基礎代謝を上げるダイエットとは?

基礎代謝を上げることで日々消費するエネルギーをアップ。ダイエットのポイントの一つが基礎代謝量を上げることなのです。

タイトル 食事誘導性熱代謝量って何?

生活活動代謝量、基礎代謝量、
食事誘導性熱代謝量の3つが1日に消費される
エネルギーになります。

ダイエットに効果的な方法として、
基礎代謝量は全体の70%を占めるので
それを高める事が良いのですが、
同時に他の代謝も高めればダイエットを
もっと効果的に行う事ができますよね。

では「食事誘導性熱代謝量」を
上げる方法を考えてみましょう。

ご飯を食べる事で、
食事誘導性熱代謝量とは消費される
エネルギーなのですが、代謝量を食物の
とりかたによって上げる事ができます。

食べ物は食事をすれば消化され、
エネルギーとして消費されていきます。

食物の中の栄養素の種類によって
この消費量は違ってきます。

糖質5%、脂質4%、炭水化物10%、
タンパク質は30%、がエネルギーとして消費されます。

比べてみると、一番タンパク質が多いですよね。

タンパク質を多くとった方が
消費エネルギーを考えるなら
一番効果的というわけです。

そして消費エネルギーが多いだけではなく、
タンパク質はその持続時間も伸びてくるのです。

まさにこの栄養素はダイエットに
適したものであると言えますね。

チーズ、大豆、大豆製品、卵、お肉や魚が、
特にタンパク質を多く含んでいる食材です。

お肉はしっかりと噛まなければならないものが
効果的ですので、ひき肉など噛まずに
食べられるお肉を使った料理は控えめに。

交感神経を刺激し、エネルギー消費を上げる為に、
噛むという行為はとても大切です。

また、満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きをする
「ヒスタミン」というホルモンを多く分泌するので、
自然と食べる量も減るというわけです。

噛む回数を増やすために、
野菜など大きめに食材を切るなどして、
早食いをさけるよう心がましょう。

>> ダイエット器具

タイトル 基礎代謝を上げるダイエット:ページ一覧

メニュー

カテゴリ

リンク

インフォメーション