兎子(ウサギコ)のパッチワーク


「御殿場の研究所の近くにパッチワークのアトリエがあるので、お母さん一度顔を出してみたらどう?」と長男の誘いで出かけたのがキヤッシー中島さんのお店。
(1990年の頃。)

その後、一宮市内でパッチワークキルトの教室を開いておられる山田俊子先生の個展を画廊で拝見し、ご指導を仰ぐ事となりましたが、それ以来、以前とはちょっと違ったセンスが表現されるようになり、多少は腕を上げた感じが致します。教室では希望があれば本科・高等科・講師科の認定も受けられるそうですが、ウサギコは趣味としてのパッチワークに徹して居ります。


山田俊子先生のご指導で作成した十数点は、チェルノブイリの恵まれぬ子供たちの”ミルク購入の為のチャリティー”に協賛出品し、代表作が手元に残っていないのが残念ですが、数点をご紹介致しましょう。 (現在では、白内障手術後、あまり無理をしないで気の向いた時に針を進めているようです。)


Hawaiian Quilt(1) Hawaiian Quilt(2)
Hawaiian quilt(1) 写真 Hawaiian quilt(2) 写真


Chair Cover(1) Chair Cover(2)
Chair cover(1) Patchwork写真 Chair cover(2) Patchwork 写真



乗用車 車内カバー
後部座席
車内カバー
前部座席
車内 後部座席 Patchwork 写真 車内 前部座席 Patchwork
(Both covers bitterly faded due to so often washing)


銀  杏
W100cmxL135cm
銀杏 patchwork 写真



                      2000年夏作成の
                 ”パッチワーク掛け軸 と 俳句”
泳ぎ寄る金魚に心見透かされ
    (南風二十五巻第九号)
パッチワーク 掛け軸 写真 櫂の音遠くに七夕まつり来る
         (作句日不祥)
掛け軸の風鎮 写真


 

亀太郎使用の Chair Cover →

思うように動いてくれないパソコンの前で。






 2000年6月28日記

(2001年7月01日・再記)
亀太郎のChair cover Partchwork 写真


トップに戻ります