- SPEC -
形式番号 F97
全高 15.9m
重量 9.5t
ジェネレーター、(出力) 熱核ロケットエンジン(5280Kw)
スラスター総推力 100000Kg
装甲 不明
武装 ビーム・ザンパー×1、バスターガン×1(2つを併せてザンバスターとなる)
   ブランド・マーカー(ビームシールド発生器)×2、シザー・アンカー×2、
   ビームサーベル×2、ヒート・ダガー×2、頭部バルカン砲×2
   バスターランチャー×1、ショットランサー×1
オプション アンチ・ビーム・コーティングマント×1
   
主なパイロット ザビーネ・シャル(機動戦士クロスボーンガンダム)
- 初登場作品 - 機動戦士クロスボーンガンダム(コミックス)
- 解説 -
サナリィがフォーミュラー計画で得たデータを下に
他惑星(木星)用に開発した最新型のMS。その為、形式番号はF97となっているが
宇宙海賊であるクロスボーン・ヴァンガードに譲渡された際にXM-X(不明)と書き換えられている。

本機の最大の特徴は背部のX字に配置されたメインスラスターである。
これは木星圏の高重力に耐えるための工夫で、メインスラスターを様々な角度に
稼動することによって機体制御を行うもので、小型バーニアをくまなく配置し
機体制御したり高機動力を得ようとする今までの考え方を根底から覆すものになっている。
また、コア・ブロック・システムも採用され、パイロットの生存率を高めている。
(ネオガンダムと同じような脱出機構としてのコア・ブロック・システムであり、
 ZZやVのように期待が分離、変形はしない。)

武装は新生クロスボーンの戦闘理念である近接戦闘を重視する為に
斬撃兵装を非常に多く装備している。
肩にビームキャノン兼用の通常のサーベルを二本、脚部に内臓し機体の発する余熱を効率よく
利用するヒートダガーが二本、更にザンバスターを構成する高出力のビーム・ザンパーを持つ。
(本機ではザンバスターとしてではなく、ビーム・ザンパーのみの使用が多かった。)
また、特殊兵装としてA.B.C.マントを装備する。これは宇宙空間では目立つビームシールドの
代役を成すためのものであるが、通常のMSでは機体各所の制御用スラスターの邪魔となって使えない。
X字のメインスラスターで機体制御までもをこなす本機ならではの装備である。

本機は武装とカラーリング、アンテナの形状が異なる3機が試作されたうちの一号機で
後にコアブロックシステムを廃止した改修がなされた。
最初は新生クロスボーン軍の主戦力として木星帝国と戦い多大なる戦果を上げたが
パイロットのザビーネ・シャルの寝返りにより木星帝国の所属となり暗躍したが
最後はキンケドゥ・ナウの手でザビーネごと葬り去られた。

戻る