以下の内容は2007年10月現在のものです。


ジェントス(GENTOS) P-6078

発売2001年頃
購入2002年7月
電源太陽電池
桁数8桁
主な機能特になし
本体


財布に入れられるカード型電卓が欲しくて買いました。同様のカード型電卓はカシオ・シャープ・キヤノンからも発売されているのですが、あまり需要がないのか新機種がほとんど出ないため、未だに古い仕様(液晶表示が小さい、3桁区切り表示がない等)のものがほとんどです。この機種は表示も大きく、3桁区切り表示付きで、値段も安かった(¥480)のでこれに決めました。

財布へ入れてもかさばらないように、できるだけ薄い(2mm以下ぐらい)のが欲しかったのですが、これは実測で約3mmの厚さがあります。(説明書に仕様表がないので、正確な厚さは不明)
しかし他社のでも最薄で2.9mmなのであきらめました。現在の技術なら2mmぐらいのは作れると思うのですが、新機種がほとんど出ないためあまり期待できない…。

自分のコレクションの中で、唯一シンボルがフルスペルで表示されるものです(メモリー・エラー表示が、「M」「E」でなく、「MEMORY」「ERROR」と表示される)。フルスペル表示のはしつこい感じがしてあまり好きではないのですが、他に選択肢がないためこれもあきらめました。

(追記:2002年10月)
この機種選択は失敗だったかも。電源が太陽電池のみで、使おうとして光に当てたときに、CPU内のRAMにゴミが残っていて「0.」でなくでたらめな数値が表示されることがあるんですよね。それだけならクリアキーを押せば済むことなんですが、数値メモリーにもゴミが残っていてメモリーシンボルが表示されていたら、いちいち[MRC]キーを2回押してクリアする必要があり面倒。
[AC]キー一発ですべてクリアできるカシオ機にしたほうがよかったかも。財布の中へ入れているため、買い物時によく使うものなので、カシオなら a[−]b[%] で割引率計算もできて便利だし。

(追記:2007年10月)
「他社のでも最薄2.9mm」と書きましたが、レクソン LC55 が2.1mmでさらに薄いようです。しかしキー配列やメモリーがないのがイマイチ。
カシオ・シャープのカード電卓新機種は3桁区切りが付きました。



電卓一覧に戻る
トップページへ