巡検日記・獅子島

                           

【更新履歴】

・俳句のページ追加
2014/8/18
・ミニ・ベランダA

・田舎の雑学に
小屋の修繕を
2015/7/14
・小屋の修繕G
2016/1/4
俳句のページ追加
2015/3/22
小屋の修繕H
2016/10/12
俳句のページ更新
2017/2/3
俳句のページ更新
2017/10/21
俳句のページ更新


高知化石探偵団産地紹介中四国・九州地方巡検日記・獅子島
 
昔は高知といえばどこを掘っても化石がゴロゴロしていたもんじゃ。哀しい事に、いまじゃ鹿児島の獅子島か熊本の御所浦島くらいのもんじゃて。 てなわけで、平成11年10月から3回ほどこれらの島へ見学に行ってきたっす! 白亜紀後期の産地で島全体が産地と言っても過言ではなく、最近では恐竜化石も沢山確認されています! 但し、これらの産地は必ず下記の問い合わせ先に連絡をとってからにして下さい。また、採集禁止地も多く、採集可能地は下記問い合わせ先へ

獅子島には10数年前、福岡の永島二人さん(故人・人格者で非常に熱心な化石愛好家でした)に連れられて行った事があり、平成11年10月に埼玉の酒井直一さん(群馬県中里村の白亜紀専門発掘家)に誘われて恐竜発掘(と言っても見学だけ)、また、今年の3月には宮崎県の脇田儀雄氏のご懇切な紹介もあり、獅子島産地めぐりと御所浦島の白亜紀資料館主催の採集会に参加、5月には妻の友人夫妻とともに見学採集行。
 但し両島とも原則採集禁止ですが、御所浦島内には気軽に化石採集できるよう採集地が設けられています。御所浦白亜紀資料館の学芸員の方に問い合わせてから行かれるといいと思います。ただし恐竜化石は島からの持ち出しが全面的に禁止されています。

所 在 地:熊本県天草郡御所浦町・鹿児島県出水郡東町獅子島  
アクセス:両島とも南九州自動車道八代南ICから国道3号線を南下し水俣から渡る方法や、天草パールラインから南下して行く方法など沢山のルートがありますが、いずれもフェリーを使います。また、島に渡っても車がないと不便ですので、カーフェリーをお勧めします。便数が少ないので事前によく調べておかなければなりません。宿泊は多くの民宿があり親切で海の幸が堪能出来ます。


問い合わせ先:
御所浦関係 御所浦町教育委員会 0969-67-3931
                   御所浦白亜紀資料館 0969-67-2325 (広瀬氏・鵜飼氏)
                   南国海運フェリー 0996-72-0028  共同フェリー0969-67-3016
         
獅子島関係 東町社会教育課  0996-86-1311      天長フェリー 0996-86-0775

 gosho_foss6.jpg (97767 バイト)  gosho_foss4.jpg (75819 バイト) gosho_foss2.jpg (114820 バイト)

  gosho_foss5.jpg (101483 バイト)  sisijima_foss2.jpg (102697 バイト) sisijima_foss3.jpg (113574 バイト)

  画像をクリックして下さい!