。
シテ   「これは此の浦里に住み馴れて。明け暮れ運ぶうろくずの。
シテツレ 「数を尽くして身ひとつを。助けやすると侘び人の。
      隙も波間に明け暮れて。世を渡るこそ。物うけれ。
   下歌「よしよし同じ業ながら世にこえたりなこの海の
   上歌「名所多き数々に
ツレ    「名所多き数々に
シテツレ 「裏山かけてながむれば。志賀の都花園むかしながらの山桜。
      真野の入江の船よばい。いざ漕ぎ寄せて言問わんいざ漕ぎ寄せて言問わん
ワキ詞  「いかにこれなる舟に便船もうそうなう
シテ詞  「これは山田矢橋の渡し舟にてもなし。御覧候え海士の釣船にて候程に。
      便船はかない候まじ
ワキ詞  「こなたも釣船と見て候えばこそ便船とは申せ。これは竹生島に始めて参詣の者なり。
      「誓いの舟に乗るべきなり
シテ詞  「けにけに此の島は霊地にて。歩みを運び給う人を。
      いなと申さば御心にも違い。又は神慮もはかりがたし。
      「さらばお舟を参らせん
ワキ    「嬉しやさては誓いの舟。法の力と覚えたり
ツレ    「今日は殊更長閑にて。心にかかる風もなし
地下   「なこそさざ波や志賀の浦にお立ちあるは都人かいたはしや。
      お舟に召されて浦々を眺め給えや
地上   「所は海の上。所は海の上。国は近江の江に近き。山々の春なれや花はさながら白雪の。
      ふるか残るか時知らぬ。山は都の富士なれや。程さえかえる春の日に。
      比良の嶺おろしや吹くとても。沖漕ぐ舟はよもつきじ。旅のならいの思わずも。
      雲居の余所に魅し人も。同じ舟になれ衣うらをへだててゆくほどに。
      竹生島も見えたりや
シテ   「緑樹影沈んで 
地上   「魚木に登る気色あり。 
      月海上に浮かんでは 兎も波を奔るか 面白の島の景色や」
シテ詞  「舟が着いて候御上り候え
ワキ詞  「心得申し候
シテ詞  「竹生島え御参り候わば御道しるべ申し候べし
ワキ詞  「あら嬉しやさらば御供申そうずる候
シテ詞  「此方え御入り候え。これこそ竹生島の弁才天にて候えよくよく御拝み候え
ワキ詞  「承り及びたるよりもいやまさりて有難う候。ふしぎやな此の島は。
      女人禁制とこそ承って候に。あれなる女人は何とて参られて候ぞ
シテ詞  「仰せはさる事にて候えども。忝なくも九生如来の虚空再誕にして。
      しかも広大無辺なれば。殊更女人こそ参るべけれ。
ツレ    「のうそれまでもなきものを
地上   「辯才天は女神にて。辯才天は女神にて。其の神徳もあらたなる。
      天女と現じおわしませば女人とて隔てなし唯知らぬ人の言葉なり
   クセ「かかる悲願を起こして。正覚年久し。
      獅子通王の古えより利生更に怠らず
シテ   「げにげにかほど疑いの
地上   「あら磯島の松陰を便りに寄する海士小舟。我は人間にあらずとて。
      社檀の。扉を押し開き。御殿に入らせ給いければ。翁も水中に。
      入るかと見しが白波の立ち還り我は此の海の。主ぞと言い捨てて又波に入らせ給いけり。
地上   「御殿頻りに鳴動して。日月光り輝きて。
      山乃端出ずる如くにて。現れ給ふぞ。かたじけなき
      辯才天 「そもそもこれハ。この島に住んで神を敬ひ國を守る。
      胎蔵界の。辯才天とハ我が事なり
地上   「その時虚空に音楽聞え。花降り下る春の夜乃。
      月にかかやく少女の袂。返す返すも。おもしろや
地上   「夜遊の舞楽も時過ぎて。夜遊の舞楽も時過ぎて。月すみ渡る海づらに。
      波風頻りに鳴動して下界の龍神現れたり
地上   「龍神湖上に出現して。龍神湖上に出現して。
      光りもかかやく金銀珠玉を彼のまれひとに。
      捧ぐる気色有難かりける。奇特かな。
シテ下  「元より衆生。済度の誓ひ。
地 下  「元より衆生。済度の誓ひ。様々なれば。
      或ひハ天女乃形を現じ。有縁の衆生の諸願を叶へ。
      又ハ下界乃龍神となつて。国土を鎮め。誓ひを顕し。
      天女ハ龍宮に入らせ給へば。龍神ハ乃ち湖水に飛行して。
      波を蹴立て。水を覆して天地にむらがる大蛇の形ハ。
      龍宮に飛んでぞ。入りにける