キューケンホフ公園(KeuKenhof)1949〜2009 オランダ政府観光局HPより
キューケンホフ公園の歴史 公園の敷地は15世紀の頃は狩場となっていました。当時、ヤコバ・フアン・バイエルン城の領地の一部で、お城のキッチンガーデンではハーブが採取されて調理に使われていました。キューケンホフとは、オランダ語でキューケン(キッチン台所)ホフ・とは庭という意味です。1857年頃、ゾッハという人が庭園の設計を任され、英国風のランドスケープに着目した彼が現在のキューケンホフ公園の原型を作り上げました。                            写真は(2007年4月半ば、オランダ・ベルギーを旅した時のものです。