心得?!など
日頃のお稽古でよく感じる事です。


                              
お稽古を始めるとき、つまり書道教室の門をたたくときは、それぞれ様々な思いや、目標を立てて来られています。
多くの方は、「きれいな文字を書きたい」「自分で作品をつくってみたい」などといった、夢や希望に満ち溢れていることが多いと思います。
また、夢があるからこそ、習いたいという気持ちがわくのでしょう。しかし、その純粋な思いが、いつの間にか薄れることもあります。それは致しかたないことであると思います。
人生に浮き沈みはつき物です。そういった中で日常と全くかけ離れた書に、常に平常心で臨むことは、至難の業であると思うのです。この私も同じことが言えます。

しかし、私にとっては、お稽古が無かったら乗り切れなかった出来事がたくさんあります。
お稽古はそんな浮き沈みのあるときにこそ、唯一の慰みとなることが解ったのです。
落ち込んだときにこそ、書は十分な力を発揮してくれます。
それは、日常に追われ、平素忘れがちな謙虚な気持ちを思い起こさせてくれることです。
すると、自然と書に向き合おうと決めたときの、純粋な思いを思い出させてくれるのです。
そして(何でもいいのですが)文字を書くと、自分と冷静に向き合えます。

よく「忙しいから」とか「毎日書道ばかりに向き合っているわけではないから」ということを、おっしゃる方がおられます。
その方には是非、はじめに門を叩かれた時のことを思い出してほしいものです。
純粋に「きれいな文字が書きたい」それが全てだったのではないでしょうか。
そのための教室ではないのでしょうか。自分のペースでよいのです!
人と比べたり、よその教室の方の文字と比べて自分を卑下してみたり、、、
そんなことは果たしてはじめに来られたときの、自分の目標に必要だったことでしょうか。
今一度、自分の胸に手を当てて問いただしてみてほしいものです。

私自身、師匠の教室に作品を持っていく時、とてもドキドキして持って行きます。
今回の作品をどのように批評されるのか。楽しみでもあり、恐怖!!でもあります。
でも、一生懸命書いた書に対しては、私自身冷静にそして、素直に師匠の言葉が心に響きます。
適当!?に書いたときは(あまりそのようなことはありませんが・・・)、
素直に聞き入れることができない自分がいます。不思議なものです。

また、師匠の一言は、素晴らしいと思います。
それは、自分では気をつけたつもりが、そうではない事に気付かせてくれたり、その場で書いていないのに、筆の運び方を注意されたり、何でもお見通しです。
結構きつ〜〜〜い一言があったり・・・もします。
でも、どの言葉をとっても先生(師匠)の一言は的をついたものです。
〈私も、そういう一言になるよう努力しています・・・〉

私は指導者の立場であるといえばそうですが、皆様と同じ習う立場でもあります。
書道の「道」の意味と、「お稽古」を今一度良く考えてみたいと思います。
私はお稽古場とは、各自進む「道」の手助けの場ではないか?!と思っています。そして、自分との戦いの場所であると思うのですが、いかがでしょうか??

2008/9/18

戻る

京都肇風会 書道教室 肇風会 伏見区大手筋教室 京都市左京区鹿ヶ谷教室 滋賀県守山教室(平和堂守山店4F内) 初心者の方でも丁寧に指導いたします。習い事を始めてみたい !!もういちど筆を持ちたい !!手紙を綺麗に書きたい !!共に楽しく、充実したひと時を、過ごしませんか?!1 初心者の方 一から丁寧に指導致します。日常書・硬筆は、このコースに入ります 2 経験者の方 個々の目的に合わせて、指導致します。 T、競書の練習(段や級も取得できます) U、古典の臨書 V、作品指導(各種展覧会の指導含む)大手筋教室 毎週火曜日 10時〜20時まで 毎週土曜日 2時〜17時まで 鹿ヶ谷教室 毎週土曜日 10時〜12時まで 肇風会展 年に一度、日頃のお稽古の成果を発表します。指導者  藤林 聚香 (ふじばやし じゅこう)  和歌山県出身  書家 吉川蕉仙に師事京都橘女子大学(現 京都橘大学)文学部 国文学科卒業京都橘大学大学院 文学研究科 言語文化専攻 修士課程卒業書を理論から学ぶ。書における創作を研究する。論文「臨書と創作の関連性」を発表する。現在、吉川蕉仙研究室に研究生として在籍。 文字を書くということは、日常的なものですが、芸術の書は非日常的なものです。文字の不思議、形の不思議に出会えるという、非日常的な出会いが、芸術の書道であると思っています。漢字かな混じり文 創作 写経 臨書 行書 展覧会 京都市美術館 古典 書初め かな 硬筆 毛筆 競書 仮名 習字  草書 楷書 暁 日展 読売書法 毎日展 京都書芸院 読売書法 毎日展 京都書芸院 長興会 興朋会 洛遊社 成田山 村上三島 吉川焦仙 藤林聚香 日本書芸院 京都書作家 京都橘 二玄社 上がる下がる 京のわらべうた 良寛 王鐸 王羲之 王献之 鍾?顔真卿 唐人詩 文徴明 徽宗 鄭道昭 拓本 呉譲之 ?遂良 朱義章 王羲之 王維詩 杜甫詩 王寛詩 金文 木簡 呉昌碩 黄山谷 米? 空海 明劉基詩 ?遂良 静和 京都習字教室 硬筆 教室 筆 京都出身 ペン ペン習字 書道教室 左京区教室 伏見区 書道教室 守山市 書道教室 京阪 近鉄 宇治 三室戸 黄檗 木幡 向島 槙島 神明 六地蔵 御蔵山 東御蔵山 桃山 桃山南口 観月橋 淀 樟葉 八幡 橋本 御殿山 枚方 中書島 墨染 藤森 深草 伏見稲荷 稲荷 鳥羽街道 上鳥羽 下鳥羽 東福寺 七条 五条四条 三条 河原町 岡崎 聖護院 真如町 北白川 北山 今出川 丸太町 東大路 北区 中京区 上京区 山科区 東山区 南区 大津市 膳所 石山 草津 南草津 栗東 野洲 近江八幡 書道教室 錦林 修学院 高野 一乗寺 岩倉 別当町 代筆 お品書き メニュー 熨斗紙 看板 習字教室 メニュー代筆 のし紙 毛筆 書仙 書 落款 筆ペン お品書き代行 表札 師範資格 標識 ちらし ちらし書き 帳面 月刊 墨 みやこめっせ 日図デザイン