「らっこ・あざらし・くじら  2020年

    USA西海岸海獣ツアー      

   サンフランシスコとモントレ−の旅   

2020年1月 上旬予定 成田・羽田空港出発又は関空出発
 8日間  

料金

成田発 ¥未定−(税込)千歳発は、札幌東京間のティケット有ます。
旅行取扱    :タキエンタープライズ        ガイド:クリフカヤックス
宿泊クラス :アメリカンスタイル モーテル (サンフランシスコ1、モントレー5
食事 :朝食6回/昼食2回/夕食0回
催行人員  :5名以上催行  14まで
添乗員 :成田からクリフカヤックスのスタッフがきます。
   現地では日本人通訳・ガイドが全行程付きます。

 予約締め切り 2019年11月10日まで

「らっこ・あざらし・くじら旅」 

2020年の行程表。1月?日出発 

ユナイテッド機か全日空機に成ります。(予定は全日空で見ています)

集合場所・時間は、後でお知らせいたします。

下記の日付は1月6日出発と仮定した物で6〜8日の出発で考えて居ります。

1月6日

13:30

      成田空港 集合

17:00

  全日空(ANA)機 008便でサンフランシスコへ
 ・・・・・日付変更線・・・・・

09:10

 サンフランシスコ着
11:30  ピア39で昼食(各自払い)
13:30  ゴールデンゲートを渡りソウサリートの反対側、マリンマーマルセンターへ
 (ボランティアガイドの説明バックヤード見学)  (入場料各自払い)
16:00  モーテルへチェックイン
18:00  夕食 (各自払い)

San Francisco泊

1月7日

08:00

 朝食(クリフカヤックスが用意します。) 

09:00

 南1号線を使いMontereyへ向かいます。
2日目 12:00  海岸で軽食(クリフが用意します。)
13:00  サンタクルーズ・アノニュエーボで北ゾウアザラシの見学・ ボランティアガイ      
 ドのガイドを聞きます。(繁殖期にあたりブルのファイトが見られる。)
 (入場料各自払い)
16:00  Montereyのモーテル着
18:00  キャナリーロウで夕食(各自払い)

Monterey泊

1月8日

08:00

朝食(クリフカヤックスが用意します。)

10:00

Monterey水族館見学  (入場料各自払い)
3日目 昼食(各自払い)
  13:00 Monterey水族館バックヤード見学

15:00

Monterey水族館 退館

15:00

〜1900フリータイム  夕食(各自払い)
19:30 モーテルへ戻る

Monterey泊

1月9日 08:00 朝食(クリフカヤックスが用意します。)
11:00 Monterey Bay Kayaksへ
4日目 12:00 海岸で軽食(クリフカヤックスが用意します)
13:00 Monterey湾 カヤックツーリング
ラッコ・アザラシ・カルフォルニアシーライオンが見られます。

17:00

終了

18:00〜

〜20:00 フリータイム  夕食(各自払い)

Monterey泊

1月10日 08:00 朝食(クリフカヤックスが用意します。)
09:30 モスランディングへ車で移動
5日目 10:30 エルクホーンスルー カヤックツーリング モントレー・ベイ・カヤックスのスタッフが付きます。 ラッコ・アザラシが間近で観られます。
12:00 昼食(クリフカヤックスが用意します。)
15:00 カヤックツーリング終了
16:00 車でMontereyへ移動

18:00〜

〜20:00 フリータイム  夕食(各自払い)

Monterey泊

1月11日 08:00 朝食(クリフカヤックスが用意します。)
09:30 クジラウォッチング・カヤックツアー モントレー・ベイ・カヤックスのスタッフが付きます。
6日目 (ボートでウォッチングする方は、ボート代、昼食料は、各自負担になります。)   
12:00 昼食(クリフカヤックスが用意します)
15:00 カヤックツーリング終了

17:00〜

〜20:00 フリータイム  夕食(各自払い)

Monterey泊

1月12日 06:30 起床
07:00 Monterey出発 朝食(クリフカヤックスが用意します。)
7日目 09:30 サンフランシスコ・インターナショナル空港に着
10:50 全日空(ANA)機 007便で成田へ
・・・・・・・・・・日付変更線・・・・・・・・
1月13日 15:05 成田空港着
17:00 成田空港で解散

先:えりも岬 クリフ カヤックス 柳田までTel 01466-3-1088

                  は FAX 01466-3-1023  mail cliffkay@sea.plala.or.jp

     

              

「らっこ・あざらし・くじら旅」 

Monterey Peninsula サンンフランシスコから海岸線を、南に200km下がった所にあるモントレ−半島は、歴史も古く、自然環境に恵まれた地区です。昔はアンチョビ(いわし)の缶詰工場で栄えた街でしたが、ある日突然、海流の変化か不漁続きで街は,さびれてしまいました。後に合衆国の市街地再生法で缶詰工場を、そのまま残し観光地として見事に成功しています。モントレ−水族館も缶詰工場の跡地ですし、キャナリ−ロウも工場跡地を利用したお洒落なレストランやお土産店が沢山見られます。モントレ−の隣町「パッシフィクグロ−ブ」は、カントリ−インが沢山あります。アンティ−クショップや美味しいレストランも沢山あります。実はこの地区、モントレ−に泊るのは「おのぼりさん」、パッシフィクグロ−ブはハイソサェティと色分けが在るみたいです。さらに17マイルロ−ドに車を走らせ、ついた所がカ−メルです。クリント・イ−ストウッドが市長を務め有名になった街ですが、道路には信号がなくフォ−ストップのシステムが守られています。そしてここはア-ティストが多く住みギャラリ−が沢山あります。普段見られない、アメリカの田舎町を堪能出来るでしょう。アメリカで最も住みやすい、居心地の良い街です。

Monterey Bay   モントレ−湾にはラッコ、アザラシ、アシカ、クジラ等の海洋動物が数も種類も多く生息しています。遊歩道のすぐそばの岩にアザラシが寝そべたり、ラッコもワ−フから見ることも出来ますし 又、左端のコ−ストガ−ドの桟橋では、千頭以上のアシカがテトラの上で休んでいます。ここのフィシャ−マンズワ−フは、シスコの観光客相手とは違い、地元の人も魚やエビ、カニを買いに来ます。珠に入荷する牡蠣は絶品です。店先に並ぶクライムチャウダ−も店ごとに工夫を凝らしハズレはありません。ここのピアからは、クジラウォッチングのボ−トも出ています。

ボ−ド&カヤックサ−フィンで有名なサンタクル−ズの近くにある、アニョニュエ−ボは、キタゾウアザラシの繁殖地です。カヤックを使わず、トレッキングで。

モントレ−の街から、約30分の所にあるエルクホ−ンスル−では、モントレ−ベイカヤックスのツア−でラッコ、アザラシが間近で見られます。

今回は、シ−カヤックとトレッキングで、これらの動物たちに出会いに行きます。何度も現地調査に行っているクリフカヤックスのスッタフと現地ガイドがご案内します。

ポイント1.モントレ−湾A

ラッコ、ハ−バ−シ−ル、カルフォルニアシ−ライオン、ペリカン等をシ−カヤックでウォッチングに行きます。 カヤックのビギナ−レッスンを含め約4時間程度。

ポイント2.モントレ−湾B

湾よりシ−カヤックを漕ぎだし、カルフォルニアグレイホェ−ルをウォッチングにいきます。エンジン音が出ない分、他の船より近寄れます。 自信のない方、ビギナ−の方は、ボ−トウォッチングもOKです。

ポイント3.モントレ−湾C

世界でも指折りのモントレ−水族館、フィシャ−マンズワ−フ、スタインベックの小 説にも出てくるキャナリ−ロウ等の見学。

ポイント4.アニョニュエ−ボ州立公園

キタゾウアザラシの繁殖地。11月から2月の繁殖期は、完全予約制で地元レンジャ−がすぐ側までグル−プをガイドします。ブル同士のファイトが間近で見られます。ここでは動物だけに目を奪われてはいけません。レンジャ−の生態、地質、民族学(インディアン)等、有能なガイドを堪能下さい。

ポイント5.エルクホ−ンスル−

モスランディングにある入り江。USA全土の海洋動物の研究者ハ−ベィ先生のオフィスの道路向かいにあったモントレイ・ベイ・カヤックスの倉庫がいつの間にかショップに成りまして、ここのツア−をやっています。モントレイ・ベイ・カヤックスのガイドで、ツア−をします。すごく、のんびり出来ます。アメリカの田舎、港町イイですよ。以上がメインですが、自由時間、悪天候の為消化出来ない場合のメニュ−は、次のとうりです。1.SFOマリンマ−マルセンタ−  今回は、ここに1日目に行きます。サンフランシスコの対岸ソ−サリ−トにある、傷ついた海洋動物を救助する為に民間で運営されています。イルカ、アザラシ等あらゆる動物がリハビリを受けています。 施設内は、 ボランティアガイドが案内します。2.巨大アウトドア・アウトレットショップ畑のど真ん中あり、とても1日では周り切れませんので、狙いを定めて。 3.カルフォルニアワインのワイナリィ−巡り4.17マイルロ−ドDr(タイガ−ウッズが優勝したペブルビ−チ・ゴルフ場の真ん中を)5.ポイントロボス州立公園(日本ともゆかりのある地)

    注意事項

※昼・夕食代金はツア−料金には含まれておりませんが、昼食場所の無いところではスタッフが 軽食を用意致します。※天候・気象状況によって日程の変更が考えられますが、出来るだけスケジュ−ルを消化するよう務めます。※悪天候により、スケジュ−ルを消化出来ない場合の返金は出来ません。

※アメリカ国内の飛行機以外の移動は、スタッフの運転による車移動です。

その他の交通機関は、各自払いになります。※宿泊施設は、男女別室のアメリカン・スタイルのモ−テルです。(2〜3名で1ルーム)ホテルタイプ、1ル−ム希望者は、別料金になります。※旅行保険、スポ−ツ保険、各種保険は、各自でお入り下さい。※空港使用税は航空券と組み合わせになりましたが、この分は各自負担になります。、※行程の優先順位は、一番混み合うアニョニュエ−ボです。希望日に予約が取れるのはマレですので、前後の行程が入れ替わる事をご承知下さい。※MBK(モントレイ−ベイカヤックス)のレンタルシュ−ズは、・・・なので自前のシュ−ズかサンダルを持て行った方がいいと思います。

旅行代金に含まれる物

1.成田−サンフランシスコ往復の航空券。
2.モントレ−からサンフランシスコの航空券。 又は、レンタカー代

3.アメリカ国内での宿泊料(6泊分)。

4.アメリカ国内での朝食。カヤックやトレッキング時の昼食。

5.現地ガイド・通訳者の人件費。

6.カヤッキング時のクリフカヤックスとモントレイベイカヤックスのガイド料金。

7.全行程に使う、カヤックのレンタル料金。

上記 以外の物事にかかる料金は、参加者の各自払いに成ります。

 

戻る