鉢 木 (はちのき)

●あらすじ
上野国の佐野あたりを僧が旅をしていると、雪がひどくふってきたので、通りがかりの家に一夜の宿を借りようとします。その家の妻は主人が不在だからと断ります。そこへ主人が帰ってきますが、貧しい家だから、と一度は断ります。しかし、妻のすすめもあり、雪の中を去っていく僧を追いかけ、呼び戻します。二人は他には何もないけれどと、粟の飯を炊き、秘蔵の鉢の木を切って火を焚いて僧をもてなします。僧が主人に名を訪ねると、佐野源左衛門常世と名乗り、一族の者に領地を横領されて今は零落していても、「いざ鎌倉」という時には、古びた武具に痩せ馬であろうとも、一番に駆けつける用意があると語ります。僧は立ち去ります。 やがて最明寺(北条)時頼に仕える者が関東八州の大名小名は鎌倉に集まるように触れて回ります。それを聞いた常世も痩せ馬に乗って馳せ参じます。時頼は集まった武士の中から千切れた具足、錆びた薙刀、痩せた馬に乗った武士を連れてくるように命じます。呼び出された常世に時頼は自分は過日の僧であることを告げ、その忠誠を褒め、取られた領地を返し、また火にくべた鉢の木の礼にと鉢の木にちなんだ梅田・桜井・松井田の三カ所の荘を与えます。常世は痩せ馬の上で胸をはり、喜び勇んで、本領の佐野へと帰っていくのでした。

●宝生流謡本      内三巻の四       四番目二番目     (太鼓なし)
    季節=冬    場所=前・上野国佐野 後・相模国鎌倉   作者=世阿弥
    素謡稽古順=中序   素謡時間=65分 
    素謡座席順   ツレ=常世の妻
               シテ=前後・佐野源左衛門
               ワキ=前・旅僧 後・北条時頼

●参 考                    能楽の淵 is proudly powered by WordPress
 舞もなく地味ですが、ストーリーはとてもわかりやすいです。お客のために燃やしちゃうぞ、と言いながらも大切にしていた鉢の木、名残り惜しんで思い出を語り、ためらう常世さんが人間くさくて好きです。でも忠誠心に厚い常世さんも偉いですけど、本当に偉いのはお客さんを断った常世さんを思いとどまらせた妻ではないかと思います。これぞ妻の鏡! 妻以外は現実の男性なので、直面です(面を掛けません)。なので、好きな能楽師さんがおシテの時はとてもうれしい演目だったりします。(お装束が質素なのが残念?) ところで初めてこの演目を見た(聞いた)時は素謡だったため、「盆栽燃やしても火の足しになるかな?(生木だし)」なんてくだらないことを考えていたのですが、その後作り物を見て納得(雪のかぶった松の作り物が出ます)。「盆梅展」などに行った折に見ても、1メートル越えの梅の鉢もあるようで(写真のはあまり大きくないですね^^;)、でもそれだけ大きくするには本当に大変な労力と時間がかかるわけで、改めて常世さんの決心の重さを感じたのでした。 


            北条時頼(最明寺)関係謡曲 2曲
                                        小原隆夫調べ
 コード   曲 目      概          説           場 所   季節  素謡  習順
内03巻4 鉢  木 佐野源左衛門ノ雪夜ニ摂持ト本領安堵    神奈川   冬   55分  中序
外16巻2 藤  栄 最明寺時頼芦屋ノ領主ヲ正す          兵庫    春   35分  入門


●解 説   壺 齋 閑 話
能「鉢木」は、鎌倉幕府五代執権北条時頼の廻国伝説に託して、武士の意地を描いたものだ。
雪の降り敷く寒い日に、僧侶に扮した時頼が落ちぶれた武士(佐野常世)の家に一夜の宿を借りると、常世は粟飯を差し出し、大事にしていた鉢の木を焚いてもてなす。そして今は落ちぶれてはいるが、武士の意地を忘れてはいない、いざ鎌倉というときには、老体に鞭打って一番駆けをするという。 鎌倉に戻った時頼は、諸国の大名小名に鎌倉参集を命ずる。すると常世は破れた具足を身につけ、老いぼれた馬にまたがって真っ先に鎌倉に駆けつける、それを見た時頼は、常世をまことの武士とたたえ、所領を安堵するという筋書きだ。 この筋書きからわかるように、水戸黄門伝説によく似ている。徳川時代には、時頼の廻国伝説が大いに人気を博し、なかでもこの鉢木の物語は最も人気があった。 しかし能としては、いささか常道を外れたつくりになっている。舞やかけりといった、能にとって本質的な要素が欠けている。そのかわり、シテとワキが延々とした会話を交わす。会話がすべてだといってよいほどだ。その意味で近代的な演劇に通じるものがある。
会話主体の能としては、俊寛や景清が思い浮かぶが、鉢木はそれ以上に会話劇といってよい。シテが一貫して直面で通すことも、この能の会話劇としての性格を強めているといえる。 テクストも普通の能作品に比較して倍ほどもある。構成は前後に分かれているが、複式無限能と異なり、二つの場面は時間的に連続したものとして扱われる。中入りはあるが、断絶はしていないわけである。 前段では、時頼は旅の僧侶、常世は落ちぶれた老人として現れ、後段では、時頼は鎌倉殿、常世は老いた武士として現れる。 

●北条時頼              
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北条 時頼(ほうじょう ときより)は、鎌倉時代中期の鎌倉幕府第5代執権(在職:1246年 - 1256年)である。北条時氏の次男で、4代執権北条経時の弟。8代執権北条時宗の父。 幼い頃から聡明で、祖父泰時にもその才能を高く評価されていた。12歳の時、三浦一族と小山一族が乱闘を起こし、兄経時は三浦氏を擁護したが、時頼はどちらに荷担することもなく静観し、経時は祖父泰時から行動の軽率さ、不公平を叱責され、逆に静観した時頼は思慮深さを称賛されて、泰時から褒美を貰ったというエピソードが『吾妻鏡』に収録されている。しかし、『吾妻鏡』の成立年代を鑑み、この逸話は時頼を正当化する為に作られた挿話の可能性があることが指摘されている。兄経時の病により執権職を譲られて間もなく、経時は病死した。このため、前将軍藤原頼経を始めとする反北条勢力が勢い付き、寛元4年(1246年)5月には頼経の側近で北条氏の一族であった名越光時(北条義時の孫)が頼経を擁して軍事行動を準備するという非常事態が発生したが、これを時頼は鎮圧するとともに反北条勢力を一掃し、7月には頼経を京都に強制送還した(宮騒動)。これによって執権としての地位を磐石なものとしたのである。 翌年、宝治元年(1247年)には安達氏と協力して、有力御家人であった三浦泰村一族を鎌倉に滅ぼした(宝治合戦)。続いて千葉秀胤に対しても追討の幕命を下し、上総国で滅ぼした。これにより、幕府内において北条氏を脅かす御家人は完全に排除され、北条氏の独裁政治が強まる事になった。一方で六波羅探題北条重時を空位になっていた連署に迎え、後に重時の娘・葛西殿と結婚、時宗、宗政を儲けている。 建長4年(1252年)には第5代将軍藤原頼嗣を京都に追放して、新たな将軍として後嵯峨天皇の皇子である宗尊親王を擁立した。これが、親王将軍の始まりである。 しかし時頼は、独裁色が強くなるあまりに御家人から不満が現れるのを恐れて、建長元年(1249年)には評定衆の下に引付衆を設置して訴訟や政治の公正や迅速化を図ったり、京都大番役の奉仕期間を半年から3か月に短縮したりするなどの融和政策も採用している。さらに、庶民に対しても救済政策を採って積極的に庶民を保護している。家柄が低く、血統だけでは自らの権力を保障する正統性を欠く北条氏は、撫民・善政を強調し標榜することでしか、支配の正統性を得ることができなかったのである。

(平成24年12月21日 あさかのユーユークラブ 謡曲研究会)


      鉢 木 (はちのき)

舞台にはまず、シテツレ(常世の妻)が現われ、ついでワキの僧侶が現れる。(以下テクストは「半魚文庫」を活用)

ワキは時頼の仮の姿、諸国を歩く旅の僧侶に設定されている。その僧侶が雪催いの空の下で、一軒の家に宿を乞う。

ワキ次第 「行方さだめぬ道なれば。行方さだめぬ道なれば。来し方も何くならまし。
    詞「是は一処不住の沙門にて候。我此ほど信濃の国に候ひしが。
      余りに雪深くなり候ふほどに。まづ此度は鎌倉に上り。
      春になり修行に出でばやと思ひ候。
   道行「信濃なる。浅間の嶽に立つ煙。浅間の嶽に立つ煙遠近人の袖寒く。
      吹くや嵐の大井山捨つる身になき友の里。今ぞ浮世を離坂。墨の衣の碓氷川。
      下す筏の板鼻や。佐野の渡に。着きにけり佐野の渡につきにけり。
    詞「急ぎ候ふほどに。上野の国佐野の渡に着きて候。あら笑止や又雪の降り来りて候。
      此処に宿を借らばやと思ひ候。いかに此屋の内へ案内申し候。
ツレ   「誰にてわたり候ふぞ。
ワキ   「これは修行者にて候。一夜の宿を御かし候へ。
ツレ   「安き御事にて候へども。主の御留守にて候ふほどに。御宿は叶ひ候ふまじ。
ワキ   「さらば御帰までこれにこれに待ち申さうずるにて候。
ツレ   「それはともかくもにて候。わらはは外面へ出で迎ひ。此由を申さばやと思ひ候。

シテツレは僧侶の申し出を主人のシテに伝えるが、主人はみすぼらしい宿を理由に僧侶の申し出をいったんは断るが、僧侶が困り果てているのを見て、泊めることに同意する。

シテ   「あゝ降つたる雪かな。如何に世にある人の面白う候ふらん。
       それ雪は鵞毛に似て飛んで散乱し。人は鶴〓{しやう}を着て立つて徘徊すと言へり。
       されば今ふる雪も。もと見し雪にかはらねども。我は鶴〓を着て立つて徘徊すべき。
      袂も朽ちて袖せばき。細布衣陸奥の。けふの寒さを如何にせん。
       あら面白からずの雪の日やな。
    詞「あら思ひよらずや。此大雪に何とてこれに佇みて御入り候ふぞ。
ツレ    「さん候修行者の御入り候ふぞ。一夜の御宿と仰せ候ふほどに。
       御留守の由申して候へば。御帰まで御待あらうずるよし仰せ候ふほどに。
       これまで参りて候。
シテ   「さてその修行者はいづくに渡り候ふぞ。
ツレ    「あれに御入り候。
ワキ   「我らが事にて候。いまだ日は高く候へども。
       余りの大雪にて前後を忘じて候ふほどに。一夜の宿を御かし候へ。
シテ   「やすき程の御事にて候へども。余りに見苦しく候ふほどに。御宿は叶ひ候ふまじ。
ワキ   「いや/\見苦しきは苦しからぬ事にて候。ひらに一夜を御かし候へ。
シテ   「留め申したくは候へども。我等夫婦さへ住みかねたる体にて候ふほどに。
       なか/\御宿は思ひもよらぬ事にて候。これより十八町あなたに。
       山本の里とてよき泊の候。日の暮れぬさきに一足もはやく御出で候へ。
ワキ   「さてはしかと御借あるまじいにて候ふか。
シテ   「御痛はしくは存じ候へども。御宿は参らせがたう候。
ワキ   「あら曲もなや。よしなき人を待ち申して候ふものかな。
ツレ   「あさましや我等かように衰ふるも。前世の戒行つたなき故なり。
      せめてはかやうの人に値遇申してこそ。後の世の便ともなるべけれ。
       然るべくは御宿を参らさせ給ひ候へ。
シテ  詞「さやうに思し召し候はゞ。何とて以前には承り候はぬぞ。
       いやいや此大雪に遠くは御出で候ふまじ。某追附き留め申し候ふべし。
       なう/\旅人御宿参らせうなう。余りの大雪に申す事も聞えぬげに候。
      痛はしの御有様やな。もと降る雪に道を忘れ。今ふる雪に行方を失ひ。
       一処に佇みて。袖なる雪を打ち払ひ打ち払ひし給ふ気色。古歌の心に似たるぞや。
       駒とめて袖うちはらふ陰もなし。
     詞「佐野の渡の雪の夕暮れ。かやうによみしは大和路や。三輪が崎なる佐野のわたり。
地  下歌「これは東路の。佐野の渡の雪の暮に迷ひつかれ給はんより。
       見ぐるしく候へど一夜は泊り給へや。
   上歌「げにこれも旅の宿。げにこれも旅の宿。仮初ながら値遇の縁。
       一樹の蔭のやどりも此世ならぬ契なり。それは雨の木蔭これは雪の軒ふりて。
       憂き寝ながらの草枕。夢より霜や結ぶらん。夢より霜やむすぶらん。

客僧を泊めることとしたが、もてなす者もない貧しさに、主人は恐縮し、せめてはと、粟の飯を差出し、また鉢の木を切ってそれをもやし暖を取ろうとする。その様を見て客僧はいたく感じ入る。

シテ   「いかに申し候。お宿は申して候へども。
       何にても候へ参らせうずる物もなく候ふはいかに。
ツレ   「をりふしこれに粟の飯の候ふほどに。苦しからずはまいらせられ候へ。
シテ   「さらば其由申し候ふべし。いかに申し候。御宿をば参らせて候へども。        何にても参らせうずる物もなく候。をりふしこれに粟の飯のあるよし申し候。        苦しからずは聞し召され候へ。
ワキ   「それこそ日本一の事にて候賜はり候へ。
シテ   「なうきこし召されうずると仰せ候。急いで参らせられ候へ。
ツレ   「心得申し候。
シテ   「総じて此粟と申す物は。古世にありし時は。
       歌に詠み詩に作りたるをこそ承りて候ふに。今は此粟をもつて身命を継ぎ候。
       げにや盧生が見し栄花の夢は五十年。その邯鄲の仮枕。一炊の夢のさめしも。
       粟飯かしく程ぞかし。あはれやげに我もうちも寝て。夢にも昔を見るならば。
       慰む事もあるべきに。なう御覧ぜよかほどまで。
地    「住みうかれたる故郷の。松風寒き夜もすがら。寝られねば夢も見ず。
       何思出のあるべき。
シテ  詞「夜の更くるについて次第に寒くなり候。何をがな火に焚いてあて参らせ候ふべき。
       や。思ひ出したる事の候。鉢の木を持ちて候。
       これを切り火に焚いてあて申し候ふべし。
ワキ   「げに/\鉢の木の候ふよ。
シテ   「さん候某世にありし時は。鉢の木に好き数多木を集め持ちて候ひしを。
       かやうの体に罷りなり。いやいや木ずきも無用と存じ。
       皆人に参らせて候さりながら。今も梅桜松を持ちて候。あの雪もちたる木にて候。
       某が秘蔵にて候へども。今夜のおもてなしに。これを火に焚きあて申さうずるにて候。
ワキ   「いや/\これは思ひもよらぬ事にて候。御志はありがたう候へども。
       自然又おこと世に出で給はん時に御慰にて候ふ間。なか/\思ひもよらず候。
シテ   「いやとても此身は埋木の。花咲く世に逢はん事。今此身にてあひ難し。
ツレ    「唯いたづらなる鉢の木を。御身の為に焚くならば。
シテ   「これぞ誠に難行の。法の薪と思し召せ。
ツレ   「しかも此程雪ふりて。
シテ   「仙人に仕へし雪山の薪。
ツレ   「かくこそあらめ。
シテ   「我も身を。
地    「捨人の為の鉢の木切るとてもよしや惜からじと。
       雪打ち払ひて見れば面白やいかにせん。先冬木より咲きそむる。窓の梅の北面は。
       雪封じて寒きにも。異木よりまづ先だてば梅を切りや初むべき。見じといふ。
       人こそうけれ山里の。折りかけ垣の梅をだに。情なしとをしみしに。
       今更薪になすべしとかねて思ひきや。
   クセ「桜を見れば春ごとに。花すこし遅ければ。此木やわぶると心をつくし育てしに。
      今は我のみわびて住む。家桜きりくべて緋桜になすぞ悲しき。
シテ   「さて松はさしもげに。
地    「枝をため葉をすかして。かゝりあれと植ゑ置きし。そのかひ今は嵐吹く。
      松はもとより常磐にて。薪となるは梅桜。切りくべて今ぞ御垣守。
      衛士の焚く火はお為なりよくよりてあたり給へや。

主人のもてなしに感心した客僧は、主人の氏素性を訪ねる。すると主人は、いまはこうして落ちぶれてはいるが、武士としての心得は忘れてはいない、いざ鎌倉というとこには、老体にムチ打って一番に駆けつける所存だと語る。

ワキ  詞「近頃よき火にあたり寒さを忘れて候。
シテ   「御出により我等も火にあたりて候。
ワキ   「いかに申し候。主の御苗字をば何と申し候ふぞ承りたく候。
シテ   「いや某は苗字もなき者にて候。
ワキ   「何と仰せ候ふとも。唯人とは見え給はず候。自然の時の為にて候。なにの      苦しう候ふべき御苗字を承り候ふべし。
シテ   「此上は何をか包み候ふべき。これこそ佐野の源左衛門の尉常世がなれの果にて候。
ワキ   「それは何とてかやうのさん%\の体には御なりさふらふぞ。
シテ   「其事にて候。一族どもに押領せられて。かやうの身となりて候。
ワキ   「なうそれは何とて鎌倉へ御上り候ひて。其御沙汰は候はぬぞ。
シテ   「運の尽くる所か。最明寺殿さへ修行に御出で候ふ上は候。やうにおちぶれては候 へども。
      御覧候へこれに物の具一領長刀一えだ。あれに馬をも一匹つないで持ちて候。
      これは只今にてもあれ鎌倉に御大事あらば。ちぎれたりとも此具足取つて投げかけ。
      錆びたりとも長刀を持ち。痩せたりともあの馬に乗り。一番に馳せ参じ着到に附き。
      さて合戦始まらば。
地    「敵大勢ありとても。敵大勢ありとても。
      一番に割つて入り思ふ敵と寄合ひ打合ひて死なん此身の。此侭ならば徒らに。
      飢に疲れて死なん命。何ぼう無念の事さうぞ。
ワキロンギ「よしや身の。かくては果てじ唯頼め。我世の中にあらんほど。
      又こそ参り候はめ暇申して出づるなり。
シテツレ 「名残をしの御事や。始めはつゝむ我が宿の。          さも見苦しく候へどしばしは留まり給へや。
ワキ   「留まるは名残のまゝならば。さて幾たびか雪の日の。
シテツレ 「空さへ寒き此暮に。
ワキ   「いづくに宿を狩衣。
シテツレ 「今日ばかり留まり給へや。
ワキ   「名残は宿にとまれども。いとま申して。
シテツレ 「御出でか。
ワキ   「さらばよ常世。
シテツレ 「また御入。
地    「自然鎌倉に御上あらば御尋あれ。けうがる法師なりかひ%\しくはなけれども。
        披露の縁になり申さん。御沙汰捨てさせ給ふなといひすてゝ出船のともに名残や。
       をしむらんともに名残や惜むらん。

中入早鼓間 この能には、アイが二人出てくる。そのうちの一人が早打と称されるもので、間狂言を演じる。
鎌倉に戻った時頼が、諸国の大名小名に参集するように触れるのが役目だ。これは、常世が自分のいったことを守るかどうか試すために、時頼が仕組んだ芝居なのである。

後シテ 詞「いかにあれなる旅人。鎌倉へ勢の上るといふは誠か。何おびたゝしく上る。
        さぞあるらん。東八個国の大名小名。思ひ/\の鎌倉入。さぞ見事にて候ふらん。
        白金物打つたる糸毛の具足に。金銀をのべたる太刀刀。飼ひに飼うたる馬に乗り。
       乗替中間きらびやかに。うちつれ/\上る中に。
        常世が常にかはりたる馬物具や打物の。物其ものにあらざる気色に。
        さぞ笑ふらんさりながら。所存は誰にも劣るまじと。心ばかりは勇めども。
        勇みかねたる痩馬のあら道おそや。
地    「急げども。/\。弱気に弱気。柳の糸の。
シテ   「よれによれたる痩馬なれば。地「打てどもあふれども。
       先へは進まぬ足弱車の乗り力なければ負ひかけたり。

後ワキ 詞「いかに誰かある。
ワキツレ 「御前に候。
ワキ    「国々の軍勢どもは皆々来りてあるか。
ワキツレ 「さん候悉く参りて候。
ワキ   「其諸軍勢の中に。いかにもちぎれたる具足を着。さびたる長刀を持ち。
       痩せたる馬を自身ひかへたる武者一騎あるべし。急いで此方へ来れと申し候へ。
ワキツレ 「畏つて候。いかに誰かある。
狂言   「御前に候。
ワキツレ 「君よりの御諚には。諸軍勢の中にちぎれたる具足を着。錆たる長刀を持ち。
        痩たる馬を自身控へたる武者有るべし。急いで尋ねて御前へ参れとの御事にて候。
狂言   「畏つて候。いかに申し候。
シテ   「何事にて候ふぞ。
狂言   「急いで御前へ御参り候へ。
シテ   「何と某に御前へ参れと候ふや。
狂言   「なか/\の事。
シテ   「あら思ひよらずや。定めて人違にて候ふべし。
狂言   「いや/\其方の事にて候。其子細は諸軍勢の中に。
        いかにも見苦しき武者をつれて参れとの御事にて候ふが。
        見申せば其方ほど見苦しき武者も候はぬ程に。さて申し候。急いで御参り候へ。
シテ   「何とたとへば諸軍勢の中に。いかにも見苦しき武者に参れと候ふや。
狂言   「なか/\の事。
シテ   「さては某が事にて候ふべし。畏つたると御申し候へ。
狂言   「心得申し候。

シテ   「げに/\これも心得たり。某が敵人謀叛人と申し上げ。
       御前に召し出され頭を刎ねられん為な。よし/\それも力なし。
       いで/\御前に参らんと。大床さして見渡せば。
地    「今度の早打に。今度の早打に。上りあつまる兵きら星の如く並み居たり。
       さて御前には諸侍。其外数人並み居つゝ。目を引き指をさし笑ひあへる其中に。
シテ   「横縫のちぎれたる。
地    「古腹巻に錆長刀。やう/\に横たへ。わるびれたる気色もなく。
      参りて御前にかしこまる。
ワキ  詞「やあ如何にあれなるは佐野の源左衛門の尉常世か。
       これこそいつぞやの大雪に宿かりし修行者よ。見忘れてあるか。
       いで汝佐野にて申せしよな。今にてもあれ鎌倉に御大事あるならば。
       ちぎれたりとも其具足取つて投げ懸け。錆びたりとも其長刀を持ち。
       痩せたりともあの馬に乗り。一番に馳せ参るべきよし申しつる。
       言葉の末を違へずして。参りたるこそ神妙なれ。先々今度の勢づかひ。
       全く余の義にあらず。常世が言葉の末。真か偽か知らんためなり。
       又当参の人々も。訴訟あらば申すべし。理非によつて其沙汰いたすべき所なり。
       先々沙汰の始めには。常世が本領佐野の庄。三十余郷かへし与ふる所なり。
       又何よりも切なりしは。大雪ふつて寒かりしに。秘蔵せし鉢の木を切り。
       火に焚きあてし志をば。いつの世にかは忘るべき。いで其時の鉢の木は。
       梅桜松にてありしよな。其返報に。加賀に梅田。越中に桜井上野に松枝。
       合はせて三箇の庄。子々孫々に至るまで。相違あらざる自筆の状。
       安堵に取り添へ給びければ。シテ「常世は之を賜はりて。
地      「常世は之を賜はりて。三度頂戴仕り。これ見給へや人々よ。
       始め笑ひしともがらも。これほどの御気色。さぞ羨ましかるらん。
       さて国々の諸軍勢。皆御いとま賜はり故郷へとてぞ帰りける。
シテ    「其中に常世は。
地     「其中に常世はよろこびの眉を開きつゝ。今こそ勇め此馬に。
       うちのりて上野や。佐野の舟橋とりはなれし。本領に安堵して。
       帰るぞうれしかりける。帰るぞうれしかりける。