Jazz工房Nishimura 太宰府・福岡のジャズスポット、今津雅仁紹介・ディコグラフィーコーナー

jazz kobo_top00(825110).jpg

| HOME | MASATO IMAZU |

今津雅仁、公式ブログ開設

今津雅仁、ジャズミュージシャン波乱万丈にとんだ人生ブログ、是非皆様もおいで下さい。

LinkIcon

プロフィール

1957年 2月15日神戸出身。
      小・中学校のブラスバンドでトランペット、高校時代にクラリネットを吹く。
1974年 17歳でプロデビュー。
1977年 伝説のバップピアニスト「サディク・ハキム」と共演。
1980年 渡米。 アル・コーン、バディ・テイト、スコット・ハミルトン&今津雅仁の4テナープロジェクトで名門
      ジャズクラブ 「ファッツ・チューズディ」に出演。
1981年 東京での活動開始。
1981年 4月、自己のバンド。今津雅仁&サックス・アピール」を吉岡秀晃らと結成。
1983年 3月、都内にてファンクラブが発足。
      7月、日本全国コンサートツアー敢行。
1984年 六本木ジャズクラブにてアート・ブレイキーと共演。
1987年 9月、初リーダーアルバム【The Sax Appeal "VOL.1"】制作、発表。
1988年 2月、アルバム【The Sax Appeal "VOL.2"】制作、発表。
      5月、アルバム【第3集/It's Too Bright】制作、発表。
1989年 FUN HOUSEよりメジャーデビュー。
1989年 10月、 アルバム「MASATO」をリリース。
      バンド名を「FUZZ MOTION/ファズ・モーション」に改名。
      盟友、ピアニストの吉岡秀晃もFUZZ MOTION/ファズ・モーションにそのまま参加。
1990年 1月、アルバム【MASATO】で第23回、日本ジャズ大賞を受賞する。
          (新人としての受賞は史上初の快挙)
      4月、アルバム【WHAT'S A MELODY】をリリース。
      5月、大阪フィルハーモニーオーケストラとのジョイントコンサートにより、
          今津雅仁のクラシックファンクラブが発足する。
      7月 日野皓正、ジョージ川口など一流ミュージシャン達との共演を含め、
          日本各地で開催されるジャズ・フェスティバル出演で連日、多忙を極める。
      8月 【マンハッタン・ジャズ・クインテット&今津雅仁FUZZ MOTIN 】のジョイントコンサート敢行。
      10月、土岐英史、宮ノ上貴昭などのゲストを招いて三管編成のアルバム。
          【He Said・・・】をリリース。
      12月、ジャズ評論家が選ぶ日本ジャズマンの投票開始。
       【日本ジャズマン部門】
       【テナーサックス部門】
       【作曲家部門】
       【グループ部門】4部門のポールウイナーに輝く。
       ☆以後三年間に渡って1位を独占。
1991年 1月、アルバム【He Said・・・】で第23回日本ジャズ大賞制作企画賞を受賞。
      10月、日本のトップドラマー日野元彦(日野皓正の弟)を迎え録音。
      アルバム「HARD TIMES」をリリース。 
1992年 10月、オルガンをフューチャーし”アシッド・ジャズ”の先駆けとなったアルバム【STICKY】をリリー
      ス。
1995年 故郷の阪神大震災の為に義援金集めにボランティアコンサートに奔走するが、
      自身も母を亡くした心理的ショックが大きく、ジャズ界から離れ、自宅と精神病院の行ったり来たり
      をくり返す。
      12月、事実上の引退。
1998年 音楽関係者、ジャズ評論家、ファンの後押しで今津の復帰企画が始まる。
      10月、渋谷にて「今津雅仁&FUZZ MOTION」の復帰コンサートが実現。
1999年 2月、復帰アルバム録音の直前に交通事故に遭遇。
      緊急入院。
      そして、再起不能を言い渡される。
      入院先の栃木県那須塩原市に転居。
      ジャズ界を完全引退。
2000年 約1年半に渡り、リハビリ、楽器トレーニングを重ねる。
      7月、待望の復帰アルバム「THE RETURN OF MASATO」をリリース。
      9月、日野皓正とのジョイントコンサートをきっかけと同時にジャズ界へのカムバックを果たす。
2004年 栃木コンサートホールにて友人でもあるエディ・ゴメス・クインテッットにゲストとして出演。
2006年 今津が以前、建てたスタジオのある神奈川県横須賀市に戻る。
      この頃から、韓国ジャズシーンに興味を持ち始める。
2009年 6月、韓国ソウルに単身で行き、韓国ミュージシャンたちと初のコンサートライブを敢行。
      10月、再び単身で韓国に行き、韓国の一流ミュージシャン達とライブの仕事を重ねる。
      11月、ソウルにて韓国経済雑誌「シサイン」の取材、翌週の掲載。
      12月、ソウルにて「東亜日報」の取材。
      12月末、帰国。
2010年 韓国新聞「東亜日報」に掲載。
      10月、ソウルにて公演。 それを切っ掛けにロック界にも身を投じる。

【現在、新宿ドルチェ楽器・ドルチェ・アカデミーにて簡単にジャズの神髄を会得する方法の伝授に初心者を中心に後進の指導に全力を傾けている】 
【横須賀市の自宅スタジオでもジャズ・サックス/ジャズ・ピアノ/ジャズ理論の初心者向け個人レッスンをしている】

韓国での取材、及び隠し撮りの一部

  http://news.nate.com/view/20100108n42252
  http://www.sisain.co.kr/news/articleView.html?idxno=5936
  http://news.donga.com/Culture/3/07/20100108/25286808/1
  http://twitter.com/hcshin/status/14364955915

> 今津雅仁ホームページへ

今津雅仁ディスコグラフィー

今津雅仁_01_the sax appeai vol1(100100).jpgMASATO IMAZU & THE SAXAPPEAL VOL.ONE
  Side A
   1.Faint Hope
   2.Remember's Shuffle
   3.Antiquated
  Side B
   1.He Said "WAHADO"
   2.When I Was A Little Kind  3.Night VAmoose
     今津雅仁(Ts) 吉岡秀晃(P) 沼上励(B) 白木邦雄(Ds)
     録音 1987年7月22.23.24日

今津雅仁_02_the sax appeai vol2(100100).jpgMASATO IMAZU & THE SAXAPPEAL VOL.TWO
  Side A
   1.Why You Drink So Much ?
   2.The Rainy Morning With Wine
   3.Sister's Frog
  Side B
   1.No Kid  2.Between Duty And Humanity  3.Green Stripe
     今津雅仁(Ts)
     吉岡秀晃(P) 沼上励(B) 白木邦雄(Ds) 岩見淳三(G)
     録音 1987年9月

今津雅仁_03_the sax appeai vol3(100100).jpgMASATO IMAZU & THE SAXAPPEAL VOL.3「IT'S TOO BRIGHT」
  Side A
   1.It's Too Bright
   2.I'm Not A KItty Cat  3.Foster's Chicken
  Side B
   1,Straight Blues Ahead
   2.Gipsy Night  3.Piece Of Change
     今津雅仁(Ts)
     村田浩(Tp) 吉岡秀晃(P) 沼上励(B) 白木邦雄(Ds)
     録音 1988年3月15.16日

今津雅仁_04_masato(600600).jpgMASATO/MASATO IMAZU & FUZZ MOTION
   1 Fire Ball
   2 Vioret Love
   3 Zoom
   4 So Long
   5.Like Forrest
   6.Bagdad
   7.Dear Hank
     今津雅仁(Ts) 村田浩(Tp) 吉岡秀晃(P) 沼上励(B) 藤沢博延(Ds)
     録音 1989年9月11.12.13日  FUN HOUSE OOFD-7126

今津雅仁_05_what's a melody(600600).jpgWHAT'S A MELODY ?/MASATO IMAZU & FUZZ MOTION
   1 But That's Impossible !
   2 Willlful Drunkers
   3 Just One Time
   4.Lookin' Around The Bay
   5.Spring Tide
   6.The Girl Of My Heart

     今津雅仁(Ts) 吉岡秀晃(P) 沼上励(B) 屋代邦義(Ds)
     録音 1990年3月1.2日   FUN HOUSE FHCF-1056

今津雅仁_06_he said(600600).jpgHE SAID....
   1 He Said "WAHADO"
   2 Song For K.F.
   3 Frangrant Olive
   4 Green Stripe
   5 Winter Moon
   6 No Kid
     今津雅仁(Ts) 吉岡秀晃(P) 沼上励(B) 屋代邦義(Ds)
     土岐英史(As) 宮之上貴昭(G) 木幡光邦(Tp)
     録音 1990年8月15-17日  FUN HOUSE FHCF-1082

今津雅仁_07_hard times(600600).jpgHARD TIMES
   1 Framingo
   2 Whisper Not
   3.Two Different World
   4 I Remember Crifford
   5 Harlem Blues
   6 Mr.Joe
   7.Killer Diller  8.Hard Times
     今津雅仁(Ts) 吉岡秀晃(P) 坂井紅介(B) 日野元彦(Ds)
     録音 1991年8月24.26日  FUN HOUSE FHCF-1151

今津雅仁_08_masato imazu(600600).jpgSTICKY
   1.Blues On The Highway
   2.Midnight Walk
   3.Summertime
   4.Sepetmber Love
   5.Drive Me Crazy
   6.Come To A Sticek Endl  7."Big Ceder  8.Set Me Free !
     今津雅仁(Ts)
     宇多慶記(Org) 岡安芳明(G) 納浩一(B) 佐藤節雄(Ds)
     録音 1992年8月2.5日   FUN HOUSE FHCF-2039

今津雅仁_09_the return of masato(200200).jpgTHE RETURN OF MASATO
   1.Joy Ride
   2.Continental Flower
   3.Heart Beat Shuffle
   4."KEITO" In Dream
   5.Marrakech
   6.Sunset Town  7.Doctoe "F"
     今津雅仁(Ts)
     松島啓二(Tp) 吉岡秀晃(P) 稲垣守(B) 広瀬順二(Ds)
     録音 2000年6月7-9日  SKIP 2004

今津雅仁ライブポスター

<クリックでポスター拡大>
20140823_今津雅仁_600850.jpg

20130904_今津雅仁_600850.jpg

20111223_豊島ひろ子・今津雅仁_600850.jpg

20111222_今津雅仁_600850.jpg

20110328_今津雅仁_600850m.jpg

今津雅仁_poster02(540540).jpg
ライブ予約
LinkIcon

今津雅人ギャラリー

<クリックで写真拡大>

2011/03/27 佐世保イーゼル
今津雅仁(Ts)
工藤隆(P)
AVAN(B)
木下恒治(Ds)
20110327_今津雅仁_01.jpg

20110327_今津雅仁_02.jpg

20110327_今津雅仁_03.jpg

20110327_今津雅仁_04.jpg

20110327_今津雅仁_05.jpg

20110327_今津雅仁_06.jpg

20110327_今津雅仁_07.jpg

2011/03/28 太宰府Jazz工房Nishimura
今津雅仁(Ts)
工藤隆(P)
丹羽肇(B)
武本強志(Ds)
20110328_今津雅仁_01.jpg

20110328_今津雅仁_02.jpg

20110328_今津雅仁_03.jpg

20110328_今津雅仁_04.jpg

20110328_今津雅仁_05.jpg