基礎代謝を上げるダイエットとは?

基礎代謝を上げることで日々消費するエネルギーをアップ。ダイエットのポイントの一つが基礎代謝量を上げることなのです。

タイトル 褐色脂肪細胞について

寒さを感じると、体温を上げるのに人間の体は
溜めていたエネルギーを燃やします。

その時燃やしたエネルギーは基礎代謝なのです。

基礎代謝が低い人は、体温を上げられず冷え性あると言えますね。

褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類が私たちの体にはあります。

・褐色脂肪細胞・・・エネルギーを燃やす細胞。
・白色脂肪細胞・・・中性脂肪として余分な体の中のカロリーを蓄積する働きをする。

褐色脂肪細胞へ白色脂肪細胞に蓄えられている
エネルギーが、寒いと感じると渡り、
熱を生み出すのにそれを燃やすのです。

肩甲骨と首付近に褐色脂肪細胞は集中しています。

熱がここから生み出され、
温かい血液を全身に送ることで体が温まるのです。

エネルギーは褐色脂肪細胞の働きが悪いと、
うまく燃やすことができません。

と言うことは基礎代謝は、この細胞を
活性化することにより、アップさせることができるのです。

「どうしたら褐色脂肪細胞を活性化させるには良いの?」

褐色脂肪細胞は寒さを敏感に感じると働き、
それは活性化につながります。

冷点という寒さを感じる部分が人間の体にはあり、
その冷点を刺激することで
褐色脂肪細胞に働きかける事が出来ます。

特に手のひらは冷点が多く、
刺激するのにとても良いです。

冷点が多いだけでなく、
脳への刺激にも手のひらは効果的な場所です。

脳には寒い!冷たい!と言った情報も
大量に送られるので、
褐色脂肪細胞の活性化がより効果的に行えるのです。

最も手のひらへの刺激が褐色脂肪細胞の
活性化になるんですね。

タイトル 基礎代謝を上げるダイエット:ページ一覧

メニュー

カテゴリ

リンク

インフォメーション