以下の内容は2003年10月現在のものです。


リズム時計(シチズン)(RHYTHM/CITIZEN)
パルデジットメモリL (8RZ012)


発売2003年
購入2003年5月
電源単2アルカリ×2
対応局40/60kHz自動切換
表示デジタル:時分秒・月日曜・アラーム時刻
秒/分インジケータ
ライトオレンジ色LEDバックライト
(左側上下・残照付き・センサーによる自動点灯)
アラームブザー音(スヌーズ付き)
その他12/24H切換
丸形液晶パネル
前面ダイヤルによるアラーム設定
8RZ012-003
本体

ライト点灯状態
ライト点灯


デジタル表示の目覚まし時計ですが、いくつか新しい要素があります。白とシルバーメタリックの2色があります。

インジケータは、丸形液晶パネルの周りにある60個のセグメントが、1秒ごと、または1分ごとに一つずつ点灯していき、秒針/分針のようなアナログチックな表示になっています。(常に消灯にすることも可能)

アラーム時刻設定は、前面の液晶パネルの周りにあるダイヤルですばやく行えます。左側面にある目覚まし合わせボタンを押し続けると、「時」の部分が点滅するので、ダイヤルを回して設定、もう一度ボタンを押して同様に「分」を設定、さらにもう一度押して完了です。

ライトは周囲が暗くなると自動点灯します(前面左下がセンサー部分)。ライトボタンを押して手動点灯するとさらに明るくなります。切換スイッチで手動点灯のみにすることも可能です。

電波目覚まし時計では、「アラームONの間は常時点灯」というのはありましたが、センサーで点灯するタイプは初めてです(注:この機種が出た当時。現在はいくつかある)。自分はアラームを使わない日もありますので、この仕様のほうが便利です。

メーカーサイトには「夜でもデジタル表示がハッキリ見えます」とありますが、自分は「ハッキリ見える」ほどの明るさではないと思います(手動点灯させれば十分な明るさです)。この辺はあまり明るくすると電池寿命が短くなり、ギリギリのところをとったのだとは思いますが…。



時計一覧に戻る
トップページへ