FISM2006 レポート

レセプションが行われたシティホール
レセプションが行われたシティホール
(ノーベル賞の晩餐会会場)

FISM2006 スウェーデン ストックホルム大会   依岡 真

2006.08.10 

2006731()から85()にかけてスウェーデン・ストックホルムで開催されたFISM 2006鑑賞ツアーに参加してきました。柏マジッククラブからは7名(渋谷剛一顧問、吉田登美子、内山典子、榎本恵子、戸崎卓也、依岡真 & 勝枝) の参加で、初参加の戸崎君以外は皆2回目のFISM参加となります。他のグループからも、顔なじみの方々が大勢参加されておられ、なんとなく同窓会に集まったような気分でした。

《コンテストの結果》

 ステージコンテストは約100名、クロースアップコンテストは約50名が参加して腕を競い合いました。 みんな自国で戦い抜いて来ただけあって、どの演技も洗練され魅力あるもので、審査員もさぞかし苦労したことと思います。 

 賞は7部門毎に1位から3位あり、その上の位置付けでグランプリ賞がステージ部門ではフランスのPilouに、クロースアップ部門ではRick Merrillに与えられました。(以下、各賞の詳細については、他の報告と重複すると思いますので省略させて頂きます。)

 賞全体を見渡すと、ドイツ、フランスの獲得数が抜きん出ており、次に米国、オランダと続きます。 残念ながら、日本からの入賞はありませんでした。

《印象に残ったこと》

 歳はとりたくないものです。記憶の揮発性が年々増していくようです。

連日朝から晩まで次から次とマジックを見ていると、余程強い印象でも与えられないかぎり、演技内容が思い出せなくなってしまいます。

そんな中で、衰えた脳に辛うじてこびり付いていた記憶をたよりに、今回感じたことをいくつか思いつくままに書いてみたいと思います。

以上


Report Contents