大阪府摂津市(吹田市、茨木市隣接)、内科、胃腸科、肛門科、大腸ファイバー、胃カメラ

摂津市千里丘 ことぶきクリニック 楽な胃カメラ、痛くない大腸内視鏡
ことぶきクリニック 大阪府摂津市 内科・胃腸科・肛門科

〒566-0011 大阪府摂津市千里丘東3丁目7番27号
プランドール千里丘
TEL:072−622−8228 
トップページクリニック案内院長紹介診療科目・診察時間交通案内健康診断・人間ドック
 
    
  逆流性食道炎を

     ご存知ですか?

 
   
 

   逆流性食道炎とはどんな病気?
 
 逆流性食道炎とは、何らかの原因で胃液などが食道に逆流し、食道の粘膜に炎症がおこる病気です。

 近年増加の傾向にあり、60歳以上の人に多く、特に高齢の女性に多くみられます。

逆流性食道炎の症状 主な症状は、胸やけ、嚥下障害、呑酸(酸っぱいものやが苦いものが口まであがってくる症状)ですが、他に胃もたれ、胃部痛、げっぷ、嘔気、喉が詰まる感じ、喉のイガイガピリピリ感、違和感、胃の張り、咳など様々な症状があります。

  逆流性食道炎の原因
 
 
胃酸の過剰分泌

欧米化した食生活(肉や油っこいもの、脂肪製品の摂り過ぎ)により、胃酸の分泌量が増加して、逆流が起きやすくなります。
 
胃と食道のつなぎ目の括約筋の機能低下

老化や胃の手術などにより、胃と食道のつなぎ目の括約筋の機能低下により、胃酸の逆流が防げなくなります。逆流性食道炎が高齢者に多いのはこのためです。
 
逆流性食道炎の原因腹圧の上昇 など

ベルトによる腹部の締め付けや重いものを持つことによる腹圧の上昇、、肥満、円背(腰が曲がり背中が丸くなった状態)なども逆流性食道炎の原因となります。

  逆流性食道炎の診断・検査
 
 逆流性食道炎の検査は一般的に胃カメラと言われている内視鏡検査が中心となります。

 内視鏡を鼻または口から挿入し、食道粘膜の発赤、びらんや潰瘍の有無・程度を観察します。

 当クリニックでは楽な内視鏡検査として、鼻からの内視鏡や鎮静剤を使用しての内視鏡を中心に診察しています。
楽な胃カメラ
  逆流性食道炎の治療
 

 
 逆流性食道炎の治療方法として、食生活などの生活習慣の改善、薬物療法、手術療法があります

食事・生活習慣の改善
 
暴飲暴食を避ける、脂っこいものや甘いもの、消化の良くないもの(イカ、タコ、貝類)、香辛料、炭酸飲料、カフェインが多いものを控える

食後すぐに寝ない、前屈姿勢を避ける

腹圧をかけない
 (重いものをもたない、ベルトや下着で腹部を締め付けない)

肥満や便秘にならない

薬物療法

  • 逆流性食道炎の薬物治療では、主に胃酸の分泌を抑える薬(プロトンポンプ阻害剤、H2受容体拮抗薬)が用いられます。

    他に、消化管運動改善薬や粘膜保護剤を用いることもあります。
外科的手術は、薬物療法で効果がない場合や重症の場合に行われることもありますが、一般的ではありません。

 
胃酸が逆流しやすい時
  • 食べ過ぎた時
     
  • 甘いものを食べた時
     
  • 高脂肪食を摂取した時
     
  • アルコールを飲んだ時
     
  • 食後すぐ横になった時
     
  • ベルトや帯などでおなかを締め付けた時
     
  • 草むしりなどで前かがみになった時
     
  • 肥満により胃が押し上げられている時
     
  • 年をとった時
     
  • 背中が曲がってきた時
     


 





【避けた方が良い食品】
  • 甘いもの
  • 脂肪が多いもの
  • 柑橘類
  • 消化が良くないもの
  • 香辛料
  • 炭酸飲料
  • カフェインが多いもの

【好ましい食品】
  • 消化が良いもの
     パン・うどんなど
  • ビタミンを多く含むもの
     緑黄色野菜など
  • たんぱく質を多く含むもの
     白身魚、鶏ささ身など




  
 

 トピックス
 
  
腹痛・下痢で悩んでいませんか?
過敏性腸症候群
過敏性腸症候群をご存知ですか?
現代社会で急増している病気のひとつで、腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘などの便通異常が長期にわたり繰り返される疾患です。
日本人の10%〜15%の方が過敏性腸症候群に当てはまると推定されています。
 
 続きはコチラ >>> 過敏性腸症候群


逆流性食道炎をご存知ですか?

胸やけ、げっぷ、おなかの張り、胸・喉のつかえ感、酸っぱいものがあがってくる、胃部痛、喉がチリチリと焼けつく感じ、よく咳が出るなどの症状で悩んでいませんか?
逆流性食道炎にはさまざまな症状が現れます。
上記のような症状の方は、逆流性食道炎の可能性があります。
    
 続きはコチラ >>> 逆流性食道炎


ピロリ菌と胃がんの関係
ピロリ菌と胃がんの関係
ピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃ガン、萎縮性胃炎などの原因として注目されていて、胃を中心とした病気の予防にピロリ菌検査は重要です。           

  続きはコチラ >>> ピロリ菌と胃ガン


大腸ガンは増えている

近年、食生活の変化などにより大腸ガンは増加の一途をたどっています。自覚症状のない早期に大腸がんを発見、完治するためには大腸ガン検診が有効です。

 続きはコチラ >>> 大腸ガンは増えている
 
 
  切らずに治す痔・脱肛の治療
 
痔核・脱肛の内視鏡治療をご存知でしょうか?
痔で悩んでいるけれど、手術するのには抵抗がある、入院するのがイヤという方は、入院不要の切らずに治す内視鏡下痔核結さつ術があります。
 
  続きはコチラ >>> 切らずに治す痔の治療
 

 
 トップページへ戻る

ことぶきクリニックHOME  クリニック案内  院長紹介  
診察時間・診療科
  交通案内 健康診断・人間ドック  楽な胃カメラ  
楽な大腸ファイバー
  日帰り大腸ポリープ切除 胃がんリスク検診(ABC検診)
切らずに治す痔の治療 メタボリックシンドローム  甲状腺疾患  ピロリ菌と胃癌の関係
 大腸ガン検診 動脈硬化予防   プラセンタ療法  脱毛症・発毛・育毛  禁煙外来
 
Copyright (C) 2012 Kotobuki Clinic. All Rights Reserved