理想の電卓

私の持つ理想の電卓はこのようなものです。これらの条件をすべて満たした電卓は、残念ながら見たことがありませんし、おそらくこの世には存在しないでしょう。
それでハードウェアとして商品化することはムリですが、Windows上のアプリケーションとして実現させる予定です。
(開発中バージョン 0.50 のダウンロードはこちら:idealcalc050.lzh
(本当はハードウェアとして実現しないと、あまり意味ないんですけどね…)

トップページへ



表示
液晶表示。シチズンのナチュフェイスか、7セグメントならシャープのものが一番見やすい。
3桁区切りは必須。下コンマは見づらいので上コンマ。
計算状態表示は必須。
エラー等のシンボルは1文字。([GT]はそのまま2文字)
桁数オーバー時の概数表示は、下位桁がゼロでも表示する。

キー
一発でメモリーもすべてクリアできるキー(シャープの[CA]キーの機能)は必須。
[→]キーは必須。
[00]キーは必須。[2]の下に持ってくる。[1]の下に[00]がある機種(カシオに多い)は使いにくい。
[MU]キーは必須。
[MC]キーが独立している。([MRC]は不可)
[+]キーは他のキーの2倍縦長。
消費税関係のキーは不要(すべて内税表示になったので。計算したいときも、 税込:[+]5[%]、税抜:[÷]5[MU] とすれば済む)。

パーセント計算
シャープ仕様にする。ただし、カシオのマークアップや「aはbの何%アップか」機能も捨てがたいので、それは[MU]キーで補う。

定数計算
定数モードにする必要がなく、加減算のリピートも便利なので、シャープ仕様にする。ただし、掛け算だけ前の数字が定数となるのはややこしいので、すべて後定数にする。

電源
現在主流の、太陽電池+LR54(等)のツインパワーで問題なし。



電卓一覧に戻る
トップページへ