Jazz工房Nishimura 太宰府・福岡のジャズスポット、ライブイベントスケジュール。

jazz kobo_top00(825110).jpg

| HOME | LIVE SCEHDULE |

Jazz工房Nishimuraのライブ・ジャムセッション情報

hp_live01(10200396).jpg

<<上の画像はクリックで拡大されます>>

Jazz工房Nishimuraはとびっきりアコースティックな音空間を実現しました。
スペイン、現代の印象派、天才画家J.トレンツ・リャドの絵画に囲まれた空間でライブをお楽しみ下さい。
Jazz工房Nishimuraはジャズを中核にしながらも様々な音楽・芸術・芸能分野のライブ・展示など文化の拡大にも努めていきます。
その様な企画が御座いましたら是非ご相談下さい。

<<下の画像はクリックで拡大されます>>

Kaori's Day Bar Time Live 2019 Part-4 / 西村香織 & 立花洋一

2019.08.10(土)

西村香織とピアニスト立花洋一が演出するハートフルでジャジーなバータイムライブ。
アルコールを片手にリラックスしながらの今年四回目の"Kaori's Day"!!

20190810_西村香織_600850.jpg◆ 西村香織(Vo) 立花洋一(P)
◆ 開場 18:00 演奏 20:00 / 21:00 /22:00
◆ チケット 2,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ 予約TEL 080-7803-1407

清水絵里子・加藤真一 Duo From TOKYO Special Guest 豊島ひろ子

2019.09.07(土)

【清水絵理子 しみずえりこ】
1973年東京品川生まれ。5歳から本格的に習い始めネム音楽院にてクラシック?作曲法等学ぶ。
16歳で大作曲家ショスタコーヴィッチの息子であるマキシム・ショスタコーヴィッチ指揮のもと、新日本フィルと共に自作の協奏曲を演奏。
その他、国内のみならずフランス?ドイツ?ポーランド?ウィーン?イスラエル?アメリカ等海外での演奏経験も豊富に積む。
その後一度音楽の道を離れるが、19歳の時にアルバイト先の店でジャズに初めて出会い、それまでとは全く違う音楽感に強く惹かれ独学と実践にて勉強を始める。
以降実力派ミュージシャンとの共演を多く重ねる。竹内直グループ?峰厚介グループに参加。現在、年間300を超える演奏活動を通し自己の音楽を追求し続けている。

【加藤真一】
北海道空知郡奈井江町出身。
1985年、ドラムスの猪俣猛トリオ(西直樹:ピアノ)に抜擢され再び上京。同トリオにて全国のオーケストラ、吹奏楽団とも共演する。またジャズでは大友義雄グループを中心に西直樹、遠藤律子、高橋知己、佐藤達哉、三好功郎、黒田京子らのグループはじめ多くのミュージシャンと共演、多種多様な音楽を演奏、活躍する。また、池田篤、椎名豊を擁した自己のカルテットではオリジナル曲を中心に演奏する。
1991年、この時期に活躍中の若手ミュージシャンを集めて、全曲オリジナルのアルバム(You Can Touch My Heartstrings・自主制作)を発表、好評を博す。
1992年、永住権取得を機会にニューヨークに移住。シーラ・ジョーダン、ヘレン・メリル、またアキラ・タナ率いるアジアン・アメリカンジャズアンサンブル、グレッグ・マーフィートリオ、アーニー・ローレンスグループ、ハル高内トリオで演奏する。またさまざまなセッションで活躍。
1994年、猪俣の率いるJJJASのツアーに参加、カーネギーホールで演奏。その後メキシコを楽旅。10月には、マイク・スターンを迎えてのリーダーアルバム(Something Close To Love・キング・KICJ222)をリリース。
1995年、帰国、佐藤允彦、中川昌三、辛島文雄トリオ、1996年、木住野佳子トリオで全国ツアー。
1997年、猪俣猛でインドネシア、大山日出男カルテットで韓国ツアー。
1999年10月、全曲オリジナルのベース独奏アルバム(Old Diary・サウンドヒルズレコード:TLCD1001)をリリース。嶋津健一ダブルダブルベースセッションなど アコースティック・ベースの魅力にスポットを当てた活動も展開し始める。
2001年、佐藤允彦とのデュオアルバム(Duet 独ナゲル・へイヤー2017)が全米全欧でリリースされ、国際的評価も得る。
2002年、佐藤允彦トリオ(Tipo CABEZA)、富樫雅彦(JJ Spirits)に参加。
2004年、5枚目のリーダーアルバム、(B-HOT CREATIONS / EndressJourney ローヴィング・スピリッツ RKCJ-2012)をリリース。
2005年、佐藤允彦(Saifa)とドイツ・メールスジャズフェスティバル、オランダ(BIMHUIS)に出演。 アラキネマ(去年ノ夏、青ノ時代)参加。また、(B-HOT CREATIONS / SET ME FREE ローヴィング・スピリッツ RKCJ-2017)をリリース。
2006年、ライブアルバム(Live in Northland / KATO-SATOH-TAPPY ローヴィング・スピリッツ RKCJ-2020)をリリース。
現在は自己のグループ(B-HOT CREATIONS:田中信正、斉藤良、NOBIE)をはじめ、佐藤允彦トリオ(Tipo Cabeza)、市川秀男トリオ、鈴木和郎トリオ、嶋津健一トリオ、井上ゆかりトリオ、村上寛トリオのレギュラーである。

20190907_清水絵里子・加藤真一・豊島ひろ子_600850.jpg◆ 清水絵里子(P) 加藤真一(B) 豊島ひろ子(Vo)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 4,000 当日 4,500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923/080-7803-1407

東京鮮烈Sess!on / 先進的タップダンス&Jazzの世界

2019.09.08(日)

【東京鮮烈sess!on】
本場NYから帰国したタップダンサー丹精がその類稀なる音楽性を表現すべく本格始動させた異色ジャズバンド。
オリジナル曲のみを収録した1stアルバムを2019年春にリリースし、全国ツアー中。ガットギター大里健伍、ジャズギター稲岡吾郎との絶妙にスリリングな共鳴は必見。
メジャーアーティストとのステージでも活躍中の百戦錬磨の男達が織りなす唯一無二のサウンドが話題を呼び、全国でライブ活動を展開。
鮮烈な鼓動、躍動、感動をテーマに、日々新たなステージをつくりあげている。

20190908_丹精_東京鮮烈session_600850.jpg◆ 丹精(Tap Dance) 大里健伍(Guitar) 稲岡吾郎(Guitar)
◆ 開場 18:00 開演 19:00
◆ チケット 前売 3,000 当日 3,500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923/080-7803-1407

みちのくのピアニスト馬場葉子 & 岩石功

2019.09.14(土)

東北ジャズ界屈指のピアノ姫、馬場葉子、今年五月から再びの登場です。
今回はブルースハープで絶好調の岩石功と共演。

【馬場葉子】
岩手県久慈市生まれ、青森県八戸市育ち、岩手県盛岡市在住。
岩手県から全国・海外へと国境を越えた演奏活動をしているアーティスト。
2012年には、ジャズの本場アメリカ公演(NY・LA)、更に香港でもソロコンサートツアーを開催し大絶賛される。
作詞作曲家としても評価も高く、各メディアへ楽曲の提供をしている。
音楽活動だけに留まらず、作曲、エッセイの執筆、バラエティ番組への出演等その活躍は多岐に渡る。演奏活動の傍ら、トークショーやセミナー講師も経験。
新聞や雑誌等でエッセイ連載・執筆も手掛ける。
地域ボランティア活動に携わり、岩手県の医療・介護施設を始め、近県の小・中学校等でワークショップ・慰問演奏を精力的に行なっている。
東日本大震災復興復旧の為のボランティア活動も続けている。
テレビ・ラジオ番組やイベント出演等、ジャズの他にも幅広いジャンルで魅力を放つタレントとしても幅広いファン層に人気を得ている。

・1stアルバム『降郷~UTSUROI~』(2011年6月10日発売)
・エッセイ集 『涙を流すように』(2010年7月7日発売)
・2ndアルバム『More Than You Know』(2014年6月10日発売)

20190914_馬場葉子_600850.jpg◆ 馬場葉子(P) 岩石功(BluesHarp)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ 前売 3,500 当日 4,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ 予約TEL 080-7803-1407

Spanish Connection "Souvenir" Tour 2019 LIVE

2019.09.17(火)

インドから東欧を経てスペインのアンダルシアへと至るジプシーの道筋をそこで生まれたフラメンコ・ギター、ヴァイオリン、タブラ といった楽器と共に音楽で旅する・・・
このコンセプトのもと 伊藤芳輝〈ギター〉 平松加奈〈ヴァイオリン〉 吉見征樹〈タブラ〉により2000年に結成された「Spanish Connection / スパニッシュ・コネクション」
グループ名のスパニッシュ・コネクションは“スペインつながり”の意。
ジプシー音楽の一つの究極であるスペイン/フラメンコ音楽をコアに置きつつも、クラシック、ジャズ、民族音楽などのエッセンスを織りまぜ独特のオリジナリティーを発揮している。

20190917_Spanish Conection_JF_480680.jpg◆ 伊藤芳輝(Guitar) 平松可奈(Violin) 吉見征樹(Tabla) 箭島裕治(Bass)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,500 当日 4,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923/080-7803-1407
◆ 後援 NPO法人 健脳リハビリテーション

杉山豊志 & Friends

2019.09.23(月)

若き頃よりロックシンガーとして博多を中心に活躍した杉山豊志が年季を重ねいぶし銀のジャズボーカルを披露。
バックを固めるのは福岡のみならず全国が活躍するジャズミュージシャン!!

20190923_杉山豊志_600850.jpg◆ 杉山豊志(Vo) 緒方公治(P) 内山覚(G) 丹羽肇(B) 中村健(Ds)
Special Guest 森恍次郎(株式会社 如水庵)
◆ 開場 14:00 開演 15:00
◆ チケット 前売 3,000 当日 3,500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923/080-7803-1407

Big Boss Tenor 今津雅仁トリオ From TOKYO

2019.09.28(土)

17歳で鮮烈プロデビューし80年代、日本ジャズ界に旋風を巻き起こす !
90年代新人としては最年少でアルバム「MASATO」がジャズディスク大賞を
受賞、国内外のトップアーティストと共演。
阪神大震災や不慮の事故で
二度の引退生活を余儀なくされる。再起不能といわれながら長期のリハ
ビリで2000年9月ついに復帰をはたす。
現在は後身の指導に全力を傾け
ながら韓国ジャズ界との交流に勢力をつぎ込んでいる。
その熱くファン
キーな演奏を九州で活躍のミュージシャン達が迎え、七回目のツアーを
敢行致します。ぜひ足をお運び下さい。

20190928_今津雅仁_600850.jpg◆ 今津雅仁(Ts) 小森陽子(Org) 武本強志(Ds)
◆ 開場 16:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 4,000 当日 4,500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923/080-7803-1407


LinkIcon