page 1page 2
home

CYAO's notebook : true stories March 24, 1989 ALASKA
エクソン・バルディーズ号座礁
 The Exxon Valdez Oil Spill
TV Movies & Mini Series in '90sdocu-drama Dead Ahead : The Exxon Valdez Disaster
originally aired: December 12, 1992
『クラッシュ・ザ・タンカー 流出危機』

■ アメリカ史上最大の原油汚染につながったタンカー座礁事故の経緯、事故後の対応の遅れなどを、徹底的な取材に基づいて再現したドラマ。いかに「人災」の要素が大きいか、ということを見せつけられる思いです。


事故後 Aftermath 『重油汚染・明日のために/「ナホトカ」は日本を変えられるか』より

  • バルディーズ号は3000万ドルで修理された後、船名をエクソン・メディタレイニアンと変えて中東航路に就航し、エクソン・シッピング社は社名をシー・リバー・マリタイムと変更した。
    Both the tanker and the shipping company changed names after the disaster. Exxon Valdez to Exxon Mediterranean, Exxon Shipping to Sea River Maritime.

  • (初年度の海岸清掃作業により発生した)廃棄物の大部分は、環境保護の面からアラスカ内で焼却・埋設できず、回収油など約5万7000トンはテキサス州まで移送され、オイルフェンス、木材、むしろ、動物の死骸、汚染海草などの固形廃棄物約8000トンはオレゴン州に輸送して埋設された。
    In 1989 clean-up efforts, waste disposal was also a big problem. In order to protect the environment, they moved about 57,000 tons of wasted oil to Texas, about 8,000 tons of debris (used booms, dead animals, seaweeds, etc.) to Oregon.

  • プリンス・ウィリアム湾のベニザケの漁獲高は、事故4年後の1993年に最低となった。これは、事故年に産卵と成長が阻害されたためで、1995年以降もその影響は続いている。(当初2001年まで行う計画だった生態系影響調査はとりあえず2006年まで延長された。
    Salmon fishery in Prince William Sound hit the lowest in 1993, four years after the oil spill. NOAA (National Oceanic and Atmospheric Administration, U.S.Department of Commerce) decided to continue their ecosystem research in Prince William Sound until 2006 (originally planned to end in 2001).

  • Rick Steiner [DAVID MORSE]
    local fisherman and marine biologist
    "I know it's only a drop in the ocean compared to the enormity of the problem. But at least, if we lose everything else in the (Prince William) Sound, the hatcheries can restart the fishing for future generation."

    ■ もはや原油流出の被害を免れ得なくなった時点で、地元の漁師であり海洋生物学者でもあるリック(デビッド・モース)は、せめて将来のためにサケの孵化場を守ることに全力を注ぐべきだと訴える。たとえ、その努力が "大海の一滴" にすぎないとしても。


    back to extra page

    back to top of this pageback to page 1