Jazz工房Nishimura 太宰府・福岡のジャズスポット、ライブイベントスケジュール。

jazz kobo_top00(825110).jpg

| HOME | LIVE SCEHDULE |

Jazz工房Nishimuraのライブ・ジャムセッション情報

hp_live01(10200396).jpg

<<上の画像はクリックで拡大されます>>

Jazz工房Nishimuraはとびっきりアコースティックな音空間を実現しました。
スペイン、現代の印象派、天才画家J.トレンツ・リャドの絵画に囲まれた空間でライブをお楽しみ下さい。
Jazz工房Nishimuraはジャズを中核にしながらも様々な音楽・芸術・芸能分野のライブ・展示など文化の拡大にも努めていきます。
その様な企画が御座いましたら是非ご相談下さい。

<<下の画像はクリックで拡大されます>>

Robin's & QuarryBeats / The Beatles Night

2016.07.23(土)

福岡で活躍するRobin's、そしてビートルズバンドのQuarryBeats、二バンドによるビートルズのヒットチューンを中心に太宰府の夜をホットにします。
さーて、往年のビートルズファン、若きビートルズファン、お集まり下さい。ビートルズは永遠です!!

20160723_ROBIN'S & QUARRYBEATS.jpg◆ Robin's and QuarryBeats
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ 前売 1,500 当日 2,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

立花洋一、ソロピアノの世界

2016.07.30(土)

立花洋一、数多く出演していますが、ソロピアノは初になります。
オリジナリティ溢れる世界をご堪能下さい。

【立花洋一プロフィール】
1959年5月16日 福岡県生まれ、3歳よりヴァイオリン、ピアノを始め、学生時代には吹奏楽部
でパーカッション、ドラム等を経験する。その後、九州交響楽団指揮者、安永武一郎氏にク
ラシックピアノを師事。1983年~プロのピアニストとしてジャズに転向。プラターズ、雪村
いずみ、アンリ菅野、ジョーン・シェパード、その他のバックミュージシャンを務める。シ
ンセサイザーミュージックを経た後、アコースティックに専念する。ジャズ、シャンソン、
映画音楽、ブライダル、環境音楽、ヒーリングミュージック、講演などステージで活動。レ
コーディング、音楽監督、舞台監督を務める。
既存楽曲の編曲・演奏提供
– 作曲:「メガネのマツダ」「日産自動車」「ルナ24」「トータルビューティーワン」
– アレンジ:「シャボン玉石鹸」「雲仙宮崎旅館」「KBCウキコホームセンター」「ヨウド卵」「光のど飴」等
オリジナル楽曲作品は、1300曲以上、 「アンビリーバブルな作曲マシーン」と呼ばれる。

20160730_立花洋一.jpg◆ 立花洋一(P)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ 前売 2,500 当日 3,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

市川ちあき ボーカルナイト

2016.08.20(土)

ハッピージャズボーカリスト、市川ちあきが九州を代表するピアニスト岩崎大輔、ベーシスト丹羽肇を率いて今年四月以来の登場です。

【市川ちあき】
福岡市出身。交換学生としてアメリカミズーリ州カンザスシティ郊外の大学に留学、英語音声学、朗読劇及び声楽を学ぶ。ラジオアナウンサー、英語通訳者を経てジャズヴォーカルを学び、2007年「神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」で準グランプリを受賞。
ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力、歌への鋭い感受性と豊かな表現力で歌の物語をしっかり聴き手の心に伝える日本では数少ないストリーテラータイプの本格派ジャズシンガー。
福岡を拠点に関西・東海・関東でも活躍し、その独自のスタイルで多くのジャズボーカルファンを魅了している。
2006年1stアルバム「JOY」を福岡制作。2010年関西精鋭トリオと神戸制作した2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」誌ジャズオーディオディスク大賞2010ヴォーカル部門に入選。2014年10月、再び神戸制作で初のラブ・ソング集「Moments Together」をリリース。独自の個性と円熟味を感じさせる完成度の高いアルバムとの評価を受けている。

20160820_市川ちあき_600850.jpg◆ 市川ちあき(Vo) 岩崎大輔(P) 丹羽肇(B)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ 前売 3,000 当日 3,500
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

ヒロミ・キクオカ & 重廣誠 ブラジリアンナイト

2016.08.30(火)

21世紀のアストラッド・ジルベルト、ブラジリアンフレイバー溢れる心地よいリズムとソフィスティケイテットされた歌声とちょっとポップでアンニュイ。
そして6弦ベースを自在に操る重廣誠とカップリング、寛ぎの空間、Jazz工房Nishimuraにブラジリアンサウンドが響き渡ります。

【ヒロミ・キクオカ】
福岡県出身。10歳よりクラシックバレエ、生田流琴を習う。
15歳より声楽を学び、主にイタリア歌曲を歌う。
音楽大学卒業後上京。ボーカリストとして活動するかたわらスチールモデルとしても活躍。同時にブラジルの音楽・ボサノヴァに深く傾倒しブラジルに渡り習得。現地の音楽家とのセッションも経験する。2002年、ソニージャパンインターナショナルよりメジャーデビュー

アルバム
2002.07.24 - Linda Flor
2003.05.21 - Que Bom!
2007.07.18 - イマージュ サウダージ -ボッサ・ブリーズ
2009.06.24 - 鷹の台Bossa ~オーガニック~
2012.08.22 - カフェ・ダ・プライア~海辺のCafe
2014.04.23 - 癒しのボッサ~Sweet Bossa Cafe~

【重廣誠】
越路吹雪 専属Bass鈴木淳氏、JazzBassist 中山英二氏、東京交響楽団 常任チェロ奏者 鷹栖光昭氏、津軽三味線 山本竹勇氏に師事。
日本全国を始め、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ソウル、シアトルでのソロツアーを成功させる他、伴奏者としてもフランスなどで活動中。
ソロスタイルの研究〜和楽器を始め多くのジャンルと積極的にコラボレーション〜ソロスタイルの研究を繰り返し、自己の音楽を深めている。
作曲・・・沖縄伊藤園TVCM曲、沖縄都ホテル CM曲、オリオンビールイベントテーマ曲を始め多くのCM曲を手がける。
注目曲・・・無伴奏チェロ組曲、津軽じょんから、平家、Moonlight Sea、Love、百花繚乱、枯葉 他

’13年以降CD「Water Fall」「未来へ」を皮切りに続々と世界発売される。
’16年2月オリジナルCD31作目を発売。
インターネットダウンロード’15年6月現在 累計100万ダウンロード達成。
絶好調にツイてる音楽家。

20160830_菊丘ひろみ_600850.jpg◆ ヒロミ・キクオカ(Vo/Gt) 重廣誠(6弦BG)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ 前売 3,500 当日 4,000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923


LinkIcon