以下の内容は2004年11月現在のものです。


アデッソ(ADESSO) 889A

発売不明
購入2003年
電源LR54×1
桁数8桁
主な機能2行表示,通貨換算
本体


コンパクトサイズの通貨換算機能付き電卓です。
知り合いが海外旅行で使ったものをもらいました。

換算を行うには、まず[RATE]キーで換算レートを設定しておきます。
右上の青またはオレンジ色のキーを押して換算モードにし、換算したい通貨を入力すると、もう一方の行に換算結果が表示されます。
換算結果の小数部桁数は、レート設定値によって、自動的に 小数部なし/小数第2位まで のいずれかが選択されるようです。

換算機能と電卓機能を組み合わせて使うこともでき、例えば「50米ドルの商品3個は、日本円でいくらか?」なら、右上の青いキーを押して 50[×]3[=] と入力すれば、上に米ドル「150.00」、下に日本円「15'450.」と表示されます。(1ドル=103円 として)
「30ドル+10,000円 で何ドルか?」のような通貨が異なる計算もできます。

通貨換算がメインで電卓はおまけという感じです。
3桁区切り表示がありますが、通貨換算モードでしか表示されませんし、換算は上記のように多機能ですが、電卓はメモリーや[%]キーもなく最小限の機能です。



電卓一覧に戻る
トップページへ