聖母幼稚園の贈り物

(神父様の持っておられる本を一度読んでみたかった幼稚園時代)

今でも存在、開園しているようですが、名前の如くキリスト教Catholicの幼稚園。
フランス人神父により名古屋で最初に開かれた教会とのこと。


神父 gif スータン?(黒一色で襟から裾までの長い詰襟衣服)に身を包んだ背の高い神父様。物静かで、何時も本を抱えて歩いておられる神父様。

目の色が父と違う! 鼻の高さも違う!




先生達と話している神父様の言葉が全く解らな。

Why?

何故、 亀太郎に神父様の言葉がわからないの?

聖母幼稚園 写真
聖母幼稚園


主税町カトリック教会 写真       お祈りから始まる一年間の
     幼稚園生活でした。
主税町カトリック教会


亀太郎は名古屋市東区鍋屋町の下町にうまれ、小学校六年生二学期までを名古屋で過ごしました。その頃の生活に関しては、

                  中央ラヂオ商会 
                  三回転校した小学校

をご参照ください。


下町の「わんぱくども」の殆どが小学校一年生になるまでは自宅で遊びに夢中でしたが、何故か亀太郎は幼稚園に一年間通いました。しかも

                 キリスト教会の・・・・

理由は分かりませんが祖父も祖母も、そして両親も、当時としてはハイカラな一面を持ち合わせていたのかもしれません。
亀太郎の家庭生活とは、ちょっと違った環境の一年間の

                 幼稚園生活・・


家族も亀太郎もクリスチャンではありませんが、人の心、 ものの考え方、生活仕様など、幼年時の影響を多少は受けていたのかもしれません。
(真偽の程を亀太郎個人では証明できませんが。)


でも、仏教でもキリスト教でも求める心、求める真髄は同じモノではないでしょうか。しかし、間違った宗教活動や宗教に名を借りた不可思議な団体の行動は許すわけにはまいりません。


「個性」and/or「感性」は三角形から成り立つと、よく言われております。
              底辺は持って生まれた天性
              他の二辺は 環境と努力と。
大それた人生哲学を持ち合わせてはおりませんが、与えられた天性は変える事が出来ません。
だが、よき環境に恵まれて個人の努力があれば
              人格も人間愛も磨かれてくるのでしょうね。


ふと、気が付くと最終学歴もCatholic系の「人間の尊厳のために」モットーにキリスト教精神に基いたE-literatureの教育を受けておりました。


卒業式 帽子 かくて、卒業後は45年間のサラリーマン生活の
スタートとなりました。
(本当に良き環境を有意義に利用できず努力を怠りました事、
今では誠に悔やまれます。


Merci bien!!!
神父様と共に、卒園写真
卒園式 写真
(2000年3月29日記)

(2001年5月23日再記)
亀太郎も写ってますよ!


HPのトップに 戻ります