以下の内容は2006年12月現在のものです。


カシオ(CASIO) DQD-50J/DQD-50Q

発売2002年末〜2003年始頃
購入2003年3月
電源単3×2
対応局40kHz専用(DQD-50J)/60kHz専用(DQD-50Q)
受信1日24回(毎時01分)
表示デジタル:月日/アラーム時刻・曜・時分秒
ライトオレンジ色LEDライト(右側・残照付き)
アラームブザー音(スヌーズ付き)
その他12/24H切換
本体

ライト点灯状態
ライト点灯


電波時計で実売価格¥1000以下のものといえば、DAILY(リズム時計)のジャストウェーブや、マルマンのDRA360S(ディンプル)が有名(?)ですが、このクラスにカシオも参入してきました。主にホームセンターで販売しているようです。
(ジャストウェーブの商品紹介:http://www.rhythm.co.jp/products/products.php?goods_cd=8RZ001DA04)
ジャストウェーブには曜日表示がありません。代わりにDQD-50とDRA360Sは日付とアラーム時刻の同時表示ができません。

特売チラシ40k/60kHz各局専用の機種があるのですが、たまたま同じ日に入ったチラシ(右画像、クリックで拡大)で、あるホームセンターで40kHz用が、また別のホームセンターで60kHz用が特売だったので、面白そうなので両方買っちゃいました(^^;。2つ並べてみると時刻は完全に同期してます(当たり前ですが…)。
ちなみに自宅は40k/60kHz局の間のちょうど真ん中あたりにあるのですが、60kHzの方が受信しやすいようです(セイコーのツイン・パの受信局表示も、ずっと60kHz局です)。

アラーム操作は、ON/OFFスイッチが前面にあるので操作しやすいのと、時刻セット時にボタンを押し続けると10分単位の早送りとなるのでセットがすばやくできます(この機能は、現時点ではカシオの機種にしかないようです)。ただし、セットボタンは小さくて少し押しにくいですが。

LEDライトは右側にしかないので、明るさに少しムラがあります。上の画像では暗めに見えますが、写真がうまく撮れないためで実物はもう少し明るめです。

「午後」の表示が小さくて読みづらいですが、午前の間は無表示なので、何も表示されてなければ午前、何か表示されていれば午後だと分かります。

この機種はカシオサイトの新製品情報には載ってませんでした。ストップウォッチ・タイマーとかマイナーなものでも載ってるのに、なぜ…?

この機種とほぼ同じ機能で、デザインが異なる DQD-60J/Q という機種もあります。これの方がアラームセットボタンが押しやすそうです。
出回りもよいようで、入手しやすくなっています。
さらに、横型タイプのデザインで、ほぼ同じ機能+受信局自動切換対応 になった DQD-70J もあります。
さらにさらに、まだ出回っていないようですが、DQD-70J とほぼ同じ機能+温度計付き になった DQD-80J もあります。



時計一覧に戻る
トップページへ