FISM2006 スウェーデン ストックホルム大会  報告


ツァーのメンバーと会場前で


 前回のオランダ・ハーグ大会に続いて、名古屋のUGMのツァーで参加した。ツアーのメンバーは添乗員を含めて40名の大所帯だ。山本勇二社長夫妻、峯村健二、山上兄弟、北見伸、瞳ナナと魔女軍団、ヒロサカイ(クロースアップコンテストの審査員)柏マジッククラブ7名、八王子マジックグループ7名、羽村マジッククラブ3名といった顔ぶれであった。日本からはこのツァーのほか(社)奇術協会のツァー、潟eンヨー、小岩MC、マジックランドらの一行があり、個人参加も多く見られた。日本人だけの参加者で200名は軽く超えているだろう。全体として58カ国2800名と発表された。これはFISMの歴史においても最大規模である。期間中一度挨拶を交わしてそれきり会わなかった人も多くいる。会場が広く、参加者が多いとこうなる。
 ディーラーとしては日本のマーカテンドー、幸条スガヤ、UGM、マジックランド、クライスなどが出店、世界の国々から合計102のショップが立ち並ぶ。
 会場になったコンベンションホールはさしずめ日本の幕張メッセだ。UGMツァーが予約したホテルは会場の目と鼻の先にある、今年5月に開業したRIKA TALK HOTEL。会場との行き来が楽にできるので、会場内の混雑を避けて部屋で休憩も可能だ。


 コンテストの受賞演技の記録と、印象深い演技をいくつかピックアップして紹介したい。


 ステージ・コンテストは毎日朝9時から午後にかけて、ビクトリアホールという1900名収容可能な巨大なホールで行われ、毎日20名ずつ5日間にわたり、計101名が腕を競った。日本人のエントリーは10人であった。一方クロースアップマジック・コンテストは午後50名で3日間にわたった。日本からの挑戦者は2人であった。
それぞれのコンテスト最終日に、ファイナリストが発表された。

 <クロースアップ部門>

 <ステージ部門>

 そして、8月6日(土)ファイナルコンテストが行われ、グランプリと入賞者が発表された

 <ステージマジックコンテスト> 
グランプリは ピロウ(仏)Pilou

 <クロースアップコンテスト> 
グランプリは リック メリル(米)Rick Merrill
受賞するリック
受賞するリック

<クロースアップ部門ファイナリストの演技>
 
5人の演技は超絶した演技の連続で、何がどうなってこうなるのか、現実離れの現象に驚かされた。これほどのレベルの演技には、日本国内ではまずお目にかかれない。昨今カードばやりだが、まだまだ日本はクロースアップに関しては後進国だと思ってしまった。

<ステージ部門ファイナリストの演技>

<各部門別、入賞者>


<FISM2009は北京での開催が決定!>
 次回のFISMは3年後、2009年、北京での開催が決まった。大会期間中、スペイン・グラナダ、ウィーン、北京の3市が次回会場誘致に向けPR合戦を繰り広げたが、最終的に北京が理事の60%を上回る票を獲得した。日本からヨーロッパ会場からなかなか外に出ないFISMが15年ぶりにアジアに来る。


Report Contents