1983年オープン・「手仕上げオンリー」のスキーチューン専門店 
全てのアルペンスキーヤーに「最速・最高・最適」の”こだわり”を提供しますGrande



チューンアップ作業工程
■チューンアップとメンテナンスの違い
■Tuneの内容でこんなに違う料金、満足度
■サンディングTuneの場合・・   ¥5,000・・・70点=平気で外にSKIを曝す人向き
■ストーンフィニシュTuneの場合・・¥8,000・・80点=3級→2級下、イマイチ?向き
■手仕上げTuneの場合・・   ¥10,000・・95点=快適、上達を求めるスキーヤー
■ニュースキーの状態で滑る・・・  75点位=Ski性能、Tuneに無頓着なスキーヤー

1 滑走面のクリーニング
2 サンディングマシーンによる粗削りソール研磨
3 滑走面の傷リペアー
4 サンディングマシーンによるサイドエッジ研磨
5 サンディングマシーンによる仕上げソール研磨
6 ストーンマシーンによるベースマーク、フラット仕上げ
         
bb以上が機械仕上げTune ?による工程




ステッカー
  
サーモワックス料金■ V-Thermoの詳細
上をクリック 
7 サイドエッジのボーダー部分カット
  
8 サイドエッジの粗削り/面出し
  
9 滑走面のフラットチェック
  
10 ソール側のエッジのビベル。仕上げヤスリ研磨
  
11 サイドエッジの角度付け。仕上げヤスリ研磨
  
12 オイルストーンによるエッジ最終研磨
  
13 ストーンマシーンによる最終ベースマーク加工
  
14 ホットワクシング (V-ThermoWaxing オプション)
  
15 ワックスのスクレーピング&ブラッシング
  
16 トップ&テール部分のダリング/イン、アウトエッジ調


bb以上が 手作業 によるTUNE-UP
 15・16の工程はご自分で行うか、オプションとなります
よいショップ選びのポイント
JST加盟のチューンナッパーは確かな技術を提供します


 日本スキーチューンアップ協会 
             グランデは加盟店です
当協会メンバーは、A級大会出場または正指導員である事。かつ、サービスマン歴5年以上のチューン経験などの「入会資格」をクリアーしたメンバーのみで構成されました。全国チューン専門店のなかでも”プロフェショナル”集団を証明します。