以下の内容は2006年2月現在のものです。


カシオ(CASIO) WVA-400DJ

発売2003年3月
購入2005年7月
電源タフソーラー
対応局40/60kHz自動切換+アメリカ局
受信1日5回(0時00分〜4時00分・1時間毎)
表示アナログ3針:時分秒
ドットマトリクス:月日曜・その他
ライトオレンジ色LEDライト(両側・残照付き・フルオート)
アラーム通常アラーム3本
ターゲットアラーム・スヌーズアラーム・時報
サイズ幅42×高さ55×厚さ14mm
その他12/24H切換・ワールドタイム・e-DATA MEMORY
タイムスタンプ・ストップウォッチ
WVA-400DJ-1A2JF
本体


アナログ3針+液晶ドットマトリクス表示の腕時計です。
日本の2局に加え、アメリカの標準電波も受信できます。

型番が WVA-4 で始まるものは、WVA-40x/41x(以後「400系」)と WVA-42x〜45x(以後「420系」)系列に分かれています。
同系列内では、デザイン・バンド材質等が異なるのみで、機能はすべて同じです。

400系の方が420系より多機能ですが、420系には曜日漢字表示機能があります。
400系にしかない機能は、ターゲット/スヌーズアラーム・e-DATA MEMORY・タイムスタンプ・フルオートライト です。

ターゲットアラームは、設定したアラーム時刻までの残り時間をカウントダウン表示できます。
要するにタイマー機能と同じようなものです。

ワールドタイムは、世界30都市の時刻を液晶部に表示できます。
e-DATA MEMORY は、最大40件までの英数字データをメモリーできます。
タイムスタンプは、ボタンを押した時点の日時を10件までメモリーできます。
ストップウォッチは、1/100秒単位の60分計です。

衝撃等でアナログ針の位置がずれたときのために、針位置を修正するモードがあるのですが、これで故意に位置をずらすことにより、アナログ部のみタイムシフト機能のように使うこともできます。

ライトが全面点灯で見やすそうと思ったのも400系にした理由ですが(420系のライトは液晶部のみ)、実際使ってみると点灯時間が短すぎて時刻を確認しづらかったです。
(最近の機種は点灯時間を長めに変更できるのですが、これはできません。)

時刻/カレンダーモード以外で何か操作した後にモードボタンを押しても、時刻モードに戻らず少し不便です。
GW-5600BCJ でも同様でしたので、最近のはすべてこうなっているようです。

モジュール番号は「2730」です。カシオサイトからこの番号で説明書PDFがダウンロードできます。

この時計を楽天市場で探す



時計一覧に戻る
トップページへ