Jazz工房Nishimura 太宰府・福岡のジャズスポット、ライブイベントスケジュール。

jazz kobo_top00(825110).jpg

| HOME | LIVE SCEHDULE |

Jazz工房Nishimuraのライブ・ジャムセッション情報

hp_live01(10200396).jpg

<<上の画像はクリックで拡大されます>>

Jazz工房Nishimuraはとびっきりアコースティックな音空間を実現しました。
スペイン、現代の印象派、天才画家J.トレンツ・リャドの絵画に囲まれた空間でライブをお楽しみ下さい。
Jazz工房Nishimuraはジャズを中核にしながらも様々な音楽・芸術・芸能分野のライブ・展示など文化の拡大にも努めていきます。
その様な企画が御座いましたら是非ご相談下さい。

<<下の画像はクリックで拡大されます>>

Hyclad Special Guert MEG From TOKYO

2017.08.05(土)

昨年に引続きスーパーギタリスト伊藤芳輝とスーパーバイオリニストYuiのコンビネーション、Hycladがやってきます。
さらに地元太宰府出身のパーカッショニストMEGこと服部恵も加わり、Hycladのカラーに色づけしてくれます。

Hycladとは…
Hybrid&Hyper Classic DUO=Hyclad(ハイクラッド)

Classic出身で民族音楽を得意とするヴァイオリニストYuiと、World Musicを中心に多方面で活躍するギタリスト伊藤芳輝が、
それぞれのフィールドで培った音楽的スパイスをふんだんに盛り込み、大胆な切り口でクラシック曲を表現する。
オーケストラの曲からピアノ曲まで、弦楽器の魅力を最大限に生かしたダイナミックでスピード感溢れるHyperなLIVEステージを実現。
複数のミュージック・エレメントが融合し、ここにHybridした新しいクラシックのかたちが生まれた

【伊藤芳輝 - guitar】
10才よりクラシックギターを始める。フラメンコ、ボサノバ、ジャズ、クラシックなどあらゆるジャンルのガットギターのスタイルを研究。 2000年、自己のユニット SPANISH CONNECTIONを結成。フラメンコ音楽をコアに置きつつも、ジャズ、民族音楽などのエッセンスを織り混ぜ独特のオリジナリティーを発揮する。
現在、Hycladの活動と共に、ギターソロコンサート、スタジオワークなど、多方面にわたってのアーティストのサポート、様々なアーティストの作曲、アレンジ、プロデュースを手がける。
2006年10月 NHK総合テレビ土曜ドラマ「魂萌え!」(原作:桐野夏生)の音楽を全編担当。 番組は放送文化基金賞ドラマ番組賞、ATP賞受賞。 NHK教育テレビ50周年記念企画として2009年10月より放送された三谷幸喜脚色による連続人形活劇「新・三銃士」の音楽を全編担当。 2012年4月よりNHK 「趣味の園芸」の音楽担当。朗読活劇「レチタカルダ」の音楽を全編担当。
2013年NHK千葉開局記念番組「菜の花ラインにのりかえて」音楽担当。

【Yui - violin】
名古屋市出身。4歳よりViolinistである伯母にviolinを習い始め、東京藝術大学附属音楽高校を経て東京藝術大学を卒業。
2003年、東京藝術大学在学時に芸大メンバーによる『Vanilla Mood』を結成。 NHKや日テレの番組にレギュラー出演をし、avexから3枚のアルバムをリリース。また、数多くの番組テーマ曲を手がけ、日経CNBCのCMにVanilla Moodとして出演。
2010年より、以前から興味のあったフラメンコ音楽に傾倒し、数多くのフラメンコの踊り手とLIVEを行う。
2012年、フラメンコポップユニット『soluz』を発足し、1stアルバム「soluz」をビクターよりメジャーリリース。
各地でLIVEを行い、好評を得る。
同年、フラメンコギタリストの伊藤芳輝と共にジプシークラシックをテーマにDUOユニット『Hyclad』を立ち上げ、CDをリリース。全国ツアーを開始し、年間100本を超えるLIVEを展開している。
そのほか、多数のユニットに参加し、solo violinistとしても様々なジャンルのコンサートに出演。
クラシックをはじめ、ジプシー音楽などの情熱的かつ叙情的な民族音楽を得意とする。
日本初のGliga Violinモニターアーティストや、Coda Bowの国内モニターアーティストを務める。

【MEG】
福岡出身。
4歳よりピアノを、12歳より打楽器を始める。東京芸術大学卒業。
1999年・2000年、福岡県高校文化連盟主催ソロコンテストにおいて、2年連続グランプリ受賞。
2007年、ブルガリアで行われた打楽器国際コンクールDuo部門において1位なしの2位を受賞。特別賞受賞。
久石譲ピアノ スト―リーズコンサートツア-、NHK番組「The☆Star」の久石譲の特集にて共演、TV出演。
2008年日本テレビ開局55年 記念企画「アナウンサーコンチェルト」にて、音楽指導、TV出演。
2010年にメキシコのチアバスにて行われたフェス ティパル「MARIMBIST AS2010」に日本代表として、招待演奏。
2012年イタリア国際打楽器コンクールVibraphone 部門にて1位受賞。 にっぽん丸・ぱしふぃっくビーナスなど豪華客船の国内外クルーズに乗船、演奏披露。
ももいろクローバーZなどのレ コーディングに参加、様々まなアーティストのCD、テレビ番組の音楽、映画などのレコーディングに参加。 「クラシック音楽をより身近に」をモットーに、他楽器・ダンス・ 科学とのコラボレーションを通して活動しながら、 ミュージカルのオーケストラメンバー・フリーパーカッショニストとしてクラシック・Jazz・Pops・ラテンなどジャンル を問わず活動中。最近はVibraphone奏者としても活動の場を広げている。

20170805_Hyclad_600850.jpg◆ 伊藤芳輝(G) Yui(Violin) 服部恵(Percussion)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,500 当日 4,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923
◆ 協賛 NPO法人 健脳リハビリテーション

豊島ひろ子プロジェクト / BIRTHDAY LIVE

2017.08.11(金)

九州ジャズ界トップボーカリストに留まらず近年、東京などに進出、エネルギッシュなジャズを展開する。
近年は米国ニューヨークに多々訪れ、現地トップミュージシャンとの交流、そしてレコーディングなど、積極的な活動を行っている。
今回は九州の若手ミュージシャンを率いてのバースディライブ!!

【豊島ひろ子(ボーカル)】
福岡女子短期大学 音楽科 卒業。ジャズシンガー、ピアニスト、弾き語り、音楽療法士。
ジャズを根底に、ポップス、ボサノヴァ、日本の曲を豊島テイストで歌い上げる実力派として名高く著名なミュージシャンとの共演は数知れない!
クラシックピアノを幼少からはじめ、高校生の時にジャズ、ポップスへと音楽性を広げてゆく。
九州の各地でライブ演奏を行い、また2004年に取得した音楽療法士としての活動も幅広い!
さらに2008年よりNYに渡り、Jazz Vocal Inprovisation、Breaths Exercise、Vocal Wxerciseの本格的トレーニングを受ける。
New York City College教授Janet Steeleに発声法を学ぶ。
Jazz Vocalist~Carol Fredette、Tulivu DonnaにJazz Vocalを学ぶ。
2012年9月待望のセカンドアルバム「Straight Ahead」を発表する。
ニューヨークで全曲レコーディング!メンバーはAbbey Lincoln,Cassandra Wilsonなどのバックピアニストなど務めたJames Weidman(Pf)他、Steve Whipple(B)、Bruce Cox(Ds)、デュークエリントンオーケストラのメイントランペッター、James Zollar,Soul Rubin(G)である。
現在、九州、および関東圏ライブ活動中。東京代々木ナル定期ライブメンバー、福岡市のイベント「中洲JAZZ」は自己のトリオで毎回出場中!。現在もT-VOIVE音楽スクール主催し、後身の指導をおこなっている。
http://t-voicehiro.p1.bindsite.jp/

20170811_豊島ひろ子_600850.jpg◆ 豊島ひろ子(Vo)
    緒方公治(P) 赤松貴文(B) 武本強志(Ds) 近藤壮起(Ts)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,000 当日 3.500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

KOSEI & MAYUNI's ROOM / MAYUMI・内田浩誠

2017.08.19(土)

ハートフルでジャジーなMAYUMIのボーカルと円熟のピアニスト内田浩誠に中瀬亨のベースが加わり、暖かくもスインギーなライブです。

20170819_MAYUMI・内田浩誠_600850.jpg◆ MAYUMI(Vo) 内田浩誠(P) 中瀬亨(B)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,000 当日 3.500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

菊丘ひろみ ブラジリアンナイト From TOKYO

2017.08.24(木)

現代版、日本が誇るエリス・レジーナと称される菊丘ひろみ。
ブラジリアンフレイバー溢れる心地よいリズムとソフィスティケイテッドされた歌声。
ちょっとポップでアンニュイ、寛ぎの空間にブラジリアンサウンド、J-POPのサンバアレンジサウンドが響き渡ります。

20170824_菊丘ひろみ_600850.jpg◆ 菊丘ひろみ(Vo) 西村直(g)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,500 当日 4.000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

池田聡 ぶらりツアー in 太宰府

2017.08.25(金)

ファンの方々には大変お待たせ致しました、一昨年前に続き、池田聡のブラリツアーin太宰府、ソロライブです。

【池田聡】
◆デビュー■
1986年8月、日本大学理工学部在学中に「モノクローム・ヴィーナス」でデビュー、いきなり50万枚のヒットとなる。
都会的なポップさを持ちながらシンプル且つ深い表現力。澄んだ水が染み渡るようでありながら、胸の奥を刺すような痛みも存在する歌の世界観を持つ。
音楽活動、芝居、執筆、企画の立案等、多様な活動を積極的に行っています。

■リリース■
【 池田 聡 】
シングル 24枚、アルバム 16枚、(再リリース含まず)
企画アルバム 2枚、ベスト盤 8枚、ビデオ 5作、DVD 2作【 葉山湘と油壺マリンボーイズ 】アルバム 1枚【 ICEBOX 】シングル 1枚、アルバム 1枚【 IS(伊勢正三+池田聡) 】シングル 2枚【 L.O.T.U.S.(池田聡、中西圭三、赤崎郁洋) 】アルバム1枚【 Apollo boyz 】シングル 1枚、アルバム 4枚

■代表曲■
「モノクローム・ヴィーナス」
「月の舟」
「j.e.a.l.o.u.s.y」
「濡れた髪のLonely」 ★レコード大賞ノミネート作品★
「思い出さない夜はないだろう」
「マリッジ」

■最新アルバム■
2016年8月6日 レコーディングドキュメンタリーDVD「 making of trio 」(Soft Clip Records)
2015年12月18日「 trio 」(Soft Clip Records)
2015年3月1日「song book [ rest ]」(Soft Clip Records)
2014年12月19日「song book [ note ]」(Soft Clip Records)
2012年10月17日「いまさらの恋」(TEICHIKU Continenral Star)
2010年10月20日「PREMIUM BEST」(TEICHIKU Continenral Star)
2009年5月20日「missing」復刻発売(TEICHIKU RECORDS)
2008年 ライヴDVD「池田聡 2008 winter’s tales」(Soft Clip Records)
2005年8月24日「ベスト」(TEICHIKU RECORDS)
2003年11月14日セルフカバー集「always and forever Ⅰ」(Starboard Records)
2002年「Living Music」 (Soft Clip Records)共同プロデュース/編曲:佐橋佳幸

■最新シングル■
2010年4月21日「ハナノタネ-愛の物語/愛の言葉/青空」(TEICHIKU)
2008年10月22日「雪~あなたがいてくれたら~/愛の歌/モノクローム・ヴィーナス」(TEICHIKU)
2007年11月25日「雪~あなたがいてくれたら」(自主レーベルSoft Clip Records)
2005年「桜が咲く季節になれば~吉野山に捧ぐ~」
世界遺産登録記念事業奈良県「吉野山 桜のシンフォニー」公式テーマソング

■その他の活動■
○「ICEBOX」(中西圭三、伊秩弘将、吉岡忍とのユニット)、シングル「冷たいキス」 55万枚のヒット「ICEBOX」はシングル2枚、アルバム1枚をリリース
○伊勢正三とのフォーク・デュオ「IS」で2枚のシングル
○サーフ・ロック・バンド「葉山湘と油壺マリンボーイズ」でマキシシングル1枚
  メンバーは中シゲヲ(The Surf Coasters),ゲンタ(BINGO BONGO),稲葉政弘(Far East Club Band)
○日テレ系ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」、「そのうち結婚する君へ」に役者として出演
○舞台「ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている」に出演
○TBSラジオ&コミュニケーション主催「Live Cafe Music」シリーズを企画立案&出演
  2001年1月~2005年5月までに合計9回開催
  主な共演者:黒田アーサー、中西圭三、沢田知可子、大橋純子、陣内大蔵、石川よしひろ
  稲垣潤一、森雪之丞、安達祐実、井上睦都実、堀内敬子(元劇団四季)
  鈴木ほのか(「レ・ミゼラブル」出演)、松永玲子(劇団「ナイロン100℃」)
○2004年~2009年、文芸社ドラマ・スペシャルのCMナレーションを担当。
○ CS音楽専門チャンネルMUSIC JAPAN TV「Break TV」にてパーソナリティを務める(1999年~2012)

20170825_池田聡_600850.jpg◆ 池田聡(Vo/G)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 4,000 当日 4,500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

こむろゆい・豊田舞・河野"菌ちゃん"俊二 / Acoustic Live From TOKYO

2017.08.26(土)

こむろゆい(ボーカル・ウクレレ)
東京生まれ。
現在は、ウクレレ弾き語りによるソロライブでの活動の他、父、小室等とのユニット「Lagniappe」や、「六文銭'09」のメンバーとしても活動。
最新アルバムは、『Lagniappe/ここ』(CCLK-0001)『六文銭’09/おとのば』(FLCF-4279)

豊田舞(オーボエ・リコーダー)
上野学園大学音楽部器楽科リコーダー専門卒業。
リコーダーを山崎重治氏、バロックオーボエを山崎浩司氏に師事。
ウルビーノ音楽祭でA.ベルナルディーニ氏のマスタークラスを受講。
現在、古楽器オーケストラなどの演奏活動、リコーダーの指導などを行っている。

河野'菌ちゃん'俊二(ドラマー・パーカッショニスト)
1967年大分県臼杵市生まれ。現埼玉県新座市在住。
ドラマー・パーカッショニスト・カホンプレイヤー・カホン講師。
女優・ボーカリスト秋本奈緒美バンドのレギュラーメンバーとしても活躍する。

20170826_こむろゆい・豊田舞・河野俊二_600850.jpg◆ こむろゆい(歌とウクレレ)
    豊田舞(オーボエ・リコーダー)
    河野俊二(パーカッション)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 2,500 当日 3.000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

L-Duo / 春名正治・成川正憲 SUMMER LIVE TOUR FROM TOKYO

2017.09.01(金)

【成川正憲】
1980年大学在学中、作曲家の都倉俊一氏と出会い、テイチクよりカプチーノでデビュー、東京音楽祭に参加。
1988年ソニーより米米クラブのプロデューサーに見出されコンバッツでデビュー、 その後ポリドール所属のSwichに加入。
2005年にソニーより縁あって米米クラブのリーダーのボンさんプロデュースで、TRAでデビュー。その間も、ブレバタの二弓氏の娘のSeemaのアルバムを3枚プロデュースMIDIより発売、ツーカー、マイクロソフト、ナショナル、紀文などCM音楽も手掛ける。
そして2007年に転機が訪れ、職業音楽家からアーティストとして活動 六弦倶楽部を立ち上げ、ガッドギターを中心にした新たな音楽を模索し始め、Hip Hop Jazzバンドの「RF」を結成し7年間で7枚のアルバムを制作して2015に解散。
2013年にはサックス奏者の春名正治とデュオを追求するL-Duoを結成し、アルバム4枚制作し、ライブ活動中。
2014年に初のソロアルバム"hikari no hane"(光の羽)の発表を機に、自分の音を探求し、全国での演奏活動を精力的に繰り広げている。
2016年9月には伊勢神宮外宮で奉納演奏を行なった。2枚目のアルバム"poron poron"を2015年にリリースして、現在3枚目となるNewアルバム「音戯話」を2017年3月8日に発売。
最近はガットギターで奏でる『繊細な、空間音楽』で、小田急電鉄、太秦映画村、などの映像音楽も手がけている 現在、ソロを中心に多方面で活動中。

【春名正治】
兵庫県神戸市出身8月20日生まれO型
ラテンフュージョン系ではスタジオ界随一といってもいいほどの 参加を誇るサックス奏者。
また、フルートや、パーカッション奏者としても引っ張りダコであり、G-クレフ関係や松山千春をはじめ、ジャンルを問わずに、様々なセッションにて活動中。
是方バンドの一員として上京。
その後、角松敏生や杏里などのツァーサポーターとして長期にわたり活躍。
また1989年より松原正樹率いるバンド「TRIFORCE」の一員となりLAでのレコーディングに参加。
スタジオミュージシャンとしても数々のレコーディングにも参加するようになる。
現在、バッカスBACCHUS、南條ソウルバンドなどにも参加し、数々のライブで精力的に活動中。
様々なアーティストとのセッションを重ね、それぞれに違ったカラーを見せる。


20170901_L-Duo_600850.jpg◆ 春名正治(Sax/Frute) 成川正憲(Gt)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,000 当日 3,500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

古川初穂ピアノトリオ 九州縦断ツアー 秋旅2017

2017.09.12(火)

【古川 初穂(Piano)】
兵庫県明石市生まれ
コロムビア・ベターデイズレーベルから、伝説のバンド「羅麗若(ラレイニヤ)」で デビュー。
1983年に上京後、布川俊樹(g)の「VALIS」、水野正敏(b) 村上ポンタ秀一(ds)の「METHOD」など様々なライブ、スタジオシーンで活動。
布川のソロアルバム「Departure」のレコーディングでは、LAでピーター・アースキン、マーク・ジョンソン、ボブ・バーグと好演。
また、矢沢永吉、EPO、Hi-Fi Setなど数多くのツアー、レコーディングに参加。
2001年 ソロアルバム「ARIEL」をリリース。
2002年、実弟であるギタリスト 古川望と「古川兄弟」(小池修 sax、永井敏巳 b、則竹裕之 ds)を結成。2枚のアルバムをリリース。
2005年「古川初穂ピアノトリオ」(須藤満 b、則竹裕之 ds)を結成し、2015年3月に3rdアルバム「かげろう」をリリースし、ライブツアーでも好評を博している。
現在も自己の活動はもちろん、森山良子、溝口肇など様々なアーティストのサポートでも活躍中。

【須藤 満(Bass)】
山形市出身。
東京学芸大学に進学し上京。
1986年 THE SQUAREに加入。『TRUTH』から『T-SQUARE』まで14枚のアルバムに参加し国内外各地で公演を行う。
並行して自己のリーダーセッションも行い、1997年にライブアルバム『FAVOR OF MY FRIENDS』(神保 彰 ds、大橋イサム g、高橋亜土 kb)を発表。
2000年 T-SQUARE退団後はフリーとして活動し「Favor Of My Friends」ツアーを敢行。
また、楠瀬誠志郎・ゴスペラーズなどのサポートも始め、その精力的な演奏活動は現在も続く。
山形のJリーグサッカーチーム「モンテディオ山形」のオフィシャルテーマソング「Rushing Spirits」の作曲や、ラジオ番組テーマ曲の作・編曲など作家としても活動している。
2003年 2枚目のリーダーアルバム『Favor Of My Friends 2003』(米川英之 g、高橋亜土 kb、小森啓資 ds)をリリース。
<主な参加ユニット>
「KORENOS」是方博邦(g) 則竹裕之(ds)
「秀景満」村井秀清(kb) 平井 景(ds)
「TRIX」熊谷徳明(ds) 窪田 宏(kb) 平井武士(g)

【則竹 裕之(Drums)】
大阪市出身。
1985年「THE SQUARE」に加入しプロデビュー。
米国「PLAYBOY JAZZ FESTIVAL」への出演、10 回に及ぶ日本ゴールドディスク大賞(JAZZ部門)受賞など、在籍15年に及ぶその活動は国内外に広く評価される。
1999年ソロアルバム「DREAMS CAN GO !」を発表。
T-SQUARE退団後は「渡辺貞夫クインテット」「渡辺香津美Jazz回帰Project」「本田雅人 BAND」「unit asia」「BATTLE JAZZ BIG BAND「DIMENSION」等のレギュラーメンバーとして日本のジャズ・フュージョン界を牽引する。
また2010年からは平原綾香のサポートも開始。さらに「シエナ・ウインド・オーケストラ」との度重なる共演など、ジャンルを問わぬ色彩豊かなドラミングで各方面から絶大な信頼を集める。
神保彰とのツインドラムユニット「Synchronized DNA」でモントリオール・ドラム・フェスティバルに出演。前例のないドラムのみのユニットとして世界の注目を集めている。
この他、ドラムクリニックや昭和音楽大学ジャズ・ポップス科の講師として後進の指導にも意欲的に取り組んでいる。

20170912_古川初穂_600850.jpg◆ 古川初穂(P) 須藤満(B) 則竹裕之(Ds)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,500 当日 4,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

三宅伸治 SOLO MOJO WORKING 2017

2017.09.23(土)

【三宅伸治】
ブルースやソウルに根ざしたロックンロールを歩み続けるヴォーカリスト/ギタリスト。
1987年に「BACKしよう」(MOJOCLUB)でデビュー。1989年東芝EMIよりメジャーデビュー。同時期、覆面バンドタイマーズとしても活動する。MOJOCLUB活動休止後はソロ活動を開始、全国各地で精力的にライブを行う。忌野清志郎をはじめ、仲井戸“CHABO”麗市、石田長生、木村充揮、有山じゅんじ、友部正人、山崎まさよし、ウルフルケイスケなど、様々なアーティストとユニットを組んでライブ活動を行ったり、数多くのセッションでイベントなどに参加。また忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUEDAY HORNSのバンマスとして活動し、清志郎氏との共作で楽曲も多く手掛けた。
2005年からスタートした三宅伸治バンド(大島賢治・高橋”Jr”知治)は、10周年を迎え、初アルバム「slave」を発売。定期的にツアーも行っている。
2012年から行われている出身地宮崎での口蹄疫からの再生・復活を目的としたイベント「希望と太陽のロックフェス」ではプロデュースも手掛ける。近年では石塚英彦や中村耕一など様々なアーティストのプロデュースも行う。
弾き語りからバンドスタイルと独自のロックンロール道を突き進むソロ活動は北は北海道から南は九州・沖縄まで年間160本にも及ぶライブを行い、その勢いから目が離せない。

【ハリケーン湯川】
1967年生まれ。米南部のブギ・ロッキンブルースや1950年代、60年代のシガゴブルースの演奏を中心に活動しているギタリスト&ボーカリスト。
そのブギのリズム、ラフなフィンガーピッキングスタイル、クールかつ直情的な表現は多くの支持を得る。
1995年のシカゴ滞在時には、シカゴ・ブルースの歴史的バンド「エイシズ」のデイブ・マイヤーズをはじめ、多くのブルースマンと共演。
現在「ハリケーン湯川ブルース・バンド」、ソロ活動、ロックユニット「The One Nights」にも参加。主に福岡のライブバーに出演中。

20170923_三宅伸治_600850.jpg◆ 三宅伸治(Vo/Gt) ハリケーン湯川(Vo/Gt)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 3,500 当日 4,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923
◆ 企画・予約 洋菓子ルクプル 092-926-0926


LinkIcon